FC2ブログ

エスカレーターの狭間で…… 第3話  ノーパン・ノーブラでも頑張ります!

























【第3話】




「お待たせしました……」

10分後、怜菜ちゃんが姿を現した。
病人のように掠れた声で頭を下げると、俺の前にすっと移動した。

「あ、あぁ。脱いで……きました。透けていませんか?」

「えっ、う、うん。どうかな?」

水色の作業着が揺れている。
女の子らしい華奢な肩が震えて、女らしい張り出しを見せた腰も一緒になって震えて……
それをほくそ笑む俺の下半身は、ズボンの中で急速に硬化していく。

「う~ん。ちょっと見には分からないと思うけど……念のため屈んでもらえる? そこの空き缶入れを片付ける振りをしてたら、人目に付かないと思うし」

俺はエスカレーターの裏側に設置された自動販売機を指差した。
清掃をする作業員とドリンクを選んでいる客。
これなら、誰の目にも違和感なんて持たれないだろう。

「あ、えっ……? は、はい……わかりました」

彼女も納得したようだった。
小走りに自動販売機の元へ近寄ると、隣に置いてあるダストボックスの蓋を開ける。

「お願いします、おじさん。早く確認して」

つーんとした酸っぱい匂いが鼻をつく。
そんな空き缶が詰まった合成樹脂の箱を、水色の帽子が覗き込んでいた。いや、そのフリをしていた。

サイドの縁を両手で掴んで、背中を丸めながら腰を折り曲げた彼女。
その背後に立つ俺は、首を上から下へとゆっくりと移動させる。

肩甲骨の下あたりを横に走る黒い線は消滅していた。水色の生地には何も映っていない。
ブラジャーは、言われたとおりに外したみたいだった。

女性特有の頬ずりしたくなるヒップにも、逆三角形の黒いシルエットは浮かんでいない。
パンティもちゃんと脱いでいる。

要するに怜菜ちゃんは、ノーブラ、ノーパンってわけだ。
この薄手の作業着の下には、今は何も身に着けていない。

「あ、あぁぁ……大丈夫ですか? ……いやぁ、恥ずかしい」

身体の震えに連動するように、声も震えて泣いている。
それでも彼女は俺の答えを聞くまではと、腰を突き出したままじっと耐えている。

「うん、大丈夫だよ。背中にはなにも映っていない。でも……」

「で、でも……?」

「下の方はちょっとね。なんというかそのぉ~、怜菜ちゃんのお尻が割れ目のスジまで。ま、まあ、薄っすらとだけどね。よ~く観察しないと気が付かないレベルだから……たぶん……」

俺はわざと自信なさそうに答えた。
ついでに怜菜ちゃんには悪いが嘘もついた。

「た、たぶんって……? お尻が割れ目って……? ひっ、イヤァァァッ! 見ないでぇっ、おじさん、お願いだから見ないでっ」

案の定、彼女はバネのように身体を伸ばすと、背中を壁に貼り付けている。
右脇のポケットが大きく膨らんているのは、そこに脱ぎ立てのブラとパンティを収めているからに違いない。

「怜菜ちゃん、落ち着いて。見えるといったって、中心のラインがぼやけている程度だから。そう、お尻のお肉がほんのちょっと覗いているだけなんだよ。それに、いつまでもウォールフラワーごっこなんてしていられないだろう? ほら、あと20分で見回りの人が来ちゃうよ」

俺は腕時計に目を落としてみせる。
落としながら、首筋まで真っ赤にして羞恥に耐えている怜菜ちゃんを、さり気なく観察していた。

本当は尻なんか透けていない。もちろん割れ目もだ。
そう、全部おじさんの作り話さ。
でもこれで、もう少しの間愉しませてもらえそうだね。ふふふっ、怜菜ちゃん。

「ああ、いったいどうしたら? ううん、ダメ。やっぱり恥ずかしいよぉ」

恥を忍んで作業を続ける。
彼女にとって答えはそれしかないのはずなのに、さすがに最後の踏ん切りが付かないのだろう。
さっきから、ひとり首を振っては小さな溜息を連続的に吐き続けている。
それを不審そうに見下ろす、エスカレーターの利用者たち。

仕方ないなぁ、そろそろ恥辱のステージに上がってもらおうかな。

「おっ! いいことを思い付いた」

「おじさん……?」

俺はポンと握りこぶしで手のひらを叩いた。
我ながら白々しいと思ったが、やはり彼女は喰い付いてきた。
涙で真っ赤に腫れた瞳で、すがるように俺を見つめている。

「俺が、いや、おじさんが怜菜ちゃんの後ろに立っていてあげるよ。さっきみたいにガードしてね。その間に君は、残りの階段を掃除する。どうだい、これならお尻を覗かれることはないだろう? 安心して作業できると思うよ」

「あぁ、はい。ありがとうございます。それだったら……あの、我慢できます」

我慢? ああ、俺には尻を見られるってことか?
でもねぇ、怜菜ちゃん。それだけじゃないんだけどな。

「うん、そうかい。だったら早速始めようか?」

俺は怜菜ちゃんを先導するように踊り場に戻っていた。
モップで拭き掃除を始めた彼女の背後に、意味もなく立ちながら左右に移動していく。

「助かります、おじさん。これなら覗かれないで済みます」

「そう。それはよかったね。でもそれだったら、もう少し感謝して欲しいな。他の方法で……ね、怜菜ちゃん」

「他の方法……ですか?」

モップを片手に、怜菜ちゃんが上体だけをひねって振り返る。
その彼女に向かって、いやらしくほっぺたの右端を持ち上げて言ってあげた。

「うん、男であるおじさんが悦ぶ方法でね」