FC2ブログ

放課後の教室でエッチな遊びを

  • カテゴリ:未分類
























【第2話】



心の葛藤だろうか。
失ってしまえば、それはそれで見えてくるものがあるかもしれない。
なのに、乙女なわたしは躊躇した。

にちゅ、にちゅ……ちゅにゅ、ちゅにゅ……

「ふぁ、はあぁっ……くぅ、感じるぅぅっっ……」

細長いボディを持て余したまま、中指が動いた。
第一関節まで沈めて端境の膜に爪先を掠めさせると、クルクルと円を描かせる。
軟質なゴムのような触感の膣壁を弄ってあげて、引っ掻くように刺激もして、愛おしかった空気を振り向かせ、『こっちだよぉ』って呼び寄せようと。

中途半端なオナニーだね。
やるせなくて、切ない思いだけを募らせる、そんな独りエッチだよね。

待機させた人差し指も薬指も、割れ目の隙間を滑るようにスルスルと往復している。
遅れて到着した親指が手付かずだった肉芽を目に留め、ボタンでも押すように潰した。クニクニと揺らせた。
小指だけが迷子のフリをして、溢れるエッチ汁に浸っては淫らな水音を響かせる。

「ひゃ、はあぁぁ……くぅ、ふうぅぅっっ」

ジンとした疼きが強い電気に変わる。
稲妻のように拡散して、わたしの神経を気持ち良くマヒさせてくれる。
背中がピクピクと震えて、オシ○コでも催したように腰をクネクネさせて、椅子に腰掛けたまま拡げていた太腿を、手首を挟んだまま絞め付けて、またガバッと開かせて……

たぶんこのままイッちゃうと思う。
オレンジ色に変化した陽だまりの特等席で、わたしは恥ずかしくてハシタナイ絶頂の快感を経験を……

あれぇ? 膣奥に潜り込んでいた愛おしい空気はどこ?

意識して、神経を集中させて、それなのに感じるのは普通のオナニー。
大胆ぶって、ちょっと弱気で繊細ないつもの指使いと、いつもの赤面しそうな後ろめたい刺激。

じゅにゅ、じゅにゅ……ぬちゅ、ぬちゃ……

「はあ、だめぇ、でもぉ……もっと、もっとぉっ……んく、はあぁぁっっ」

机の上で真横にした顔で、わたしは堂々とエッチな声を吐いた。
眉根を真ん中に寄せて、眉間に縦シワをこしらえて、薄目に覗く白い雲を頭の中に取り込んで……

中指だけで充分な狭い空間なのに、人差し指と薬指を呼んだ。
3本にさせた指の束で、処女膜すれすれラインの膣穴を引っ張って、それに拡張させる。
親指のお腹が、硬くなったお豆をグリグリとさせて、小指の先っちょが、触れてはいけないオシ○コの漏れる入り口を突いた。

「あくぅっ! も、もう……ンン、くぅっっ……」

満ちていた潮が引くように、一瞬全ての刺激が後退した。
そして……

「ひあぁぁっっ! イク、イク……いぃ、イッちゃうぅぅっっ! あはあぁぁっっ!!」

椅子が鳴った。
机も鳴った。
押し殺しても隠せない女の子の極みの声に、わたしは喉を鳴らした。

白い空間にキラキラとした星が飛んでいる。
手を伸ばせば掴めそうで、でもそんな余裕は全然なさそうで。

わたしは、復活した甘美な刺激の大波に呑み込まれていた。
『オナニー』という単語を今更になって意識して、気だるい電気を帯びた全身をギュッと縮ませていた。

やっちゃったって感じ。
どうしようって、机に載せた顔を心配そうに歪ませて……

耳鳴りのする鼓膜を、取り合えず澄ませた。
「はあ、はぁ」という過呼吸になりそうな息遣いをさせながら、右手をショーツの中から引き抜いて、股をピタッと閉じ合わせる。

シーンとしていた。
話し声ひとつ、物音ひとつも聞こえない。

「んふ……ふうぅぅ……」

勇気という感情を見付けだして、身体を起こしていた。
格好のつかない鼻息を吐きながら、首をゆっくりと回転させる。

「はあぁぁ……」

情けない溜息が洩れる。
たった1人だけ席に着いたわたしを残して、無人な教室の姿に勇気が安堵に置き換わっていた。

「みんな、帰っちゃったんだ……」

わたしの視線は、それが当然のように廊下側の席に向けられる。
もちろん、その人はいない。
何も置かれていない机の面が寂しそうに輝いて、じっとこちらを見返している気がして……

「わたしも、帰らないと……」

濡れて冷たくなった股間をそのままに立ち上がる。
今頃になって楚々とした少女を気取ると、スカートの乱れを整えた。
ノートと転がったシャープペンを通学カバンに押し込んで、それを下腹に密着させる。

振り返ったり、よそ見は禁止と胸に刻んで、わたしは教室を飛び出した。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。