FC2ブログ

闇色のセレナーデ 第26話  男は女を! 女は男を! 


























【第26話】




「そこをどけ! どくんだ!」

身体全体が燃えている。
自分が何者であるかも忘れかけている。

卓造は引き剥がすようにして、ズボンと下着を脱いだ。
下半身だけ裸になると、力任せに藤波を押し倒していた。

支えを失って倒れ込む千佳。
その彼女を抱きかかえると、喘ぐ声しか聞こえない唇を塞いだ。

「むうぅっっ! ふむ、はむぅっ……ぶはぁ……おじさん?」

「ちゅぶっ、ちゅばっ……しゃべらなくていい。俺に任せろ」

虚ろだった千佳の瞳に、微かにだが光が灯される。
その輝きを間近で見下ろした卓造は、唇の端を緩めた。
ウルッときて泣き出したくなるのを堪えると、そっと千佳を床に寝かせた。

「今、楽にしてやるからな。身体の力を抜くんだ」

「うん……おじさん。優しくしてね」

まるで初夜を共にするかのようである。
冷たくて固い副社長室の床なのに、二人の肌は心地よいクッションの効いたベッドを意識していた。

魂が抜けたように茫然とした藤波。
急な展開に息を飲む緒方。
これさえも想定済みかのように、腕組みで観賞するつもりの和也。
三者三様な男達の視線さえも、二人きりの高級ホテルの一室には届かない。

「はぁ、んはぁ……やだぁ、そんな格好……恥ずかしいよぉ」

千佳のヒザ裏に手を当てた卓造は、恥じらう少女の声をよそに大きく持ち上げていく。
赤ん坊がオシメを代えるかのように、両足を高々と掲げさせ太股を開くと、自分の腰をにじり寄せていく。

慎ましく閉じ合わさっていた花弁が、無残なほど赤く腫れ上がっている。
大陰唇の扉が無理やりにこじ開けられ、内臓の肌を見せ付けるように膣口が顔を覗かせている。

(こんなになるまで、良く頑張ったな千佳。偉いぞ)

逃げようと思えば逃げられたはず。
しかし藤波のことを思って、千佳は耐え続けたのだ。
いや、それだけではないはずだ。
こうして肌を合わせて、至福の表情を浮かべる千佳が見つめる先……それは?

「んぐぅっ……入れて、オチ○チン……千佳のオマ○コを、メチャクチャにして……はうぅっ!」

口づけの魔法が切れかかっている。
膣肌に磨り込まれた催淫剤が、再びその牙を剥いて襲い掛って来た。

「挿れてやるからな。千佳のオマ○コ、好きなだけ掻き回してやるからな」

「うれしい……早くぅ……はあぁっ、はやく……突っ込んでぇっ!」

卓造は腰を押し出した。
怒張させたペニスの先端を愛液に塗れた陰唇に挿し込み、ググッと貫いていく。
まるで男の肉棒が淫魔の薬を打ち溶かす解毒剤のように、膣奥深くにまで挿入させた。

ずりゅぅっ……ずにゅ、ずにゅ……ずちゅぅっ……

「ハヒィッ! ヒャァッ! 硬いぃっ……硬いのがぁ、こすれてぇ……はぁ、はあぁぁぁっっ!」

千佳が感極まった声を響かせる。
ひたすら求めていた刺激をようやく手に入れて、桜色に染めた肌がうねるように波打って応える。
尖ったアゴを突き上げて、細い喉を余すことなく晒して、汗粒の浮いた乳房をプルンプルンと弾ませた。

(離さない! なにがあっても、お前を離さないからな!)

腰を、がむしゃらに押した。
腰を、がむしゃらに引いた。
初めて女を抱いた初心すぎたあの頃のように、ぎこちなくてミットモナイ腰使いで懸命にペニスの抽送を続ける。

「ふぁぁ、ふうぅっっ……もっとぉ、もっとしてぇっ! オチ○チン、抜き挿ししてぇっ!」

キュートで縦長なオヘソが、盛んにひくついていた。
くびれたウエストがペニスのピストンに合わせて、左右にくねっている。
持ち上げられた両足が勝手に動き出し、卓造の腰を抱え込むようにツマ先どうしを絡みあわせている。

「ぐぅっ! そんなに絞め付けたりしたら……うぅっ」

「いいの、千佳は嬉しいのぉ……はあぁ、あなたのオチ○チンでぇ、快感してもらってるのぉ……だからぁ中でぇ、構わないからぁっ」

健気すぎる少女の訴えに、卓造の男が泣いた。
証を立てるようにしかめっ面の涙腺まで緩んで、それをゴマカシたくて突き入れたペニスを揺すった。
デリケートなのに、エッチに目覚めた膣肌を悦ばせようと、肉棒の肌をゴシゴシと擦りつけていく。

「すごい! こんなに気持ちいいの……はぁ、あぁぁ、初めてぇ……エッチなお肉がピクピクしてるぅっ!」

「千佳ぁ……出すぞ……精液、出してやるからな!」

声にして下腹が引き締まる。
たぎる想いを口にして、下腹部に血流が充填される。

卓造は腰のピストンを加速させた。
硬直した肉棒を更に剛棒に進化させて、膣ヒダに付着した淫魔の薬を掻き出していく。
心を通じ合わせた男のフェロモンに塗り替えていく。

「はあぁぁ……千佳ァッ!」

「来てぇっ! ふぁ、はぁっ……いっぱい、出してぇ……」

ドピュ、ドピュ……ドピュゥッ! ドク、ドク、ドク……

「やぁ、ひぁっ! 熱い、あついのがぁ……子宮にかかってぇ……千佳もぉ、あぁ、はぁぁ……クル、きちゃうぅぅっっ!!」

絡み付いた千佳の両足が、卓造の腰を痛いほど締め上げる。
でも、心地よかった。
子宮の扉を目掛けて射精したペニスを、蕩けそうな膣肌がキュッと絞り上げてくる。
もちろん、心地よい快感だった。

涙で腫らした瞳を薄く開けて千佳が笑い掛けて、卓造の胸がときめいた。
白い前歯が覗いて、お得意の舌先をチロってやってみせて、卓造は……千佳を……









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。