FC2ブログ

放課後の憂鬱   第11章 翻弄(3)


  
                                          



【第11章 (3)】



「そんな顔したってダメだよ。大丈夫だって。僕は藍ちゃんのこと大好きなんだ。酷いことなんかしないって。じゃ、手錠かけようね。」
「・・や、やめて・・お願い・・」

高科と、そんな話をしている間に、吉田とゆうこが藍に近づいて来た。ゆうこが藍の前に、吉田が後ろに立ち、藍は二人に挟まれていた。吉田は、藍に見えないように、手錠を隠し持っている・・。

「藍さぁ・・ちゃんとやってくれないと、いつまでたっても終わらないのよ! いいかげんにしてよ。」
ゆうこが言った。

「だ、だって・・」
藍が言いかけると、ゆうこが突然話題を変えた。

「ところで藍、さっき覗いてなかった?」
「・・・え、えっ? なにを・・」

藍はなんのことだかわからずに、戸惑っていた。

「しらばっくれないでよ。ちゃんと見えたんだから! 覗くなんて最低!」
「そ、そんな・・覗いてなんか・・」
「ほんと? じゃあ藍が何してたか、みんなに言ってもいい? せ・ん・ぱ・い、と・・」

藍は覗いていたことを見られていたばかりか、高科とのことまでゆうこが知っているようなので驚いた。そして慌てて答えてしまった。

「・・だ、だめ・・お願い、言わないで・・」
「じゃあ、黙っててあげるから、あたしの言う事聞きなさいよね。手をこうやって!」

ゆうこは自分で後ろ手に組んで見せた。
藍は仕方なく、ゆうこのするように後ろ手に組んだ。
すると、すかさず藍の後ろに立っていた吉田が藍に手錠を掛けてしまった。

カチャ
そんな金属音と同時に、藍の両手は自由を失った。

「あぁっ・・いやっ! はずして! はずしてよっ!!」

手錠の冷たい感触に、先程両手を吊り上げられて、すべてを晒された屈辱の記憶が蘇った。今度は両手を後ろで拘束され、やはり何一つ隠すことができないのだった。
藍は何とか手錠を外そうとしきりに両手を動かした。しかしカチャカチャと音を立てるだけで、なんの甲斐もなかった。

藍が必死に足掻いているうちに、藍を取り囲むようにして部員たちがゆっくりと迫ってきた。

藍はその雰囲気に怖くなって、
「な、なにするの?」
と言った。
が言い終わると同時に、高科に突き飛ばされた。

「きゃあ!」

藍は後ろに敷いてあったウレタンマットの上に倒れた。
すぐに立ち上がろうとしたが、手が使えなかった。その上、まるでトランポリンの上にいるかのように足を獲られ、思ったように立てなかった。

「あっ、あっ。」

藍がじたばたすればするほど、レオタードはますます捩れ、藍の股間に食い込んでいった。

「藍ちゃん、いいねぇ。もうすぐア○コが顔を出しそうだよ。」

吉田がねちっこく言うと、藍は慌てて股間を隠そうと手を動かしたが、無駄だった。





※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ    第11章(4)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。