FC2ブログ

性教育 第5話

  • カテゴリ:性教育


  
                                          



【第5話】



生徒たちは息を潜めて成りゆきを見守っている。
未来の肌からショーツが離れた時、一瞬どよめきが起こった。
手で隠そうとはしているが、隠し切れず指の隙間から黒い翳りがチラチラと見え隠れしている。

「手はのけなさい」

残酷な言葉が未来を突き放す。
威圧に屈した未来は手をゆっくりとのけた。
生徒たちの目に未来の黒い翳りが飛び込んできた。
頬を染めてうつむいている未来に、石崎の冷徹な言葉が飛んだ。

「机に上がりなさい」
「・・・・・・」

未来はおずおずと机に近づいた。
半べそをかき今にも泣き出しそうになっている。
出来るだけ足を開かないように注意しながら、机に尻を着きゆっくりと卓上に登った。
生徒たちへは目を逸らし、身体も正面を向かず横向きのままだった。

またしても石崎の非情な言葉が飛んだ。

「横を向いたままじゃ授業にならないよ。身体を皆のいる方へ向けなさい」
「は・・・はい・・・」
「体育座りで座りなさい」
「はい・・・」

未来は石崎の指示どおり、尻を机に着け折りたたんだ足を両腕で抱え込んだ。
足をたたんでいるため、すべての生徒から恥ずかしい箇所を覗かれることはなかったが、斜めにいる生徒からは膝の隙間から白い下着が覗けて見えていた。
播磨とその仲間に至っては、わざわざ立ち上がって覗き込み、卑猥な言葉をつぶやいた。

未来に恥辱の命令がなされた。

「では今から女性器について説明をするので、愛川、足を開きなさい」
「・・・」

未来は膝を揃えたままなかなか体育座りを崩そうとしない。

「さあ、早くしなさい」

石崎の冷徹な催促が飛ぶ。
未来は顔を真っ赤に紅潮させ、ゆっくりと膝を開き始めた。
生徒たちは固唾を飲んで見守っている。

膝を約45度開いた頃、未来は膝の動きを止めてしまった。

「先生・・・もう・・・もう無理です・・・」
「何を言ってるんだ。しっかりと開きなさい!」

石崎は未来の中断を許さなかった。
未来は俯いたままゆっくりと膝を開いていった。

(あぁ・・・恥ずかしい・・・皆に見られてるのに・・・)

未来は激しい羞恥に襲われながら身を震わせた。
まもなく黒い繁みが衆目に浴びせられた。
少なめの繁みでは秘所を隠す効果は乏しく、くっきりと縦に割れた女の印が生徒たちの目に飛び込んだ。
生徒たちは唖然としている。
一部の男子生徒は食入るように見つめている。
数多の視線を浴びた未来は、恥ずかしさから身体の震えが止まらなかった。

石崎が指し棒を取り出し説明を開始した。
いよいよ性教育授業の幕が開いた。
指し棒が性器に近づけられた。

「一口に女性器と言っても大きくは外性器と内性器に分類させる。外性器は外から見える部分を言い、内性器は子宮のように外からは見えない部分を言う。今日は外性器について説明をしたいと思う。え~、愛川、もっと皆が見やすいように股間をもっと前に突き出しなさい」

M字開脚のポーズをとるだけでかなり恥ずかしいのに、さらに恥辱のポーズをとるよう要求された未来は愕然とした。

(そんな格好、とてもできないわ・・・)

ためらっていると今度は男子生徒から催促が飛んできた。







 





この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




目次へ    第6話へ