FC2ブログ

その人を想うとアソコが……

  • カテゴリ:未分類
























【第1話】



いつからだろうだろう? 
胸の奥がドキドキするようになったのは?
息を小さく吐いてみても、息を大きく吸い込んでみても、やっぱり直らない。

わたしは窓辺の席に座ったまま、その原因を作る人を見つめた。
キラキラとした太陽の陽射しに照らされた特等席から、廊下側に面したちょっぴり暗めで肌寒そうな座席に、同情の想いも載せていつまでもずっと……

「それでね……あのね……」

だけど、その人は気付いてくれない。
全然気にもしてくれない。

大勢のクラスメイトに囲まれて、楽しそうにおしゃべりを続けている。
縦長な瞳を陽も当たらないのにキラキラと輝かせて、時折口元を手のひらで覆って、そうでない時は真っ白な前歯を微かに覗かせて、とにかく明るかった。
これ以上視線を合わせていたら、その眩しさに目眩まで覚えそうなくらいに。

「宿題、たくさん出ちゃったし……今のうちにしようかな……」

わたしは独り言を呟いていた。
もちろん誰も聞いてなんかいない。
聞き耳も立ててくれない。

「キャ♪ キャ♪」と、はしゃいでる声の合唱に耳を傾けながら、たどたどしい手付きでカバンに収めたノートと教科書を引っ張りだして、頭を俯かせる。
シャープペンを握って、そして……

椅子に腰掛けたまま、わたしは太腿を捩り合せていた。
その人の話す声が透き通った空気になって制服の胸元から忍び込むと、スルスルと降りてくる。
オヘソの窪みを覗いて、もっと下の部分へと。
ヒダスカートのウエスト部分をくぐって、背伸びして穿いたハイレグなショーツの中へと潜り込んできて……

ダメよ……ここは教室なの……
放課後で授業は終わってるけど、でもね、わたしの部屋でもベッドの上でもないのよ。

「んん……ふうぅっ……」

変な声が漏れていた。
決して聞かれては困る鼻声を吐いて、わたしは顔を少し持ち上げた。

宿題なんて、都合の良すぎる言い訳。
白いノートの上で遊んでいたシャープペンが、いつのまにか消えている。
握り締めていた右手と一緒に、逆さを向いてスカートの上から股間に宛がわれているけど、それはそれで構わないと思う。

だって、愛おしくて切ない空気は、大切な処の中にまで侵入しているもの。
ピタっと閉じているはずの割れ目のお肉を、透明な身体ですり抜けて、独りエッチの時にだけ覗かせるピンクのビラビラを、優しくタッチしてその奥にまで……

「くぅ、はあぁぁ……んん、ふうんんっっ」

どんどん漏れてしまう。
どんどん気持ちいい感情に支配されちゃう。

固くて薄っぺらい木製の背板から、背中が引き離されていた。
左腕を無地なままだったノートの上に置くと、肘を曲げて即席の枕をこしらえる。
突っ伏すように降りてきた横向きな顔を、手首の処で受け止めて、きっとわたしはお昼寝中。
窓ガラスに映る校庭をトロリとした目で眺めて、素通りするクラスメイトは、そんなわたしに興味など有りませんって感じで、素通りして。

「うぅ、ふんんっっ……やだぁ、そんなに急かさないでぇ……」

愛おしかった空気は切ない衣を纏って、処女の孔を冒険している。
膣っていう神秘的で、なのにとってもエッチな洞窟を這い這いしながら更に奥の方まで進んで……

わたしは、右手に握らせていたシャープペンを落とした。
密着させて擦り合せていた太腿を開いた。
そして、フリーにさせた手の指にヒダスカートを捲り上げさせると、Vの字形にされた内腿の突き辺りを目指させる。

もう、人の気配は感じないのに慎重に。
わたしは女の子だからと、恥じらいだけは意識させて。

シュル、シュル……

摘まむようにたくし上げたスカート生地が、モゾモゾとしてざわついた。
紺色の定間隔に並ぶヒダが盛り上がっては落ち込んで、別種の生き物を飼っているように蠢いている。

サワ、サワ、サワ……

程よい絞め付けのショーツのゴムを引っ張り、腕が挿し込まれていた。
汗ばませた手のひらがお股の中心を下り、淡い下草に触れる。

チュク、チュク……チュニュ……

「んんぅっ……やだぁ、こんなに……」

尚も降りていく。
先導する中指と人差し指と薬指を、熱くてヌルっとしたスリットの扉に当てて、わたしはこっそりと慌てた。
おいしい処だけ食い散らかしたような、都合のよい快感を覚えて、椅子に押し付けたヒップをキュッと引き締める。

愛おしい空気は、膣の行き止まりに到着していた。
それを包み込む粘膜の層が伝えて、それを今から追いかけようと、わたしは中指に命じる。
一番長くて頼りがいのあるその指に、恥ずかしい肉の狭間から膣口を探らせて、処女と大人の端境に存在する薄いカーテンの外側まで……

引き破ろうと思えば、今なら出来るかも。
傷つければ修復不可能なソレを自らの指で、消失させて……?

ダメよ……今日はまだ、その気分じゃないの。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。