FC2ブログ

エスカレーターの狭間で…… 第7話 オナニーの代わりに

























【第7話】



「じゃあさぁ、俺にも見せてよ。怜菜ちゃんのオナニー」

「えっ! あ、あの、ここでですか?」

俺は女を意識してまた耳元で囁いた。

残り5段まできて、怜菜ちゃんの身体がピンと伸びる。
思わず手にしたモップを取り落としそうになり、なんとか胸の中へと抱え込んでいる。

「おや、怜菜ちゃん。否定から入らないってことは、場合によってはおじさんにオナニーを見せてくれるってことかな?」

「い、いやです。そんなの絶対に見せられません」

俺の意地悪な挑発に、弾かれるように彼女は反発する。

「あははは、冗談だよ。さすがにここで指を使われたりしたら、お巡りさんが飛んでくるからね」

「だったらどうして?」

ほっぺたを膨らませた彼女は、前にも増して可愛らしかった。
俺はそんな姿を微笑ましく思い、同時に沸き立つ己の性欲に苦笑した。

「ズボンを引っ張り上げてみせてよ。怜菜ちゃんの恥ずかしい処に喰い込むくらいにね」

だから、彼女の問いには答えず口走っていた。
無意識? 本能? それとも、あの女に?

そして、俺たちの間に1分間の静寂が訪れて……

「わかりました。します……」

後ろ向きの彼女から、小さくても稟とした決意が俺の耳に届いていた。
もう少し手間取ると思ったのに、それはあまりにもあっさりしていた。

やっぱりこれも、頼まれたら断れない彼女の性格かな?
それとも他になにか? 彼女の身に? ……まさかね。

カラン……! 乾いた音がして、モップが寂しく転がった。

「うっ、ああぁっ……つ、辛い……」

しなやかな指がズボンのサイド。太ももの上のあたりをしっかりと摘んでいる。
少し余裕のある布地を指に絡ませて、腰骨を目指して引き上げていく。

俺は彼女の両肩が泣くのを見つめて、恥ずかしげにくねる背中に視線を落として、最後に複雑なしわの中に浮かぶ、丸い尻の輪郭を眺めていた。
同時に、足音を忍ばせて近付く人影に笑みを浮かべてやった。

お前さんの恨みを晴らしてやっているんだからな。少しは感謝しろよ。

「うぅっ、くっ、これで……いぃ、いいですか?」

下を俯いているのか、怜菜ちゃんの声はくぐもっていた。

「ああ、よ~く見えてるよ。ふたつに割れた尻肉がはっきりとね」

「いやぁ、そんな言い方……恥ずかしい」

ズボンを引き上げたまま、怜菜ちゃんは太ももをよじらせた。
そのせいで、ますます少女特有の張りのある肉が露にされる。

「どんな感じ? 股布がオマ○コに喰い込んでいるのは」

「うぅぅっ、は、恥ずかしい。それだけです」

公衆の面前で行われる恥辱のショータイム。
俺はその行為全てに酔い、我を忘れかけていた。

「それじゃあ、そのまま歩いて見せてよ。階段の端までね」

「あ、あぁ、そんなことをしたら……はい、歩きます」

怜菜ちゃんは悲愴な表情をしながらも、あっさりと承諾した。
よろよろと歩みを覚えた赤ん坊のように足を進める。

さすがに清掃員の姿勢を不自然に思ったのだろう。
上りのエスカレーターから何人かの利用者が、身を乗り出すようにして俺たちに視線を送っている。
いや、下りのエスカレーターからもだ。

「はあ、くぅぅっ。辛い……ズボンの生地が……うっく、擦れちゃう」

どこまでもバカ正直な娘さんだ。
なにも本気でやらなくても……

「よぉし、今度はこっちへ戻ってくるんだ。絶対に手を緩めたらいけないよ」

「くぅぅっ、は、はい」

怜菜ちゃんは回れ右をすると、俺に向かって歩き始めた。
相変わらず両サイドから作業ズボンを引き上げて、ノーパンの股間に生地を喰い込ませたまま一歩一歩近づいてくる。
歯を食い縛り、可愛い顔を汚すように眉間にしわを寄せ、襟元からはだける首筋まで肌を朱に染めている。

この光景見たことがある。
……そうだ。羞恥系のエロビデオなんかで、たまにしてみせる綱渡りに似ている。
両腕を拘束された女が、腰上に張られたロープを跨いだまま歩かされるっていう恥辱の行為だ。

怜菜ちゃんはそれを、大衆の面前で行っている。疑似綱渡りを……

「はあぁ、うぐぅっ、だめぇっ」

でもさすがに限界なのか、彼女の身体が大きく傾げた。
額から噴き出した大粒の汗が、清掃を終えた階段に水滴を降らせる。

遊びもここまでのようだな。
俺は彼女を抱きとめようと一歩踏み出した。
だがその瞬間、こっちへと近づく警備員の制服に身体が反応しなくなる。

まずい! たとえ5段ほどでも頭から倒れたら……?!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。