FC2ブログ

闇色のセレナーデ 第22話  営業ガールは、ノーブラ・ノーパンで


























【第22話】




「話の方は、広報部長の小嶋君から聞いているよ。まあ、掛けたまえ」

緒方は卓造と千佳に席を勧めると、向かい合う席にドッカと腰を下ろした。
外回りを主とする卓造も肌は浅黒いほうだが、恰幅のよいスーツ姿の緒方もまた、相当日焼けした顔をしている。
年令は50代半ばといったところか。
白髪交じりの髪が頭頂部へ後退する様は、いささか老いを感じさせるが、オイルを塗ったようにテカル顔肌はピンと張っており、40そこそこの卓造より若く見えなくもない。

「ハヤシバラ文具、営業3課係長、佐伯卓造さんだね。それで、こちらの美人なお嬢さんは?」

卓造が手渡した名刺を一瞥した緒方は、急に目尻を垂れさせると千佳に目を向けた。

「彼女は営業3課見習い社員で……」

「あ、あのぉ! 小宮山千尋って申します! お仕事の資料集めから、お茶汲み、肩叩き、足ツボマッサージ、街角でティッシュ配り、その他雑用全般、何でもしています。本日は天下の小嶋技研副社長、緒方様とお会いできて光栄です♪ 記念に、握手してもらえませんか?」

そして引き続き卓造が、千佳のことを紹介しようとした矢先だった。
弾かれるように立ち上がった彼女は、打ち合わせにもなかった自己紹介を機関銃のように言い放つと、右手を差し出していた。
いつのまにという具合に、上着の下から覗くブラウスのボタンを上から三つも外して、白い胸元を露出させている。

「ほお、小宮山千尋ちゃんって言うのかい。元気そうで溌剌としたいい子じゃないか」

「はあ……仕事はまだまだですが、この通り、やる気とガッツだけは一人前で……」

緒方はグローブのような手のひらで、千佳のほっそりとした指を包み込むと、好色そうに鼻の下を伸ばしている。
媚びるような笑みを作った千佳が腕を引かないのをいいことに、掴んでいた手のひらをジワジワと這い上がらせていた。
上着の上から、肘を通過させふっくらと脂肪の乗った二の腕あたりまで。

「うんうん、確かに。千尋ちゃんは若々しい腕をしている。でも、これから営業を覚えるんだったら、足腰も鍛えないとね。どうだい、オジサンがちょっと見てあげようか?」

「はい、よろしくお願いします。千尋の下半身を好きなだけご覧ください♪」

緒方のふざけた提案にも関わらずに、千佳を改め千尋に改名した少女は笑みを崩さずに応じた。
唖然とする卓造に向けて素早く目をウインクさせると、同時に上着のポケットも指差してみせる。

(どういうつもりだ? 胸ポケット?)

卓造は千佳からのサインに従い、上着越しに胸を押さえた。
手のひらに感じる、薄くて縦長の存在?!

(そうか! 分かったぞ)



「ほら、千尋ちゃん。恥ずかしがってないで、オジサンの近くへ来なさい。ああ、そうだ。上着は脱いでくれるかな。ついでに腹筋も調べてあげるからね」

「はぁ~い。上着を脱ぐんですね。わかりました、緒方様♪」

千佳はさっさとブラウスだけの上半身を晒すと、緒方の元へとすり寄っていく。
ついでにお腹の辺りまで外されたフロントボタンのせいで、歩くたびに乙女の膨らみがチラチラと覗いた。
薄いブラウスの生地からは、サクランボを連想させる硬い蕾も浮き上がっている。

「えっ! もしかして千尋ちゃん……ノーブラなの?」

それに気付いた緒方が、目尻の位置を更に下げた。
それを聞き付けた卓造が、スーツの内ポケットから取り出したスマホを取り落としそうになる。

「やだぁ、緒方様ったらエッチなんだから。でも、そうでぇ~す。千尋は下着を着けずに来ちゃいましたぁ……へへっ♪」

緒方の真ん前に到着した千佳は、はにかむように顔を伏せたままタイトスカートを持ち上げていく。
太股の半ばまで露出した処で、シャッターを下ろすみたいに、また引き下ろしていた。

「ということは……千尋ちゃんは、このスカートの下も穿いてないってこと? ノーパンなんだね、ふふふっ」

ダメ元のつもりだったセクハラまがいの冗談が、まさかこんなボーナス付きで現実になるとは!
緒方はここが職場であることを忘れた。
自分が従業員2千人を束ねる副社長であることも忘れかけていた。
テレビに登場するアイドル並みの美少女の痴態に、女癖の悪い男の本性を露わにさせかけていた。

(どういうことだ、千佳ちゃん? そんな格好で来てたなんて、俺は何も聞いていないぞ)

卓造はスマホを動画撮影モードに設定しながらも、千佳の行為に動揺が続いていた。
まずは緒方という男の、人となりを観察して、作戦はそれからでも遅くないと考えていたのだ。
それを条件に、営業ガールに扮した千佳を渋々帯同させたのだが、事態はあらぬ方向へと突き進んでいる。

「千尋ちゃん、ここまで挑発しておいて勿体ぶるものじゃないよ。ほら、オジサンがスカートを脱がせてあげる」

「そんなぁ、恥ずかしいです。ヤメテください」

緒方の腕が伸びてきて、千佳が初めて恥じらう素振りをみせる。
すっと腰を引くと、肘まで伸ばしきった指先が空を切った。

「なんだよ、急に?! どうして逃げたりするの? ほら、大人しくして、大人しくするんだ!」

「キャアァッ! 嫌ぁっ……乱暴はやめてください……許して……」

肝心の処でお預けをくらった緒方が、荒っぽい行動に打って出た。
ノーブラの胸を両手で隠した千佳が、恐怖に顔を引きつらせて一歩二歩と後ずさりをする。

スマホを構えていた卓造はそれを見て、思わず割って入ろうと身を屈めた。
だがその瞬間、襲われている筈の千佳がチラッとこちらに視線を送ったのだ、

(おいおい、ここまできてまだ撮影かよ)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。