FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後の憂鬱   第11章 翻弄(1)


  
                                          



【第11章 (1)】




高科は、みんなから藍を隠すように抱いたまま、そっと机から降ろした。
柴田と伊藤が、素早く机を片付けていった。

高科が、まだ藍を抱いたまま囁いた。

「藍、早くレオタード着ろよ。・・そんな格好のままで出演したくないだろ?」

あまりの衝撃に、まだ藍はぼんやりとしていた。もはや「恥ずかしい」という意識は、通り越していた。まるで夢の中のような、おぼつかない気分だった。

高科が藍から離れる。藍は、ゆうこが差し出したレオタードを朦朧としたまま受け取ると、足に通そうとした。

藍はそれまで気付かなかったが、そのレオタードは子供用のように小さかった。太ももを通すにもきつ過ぎるほどだった。

(・・・な、なに、これ?・・小さすぎるよ・・・)

足の付け根の部分には、ゴムが通っているようだった。藍がいくら力を入れても、太ももがなかなか通らなかった。太ももの真ん中あたりがゴムに締められ、深い窪みを作っていた。
その締め付けられる痛みで、藍の意識がはっきりしてきた。

なかなか着ることが出来ずにまごまごしている藍に、高科がせかした。

「さ、藍ちゃん、早く着てよ。」
「・・・だ、だってこのレオタード、小さすぎる・・」

藍の言葉にさちが言った。

「あれ、サイズ間違った?ごめんねぇ~。でも今更変えらんないから、それ無理しても着てよ。」

(・・・ワザと小さいのを?・・)

藍の頭を、そんな疑問がかすめた。しかし今は、レオタードを着るのが先決だった。裸のままでいられなかった。
裸のまま・・・意識がはっきりしてくると、耐えられないほどの恥ずかしさに襲われた。
藍は急いで両脇からゴムを掴むと、思い切り引っ張ってムリに足を通した。

そして腰、胸とレオタードを上げようとして、驚いてしまった。
そのレオタードは肩の部分が藍の乳房の下側に、やっと届くくらいの大きさでしかなかった。ノースリーブの、まるで水着のような形だった。

藍は、半分まで着かけたレオタードを、もう一度よく見た。随分と変わった形のレオタードだった。
首の回りと両腕の付け根に当たる部分は、太く柔らかい、平たい紐でできていた。レオタードが小さい割には、首の回りも腕の付け根も、ゆったりとした大きさだった。身体の両脇に当たる部分は、他の部分と同じオレンジ色のストライプが、たてに入っていた。そのストライプは他の部分と材質が違うようで、少しも伸縮性がなかった。

それは、どう見ても子供用の・・小○校の低学年くらいの・・レオタードだった。
藍はなんとか手を通そうと、必死に肩の部分を引き上げた。すると両足の付け根を、ゴムが締め付けてきた。





※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ    第11章(2)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。