FC2ブログ

ありさ ふんどし祈願  第1話



  
                                          



【第1話】



~亀仙村に伝わる伝統行事~
滝の前にある土俵で相撲を取り勝者が滝に入る。そして滝の向こう側にある祠の神体に子孫繁栄を祈願する。祈願する作法として、雄石を雌石に挿し込む。



ある晩秋の頃、亀仙村では大きな悩みを抱えていた。
村の高齢化が進み、数百年続いている伝統の祭が開催できるどうかの危機に陥っていた。
年々、村から若者達が減って行くし、わずかに残った若者も参加を渋った。
それもそのはず、厳寒期にふんどし姿で相撲をとらなければいけないし、しかも相撲に勝てば滝に入らなければならず、まるで『荒行』のような祭にそっぽを向いたのも仕方がなかった。

そこで大昔から続いた参加資格の「成人男子」から、ついに「成人男女」へと変更が行なわれた。


しかし大きな問題がひとつあった。
大昔からの風習で、参加者は「ふんどし姿」にならなければならなかったのだ。
男性は例年のことだから良いとして、果たして女性にふんどし姿を求められるのだろうか。
祭の実行委員会は賛否入り乱れ紛糾した。
しかし村長で委員会会長も兼ねる亀 仙太郎氏はついに決断をくだした。

「やはり風習だし、まさか女性だけ水着という訳にも行かないだろう。男女関係なくふんどし姿になってもらおう。」
ということになった。

だが、果たして女性が集まるのだろうか。
委員会の不安は募った。

そこで秋頃からこの行事を広くPRすることになった。

『亀仙村 女性行者募集中!ただしふんどし姿が条件。参加者には豪華景品あり♪』

女性参加者には「翌年の松茸狩り1日無料券」「キャンプ場3日間無料券」「茄子1年分」等が贈られると言うのも実にユニークなアイデアであった。
この噂はたちまち全国的に広がった。
そして予想とは反対に、信じられないほどの多くの応募者があった。

「面白そうだわ」
「『行』ってどんなことをするんだろう?ぜひやってみたいわ」
「別に全裸になる訳じゃないし、ふんどし姿って水着と同じようなものじゃん」

という声が聞かれた。

荒行をやってみたいと思っている女性は、ついに申し込みが100人を超えてしまった。

「うわあ、多すぎる。いくら何でも100人も必要ないのに・・・」

委員会では嬉しい悲鳴が飛び交った。
参加者は10人ほどで良いのだ。


そこで仕方なく簡単な面接試験が開かれ、女行者10人が決められた。

応募者の中には野々宮ありさ(21歳)もいた。
ふだんは雑誌モデルとして忙しい毎日を送っているが、元々好奇心旺盛なタイプということもあり、こういったイベントには心が動いた。

「にゃあ☆ふんどし姿?面白そうだにゃん☆Tバックとそんなに変わらないのでは?☆面白そう~☆マツタケ~♪マツタケ~☆茄子1年分~☆」

イベントの後に贈られる素朴な賞品にも大いに惹かれるものがあった。


祭の2週間前に事前説明会が行われた。
面接で選ばれた女性達はさすがに美女揃いである。
今時の女性は、別にふんどし姿くらいでは驚かないようで、緊張もそれほどないようだ。
事前説明会ではふんどしの締め方を、着衣の上から何度もレッスンした。

ふんどしと言っても色々と種類があるが、ありさの締めたものは“六尺ふんどし”といって、水泳や祭に使われる最もポピュラーなものであった。







野々宮ありさちゃん
 





この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




目次へ    第2話へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。