FC2ブログ

闇色のセレナーデ 第21話  転機の始まりは、波乱の予感


























【第21話】




「あ、あのぅ……私、ハヤシバラ文具から参りました……さ、佐伯と申します。ふ、副社長の、あ、えーっと、緒方様はご在席でしょうか?」

「ハヤシバラ文具の佐伯様ですね。お待ちしておりました。只今係の者が参りますので、今しばらくお待ちくださいませ」

声が裏返り、挙動不審100パーセントの卓造だったが、大手企業の受付嬢ともなると平然としたものである。
厚塗りメイクの営業スマイルが乱れることはない。
慣れた手付きで受話器を持ち上げると、手際良く要件を伝えた。

「どうぞこちらにお掛けになって、お待ちいただけますでしょうか?」

棒立ちの卓造を見兼ねたのか、内線を掛け終えた受付嬢が手近なソファーを勧めた。
そして卓造は、壊れかけのロボットのように手足を揃えて歩き始めたのだが、その先のソファーには先客の少女がひとり腰を掛けている。
いつものダークネイビーなセーラー服から、黒色のレディーススーツに着替えた千佳が、小さく手を上げて合図を送っているのだ。
その愛らしい顔には、やり手の女秘書を意識したのか、細身のフレームをしたメガネが掛けられている。

「はい、おじさん。ハンカチ」

「サンキュー、千佳ちゃん」

ソファーに腰を下ろすなり、卓造は千佳から手渡されたハンカチで噴き出す汗を拭った。
それが女子学生から差し出されたモノだということも忘れて、顔から首筋を撫でまわしている。

「だいじょーぶ? おじさん、息が荒いよ」

「あ、ああ……ここが小嶋技研の本社だと思ったら、ちょっと立ち眩みがして……面目ない」

「はあぁ、情けないわね。男だったら、もっとシャキッとしなさいよ。そんなんじゃ、家族が1人増えただけでも養っていけないわよ」

「ん? 1人増えるって? 誰のこと……?」

「そ、そんなの知らないわよ。あっ、お迎えの人が来たみたいよ」

聞き返した卓造に、千佳は素っ気ない素振りをみせるとそっぽを向いた。
拳ひとつ分だけジャンプするようにして身体を離すと、タイミングよく近づいて来るガタイの良い男に目を凝らしている。

「ウソ?! どうして案内人が藤波さんなわけ?」

17才にして、人生を達観したように落ち着き払った千佳が、珍しく驚きの声を上げた。
常に驚きの毎日を送っている卓造は、千佳の目線を追い掛けて驚きの声さえ失っていた。

「お待たせして申し訳ございません。どうぞ、こちらへ」

けれども当の藤波は、卓造と千佳を初対面のように扱うと、さっさと歩き始めた。
サングラスとマスクを外し、美男子然とした素顔を晒したままで黙々と進んでいく。
後ろを振り返ろうともしない。
そして幾つかある棟を渡り歩き、すれ違う社員がほとんど消えた重役室が並ぶフロアーに辿り着くと足を止めた。

「藤波さん、これって兄の指示で?」

「はい。和樹様は副社長と佐伯様の面会を段取りなさいましたが、それを私に監視するようにと」

「それじゃ、あの男……いや、和樹君はまだ、俺のことを信用していないってことなんだな?」

藤波はレディーススーツを着込んだ千佳に困った顔をしてみせると、佐伯の問い掛けに頷いていた。
和也に、余計なことは話すなと言われているのだろう。

(なんてこった……千佳ちゃんをあんなに苦しめておきながら、それでもあの男は)

卓造の鼓膜には、凶器のようなバイブが千佳の股間を蝕む音が、今でもこびり付いて離れない。
それを見て聞いて、嘲るように笑う和也の姿も。

千佳は、息も絶え絶えになりながら屋敷に戻ってきたのだ。
それを成果に卓造は、同士と信じさせた和也にある願いを申し出たのである。

『明後日、小嶋技研副社長である緒方と面会したい』と。
名目は、文具卸売営業マンとしての販路拡大と、和也には説明している。

「ですが私の目には、純粋に文具営業で来られた佐伯様しか見えておりません。その隣に誰がいるかは全然……」

「それって、藤波さん? わたしのことを……」

しかし落ち込む卓造と千佳を救い上げたのは、藤波本人から飛び出した気の効いた言葉だった、
監視役の美男子は、聞き返した千佳を見ることもなく卓造だけを見つめて、再び無言で頷いていたのだ。
難病で入院している妹を、和也に人質同然で捉えられているにも関わらずにである。

「済まない、藤波さん」

卓造は最敬礼で頭を下げていた。
渋る卓造に勝手に付いて来た千佳だったが、その浅はかな行為を後悔しているのだろう。
メガネの奥に覗く瞳を潤ませながら、一緒になって頭を下げる。

「どうか、お気を付けて」

藤波に見送られた卓造は、目前に迫った小嶋技研副社長室を見つめると深呼吸を繰り返した。
隣からは、空気の存在になったはずの千佳からも、可愛らしい呼吸音が聞こえた。
そして、重厚な趣があるドアを軽くノックする。

「失礼します」

卓造は姿勢を正すとそのドアを開けた。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。