FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処女は自分で奪うもの その1























(四十五)


八月 二十三日 土曜日 午後九時二十分  吉竹 舞衣
   


「大切な友人のおま○こは、いかがでしたかぁ?
随分と熱心にご覧になっておられましたが、実は自分の性器と見比べていたとか……ククククッ……
まあ、仕方ありませんねぇ。
女のあそこは股をひらかないと見えませんから……
それに引き換え、男はいいですよぉ。
なにしろ股の間にぶら下がっているんですからねぇ……ははははっ」

「ばかばかしい……」

一体、この男の頭の中はどうなっているんだろう?
口から出てくる言葉は人を傷つける残酷なものばかり……

「副島さん、次はなにを致しましょうか?」

私は、ソファーの上でさっきと同じように体育座りをした。
ただ、もう隠したりしない。
両手でひざをギュッと抱え込むこともしないし、ひざ頭同士を閉じ合わせてもいない。

「ああ、そうでした。
つい可笑しくて、舞衣さんのことを忘れかけていましたよ。
えーっと。それでは両足をひらいてもらいましょうかぁ。
おま○こが、よーく見えるようにねぇ」

私は足の裏を滑らすようにして、股関節の限界まで両足をひらいた。
遮るものを失いむき出しになった私の性器を、副島が刺すように見ている。

あの人、私を辱めようとわざとこんなポーズを指示したんだ。
でも不思議……何の感情も湧いてこない。
恥ずかしいとか……哀しいとか……
もっと何かあると思ったんだけどな……

「これが舞衣さんのおま○こですか……
身体付きも有里さんより大人びていましたが、あそこも大人って感じですねぇ。
特に、クリトリスのあたりまでしっかりと恥ずかしい毛に包まれて、正に大人の風格です。
誰かさんのおま○このように、もやもやって感じでは幼女を犯しているようで、こっちもなんだか罪悪感が残りますからねぇ」

「舞衣のあそこを褒めて頂いて、ありがとうございます。
それでは、あそこの中も見てもらえますか?」

私は副島の話を遮ると、両手の指を使って大陰唇を左右に思いっきり引っ張った。
お風呂に入って洗うときも、自分で慰めるときも、デリケートな処だからこんな乱暴なことはしない。
それでも、これでやっと写真の有里に追い付くことができる。
私の性器も辱めてもらえる。

ねえ、有里も見て。舞衣のあそこ。
そして、傷つく言葉を私に投げ掛けてよ。
私のあそこって、卑猥で汚れているでしょ。
副島は大人びてって表現したけど、有里は気にしちゃだめだよ。
単純に、セックス好きな性器ってことだから……
これでまだ処女なんだから、笑っちゃうよね。
有里、待っててね。
舞衣も、早くヴァージンを奪ってもらうからね……

「あなたは、時々私の期待を超えるような行動に出ますねぇ。
まさか自分からおま○こをひらくとは思いませんでしたよ。
実は舞衣さんは、根っからの淫乱だとか……
うーん、その割には中はきれいですね。
……使いこまれていない。
色は薄いサーモンピンク。
ただ、膣の位置がちょっと上つきですねぇ。
体位は正常位の方が理想かもしれません。
因みに有里さんのおま○こは下つきでしたから……
この前なんか、バックで突いてあげたらいい声で鳴きましたよぉ」

「お願いします。有里をこれ以上辱めないで……
その代わり舞衣の性器をもっとご覧になって、もっともっとけなしてください」

私は腰を突き出して自分の性器を晒けだした。
もうこれ以上、有里を弄ぶ言葉なんて聞きたくない。
そのためにはどうしたら……どうすれば……

「副島さん。舞衣の性器には満足してもらえましたか?
……あのぉ、お願いがあるんです。
そろそろ、セックスしてもらえないでしょうか。
舞衣、あそこが疼いて仕方ないんです。
早くあそこに副島さんのモノを……それで処女を奪って……お願いします」

あーぁ、しゃべりながら鳥肌が立ってきた。
自分からこんな言葉で媚びるなんて……私じゃないみたい。

「舞衣さん、少しはしたないですよぉ。
こういう言葉は清純なあなたには似合いません。
それとも……舞衣さんはエッチに興味津々の淫乱娘とでも……」

一瞬戸惑い大きくうなづいた。
もう後には引き返せない。

「そうですかぁ。くくくくッ……
それならこうしましょう。
舞衣さんの相手は、コレに任せるとしましょう」

そう言うと副島は、向かい合わせのソファーから立ち上がりキャビネットの引き出しを開けた。

何が入っているの?
ソファーの上にはしたない格好で座らされている私には覗くことが出来ない。
でもものすごく嫌な予感がする。

「ありましたよぉ、舞衣さんの相手が……
はい、コレです」

「……?……これって……?!」



目次へ  第46話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。