FC2ブログ

性教育 第6話

  • カテゴリ:性教育


  
                                          



【第6話】



「おい、未来!遠慮しないでおマ○コしっかり見せろ~!」
「そうだそうだ!拡げて中までちゃんと見せてくれないと勉強にならないからな~!」
「はっはっはっは~!そのとおりだ~!」

播磨たちの口から聞くに堪えない言葉が次々に飛び交った。
これにはさすがの石崎も堪りかねたのか彼らに厳重な注意を与えた。

「おい、おまえら、そういった卑猥な言葉はこの神聖な教室では使ってはいかん!今度使ったら停学処分にするからな!」
「うわっ!おっかねえや!あ、でも教室の外なら使っていいんですね?」
「へ理屈を言うな!」

石崎は播磨たちを叱った後、平静に戻り授業を再開した。
未来の恥部に指し棒を向けて女性器の説明を行った。

「ゴホン。この箇所を大陰唇という。女性器を包む一番外側にある肉ひだで、肛門近くまで覆っている。個人差はあるものの一般的に脂肪がついてふっくらしているのが特徴だ。男性器の陰のうに相当し、性交時にはクッションの役目を果たすんだ。それから大陰唇の内側にある2枚の襞を小陰唇といい、個人差はあるがビラビラしている女性の方がやや多い。弾力性と伸縮性に優れ、膣内に雑菌等が入らないようにするフタの役割も果たしている。 性的な興奮で充血し徐々に開く特徴を持っているんだ」

「すげ~うまく出来ているんだな~!先生、一度試してみてくれませんか?」
「俺も将来のためにぜひ見てみたいです~」

その時、彼らの発言を腹に据えかねた理美が怒りをあらわにした。

「あんたたちいい加減にしてよ!」

目を吊り上げて激怒している。

「性教育のモデルをするだけでも恥ずかしいのに、さらに未来を辱しめるような発言は慎んでください!」

これには播磨たちもたじろいでしまい口を閉ざした。

性教育は感情を表に出さず、クールに淡々と語るのがうまい話し方かも知れない。
そういった意味で石崎の語り口調は実に巧みなものだった。

「小陰唇の大きさや形は人によって様々で、セックスの回数とは全く関係がない。成長するに従って、色が濃くなっていき大陰唇から飛び出したようになる。そしてこの中央の穴が膣だ。セックスする時、ペニスを受け入れる場所がここだ」
「きゃぁ・・・」
「いやだぁ・・・」

石崎がそう述べた直後教室全体がざわついた。

「静粛に」
「・・・・・・」

静けさが戻り石崎の講義が続く。

「膣は子宮へと繋がっていて、長さ7cm~12cmの管で、普段は膣壁によりペッタンコの状態なんだ。 出産時には赤ちゃんの頭を通せるほど伸縮性を持つ部位でこれは驚異と言えるだろう。内部は湿った粘液と襞で覆われている。膣口付近は神経終末が集まり感じやすい他、膣壁上部にはGスポットと呼ばれる場所もある」

「Gスポットってすごく感じるらしいわ」
「やだぁ~あはは~」

性感帯の話題になると女子生徒からひそひそと囁く声が聞こえてきた。
女子生徒にとって性感帯は興味の的らしく、Gスポットの名称が飛び出した瞬間強い反応を示した。

「膣の入口附近を膣口という。セックスの時にペニスを迎え入れ、出産の時には産道となる膣の出入り口となる。 月経の時は、経血の出口に早変わりする。それから、膣の少し上に○道口があって、ここからおし○こが出る」

「先生」

眼鏡を掛けた真面目そうな感じの女子生徒が突然手を挙げた。

「なんだね?」
「後ろ過ぎて良く見えないので、もっと近づいていいですか?」
「見えないのか?」

別の生徒からも同様の声が聞こえた。

「はい、私も後なのでよく見えないんですけど」
「僕も見えないんです」
「俺も~」

1人の女子生徒の挙手を皮切りに、後方の生徒たちから次々に「うしろ過ぎて見えない」と不満の声を漏れ始めた。






 





この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




目次へ    第7話へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。