FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇色のセレナーデ 第24話  淫乱の証明


























【第24話】




「ま、待ってお兄ちゃん。藤波さんは関係ないの。わたしが……千佳が唆したの。こんな生活が嫌で、お兄ちゃんを罠に嵌めようとして。佐伯さんもよ。この人もわたしが誘って仲間にしたの。嫌がってたのに、無理やり……」

責任を痛感した千佳が、和也の前に進み出ていた。
卓造が止める間もなく、硬質な床の上で土下座をしてみせると、声を振り絞って哀願する。

「ふ~ん、千佳お得意の色仕掛けでかい?」

「はい、そうです。わたしが、藤波さんと佐伯さんに……おっぱいを触らせてあげて……その、アソコ……ううん、オマ○コも見せて誘惑したの」

「だったらさ、再現して見せてよ。女の象徴を使ってどんな風に誘惑したのかさ。ふふふっ」

「え! あぁ……はい、分かりました。お兄ちゃん……」

けれども千佳の必死の願いは、この男に届かない。
淫語まで交えたデタラメな証言が、少女を恥辱の淵へと誘い込んでいく。

「やめるんだ、千佳ちゃん」

「千佳さん、どうかお止めください」

仲間だった男二人の声も、今の千佳には雑音でしかなかった。
伊達メガネだった細身なフレームの眼鏡を外した少女は、すくっと立ち上がるとブラウスを脱いでいく。
半ばまでしか残されていないフロントのボタンを全て外すと、はだけた襟元から覗く乳房をそのままに、光沢のあるブラウスを肩から引き抜いた。

「こうやって、おっぱいを見せてから、お乳のお肉を下から持ち上げるようにして……」

細くてしなやかな指が、未熟な乳房の肉を歪めていく。
和也が正面に陣取り、その左右から卓造と藤波が目を伏せて突っ立っている前で、千佳が自らの手のひらで、バストを揉みしだいていく。

「何がどうなって……分からん……」

ブツブツ呟きながら、忘れられていた緒方も這い寄ってきた。
唯一仲間の匂いがする和也の横に並び立つと、触れそうで触れなかった少女の膨らみに両目を吸い寄せていく。

「どうぞ、副社長。遠慮なさらずに弄ってあげてください。アナタのお好きなようにね」

「で、では……そうさせてもらうよ」

緒方のグローブのような手のひらが、千佳の胸に貼り付いていた。
和也から特等席を譲り受けた男は、華奢な彼女の腕を払い除け、荒々しく乳房を揉んだ。
お椀を伏せたような乳肉を抉り取るように、太くて長い指が鷲掴みにする。

「うぐぅっ! 痛い! お願い……もっとやさしく……んんっ」

「ふふっ、痛いってなんのことかな? これはね、藤波と佐伯さんをたぶらかした再現をしているんだよ。だったら泣き顔じゃなくて、笑顔をみせないと」

「んはぁ、はぁ……はい……」

和也に指摘されて、千佳が笑った。
恨みを込めた緒方の指に乳房の肉を変形させながら、涙を溜めて頬の肉を緩めている。

「どうだ? ワシの指使いは中々のもんだろう。ほら、遠慮せずに声をあげろ。この淫売女が!」

「うぐ、くうぅっ! はい……緒方様の指、気持ちいいです。ひ、ひぎぃっ! 千佳のおっぱい……感じています」

千佳が心にもないセリフを言わされた。
柔らかくてデリケートな膨らみを、餅を捏ねるように嬲られながら、溜めていた涙を決壊させる。
痛みと屈辱の味がする光るモノが、無理に歪んだ頬肉に添って流れ落ちていく。

「副社長、おっぱいの方はお任せします。千切れない程度に弄んでやってください。それと次は下半身ですが……? そうですね、当事者の藤波に再現してもらいましょう。千佳のスカートを脱がせてもらえますか?」

和也は淡々とした口調でそう言うと、伸ばした指先を藤波に向けた。
自分の妹である千佳が、目の前で獣のような男に弄ばれても一向に動じる気配はない。

「わ、私が?! そんなこと出来るわけが……」

「何をしているんです? ここで誠意を見せられれば、妹さんも苦しまなくて済みますよ。それとも僕に、可愛い妹さんの葬儀に参列しろとでも?」

「ふぅ、藤波さん……千佳のことは、はうぅっ! 気にしなくていいから……は、早くぅ、スカートを!」

悪魔に魂を売った緒方や和也と違い、藤波は真っ当な人の心を保持していた。
その男の純粋なソレを、兄の和也が嘲るように脅迫する。
妹の千佳がその身を差し出して、心ならずも兄の言葉に同調してみせる。

「藤波さん、俺からも頼む。千佳ちゃんのスカートを」

そして、卓造が血を吐く思いで藤波の背中を押した。
風前の灯でしかない妹の命のために。

「あぁ……済まない……許してください……」

千佳の腰にしがみ付いた藤波が、うわ言のように謝罪の言葉を繰り返す。
震える指先が、スカートのウエストを緩めて下に引いた。
肌にフィットしたタイトスカートが、ゆっくりと慎重に足首を目指して脱がされていく。

「ほら、藤波。顔を上げてちゃんと見てやりなよ。千佳のオマ○コをね。クククッ……」

「くぅ、見てぇ……藤波さん、千佳のオマ○コを……んんっ、ご覧ください」

床を睨みつけたままの藤波を、和也が哀れむような声で誘った。
千佳が喉奥から甘い声を絞り出すと、自ら股を開いていく。
どんなに汚されても清らかなスリットを、そっと晒した。

「あ、はあぁ……きれいだ……千佳さんのアソコ、とってもきれいだ」

ヒザ立ちになった藤波が、千佳の性器を拝むように眺めている。
盛り上がった恥丘の下に拡がる、閉じ合わさった花弁を瞬きも忘れて覗きあげている。

「藤波、千佳のオマンコはそんなに綺麗かい? だったらさ、今度は中も見てみるといい。キミの指でね」

「指で、この中を……?」

茫然自失な藤波の目が上を向く。
手のひらどうしを組み合わせて、人差し指だけを突き立てている和也をじっと見つめた。
そして操られるように、藤波の両手も胸の前で組み合わされていく。

(こいつ、何をさせる気だ?)

和也の言動に嫌なモノを感じて、卓造の眉間にシワが寄る。
まるで忍術を使う忍者のようなポーズを取る藤波。
さっさと忍術ポーズを放棄し、腕を組み含み笑いをする和也。

一体、何が行われようというのか?
その淫靡な回答は、無防備なまま責められる千佳の目前にまで迫っていた。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。