FC2ブログ

闇色のセレナーデ 第13話  性奴隷の身だしなみ


























【第13話】




「ねえ、おじさん? ちょっとねえってば……わたしの話聞いてる?」

「あ、ああ……うん、聞こえてる」

卓造は夢うつつな目をしたまま、千佳に相槌を打った。

「ふぅ~、ちょっと刺激が強すぎたかな。でもこのくらいして見せないと、あの男からおじさんを守れないし」

そんなダラシナイ中年男を相手に、千佳は大げさに溜息を吐いてみせる。
愚痴っぽい、独り言も呟いてみせる。

「だったらさ、おじさん。ちょっと確認して欲しいんだけど。その……スカートの下からアレ……見えてないよね?」

限りなく無人に近い屋上フロアーで、千佳は卓造の前に踊り出て立ち塞がっていた。
突然現れた感のある少女の姿に、さすがの卓造も足を止めた。

「み、見えるって……アレのことかい?」

「そうよ、バイブのこと」

卓造に『アレ』と言わせたモノを、千佳は事も無げに『バイブ』と言い直していた。
そしてぎこちない足取りのまま、クルリクルリと2回転する。

ダークネイビーのセーラー服から、純白のテニスウェアに着替えた千佳の肢体を、卓造の目が追い掛けている。
その視線は少女の腰回りに貼り付き、遠心力に従って薄い円盤のように拡がったヒダスコートに向けられる。

ピチピチとした太股の付け根まで覗かせたその奥で、スリットの恥肉を貫く筒状の物体と、キュートなヒップを割り拡げるもう一本の卑猥な玩具。
それをはっきりと目撃した卓造は、深く頷いていた。

「う~ん、やっぱり歩く時は慎重にってことだよね。それで、今はどうかな?」

遠心力が消えても、スコートの丈は太股の半ばまでしかガードしていない。
辛うじてヴァギナに挿入されたバイブは隠しているが、アナルに突き刺さるバイブはグリップが長めに造られている。
まるで尻尾のように飛び出して、スコートの裾を持ち上げ気味にしている。

卓造は微妙な表情を作った。
それを見た千佳が、げんなりといった顔付きを一瞬だけ覗かせた。

「ファイト、千佳」

そして、こっそりと自分にだけエールを送るのが、卓造の耳にも届いていた。
それと一緒に顔の筋肉を引き締めると、エレベーターへと向かう。

「おじさん。1階に着いたら、よろしくだからね」

けっして千佳は振り返らなかった。
場違いなテニスウェア姿のまま、手ぶらな両手でガッツポーズを作ると、到着したエレベーターに乗り込んでいく。
撮影OFFにしたビデオカメラと、千佳の代わりにスクールバッグを持たされた卓造が、急いでその後に続いた。
教科書の類ではない。
それ以外のモノで異様に膨らんだそのバッグの重さに、複雑な感情を抱きながら。



(本当は死にたいくらい恥ずかしいんだろうな。男の俺でもこんな格好をさせられたら……?)

卓造は軽く想像しただけで、おぞましい自分の姿に身震いした。

滑らかな下降を続けるエレベーターの床が、微かにだが揺れる。

「うふふ、今おじさんったら、ブルブルってしたでしょ? ホント、気が小さいんだから」

「あ、いや……俺はそんな……それよりも千佳ちゃん、本気でその格好のまま……?」

卓造のまぶたに浮かんだのは、全裸のままスクールバッグを開ける千佳の姿だった。
そのバッグの中を興味本位に覗いた卓造は声を失った。
学生という立場上必要な教科書とノートを脇に追いやって、主役のように収まっていたのは大人の玩具だったのである。
それも大量に。
大小様々な大きさのバイブから、ビー玉のような丸い球体が数珠つなぎになったアナル用バイブ。
更には本来の使い方から逸脱した電動マッサージ機まで。

千佳は卓造の目が注がれているのを知っても、特段嫌がる素振りは見せなかった。
どうせ和也に命じられてのものだろうが、諦めの表情を浮かべたままスクールバッグの中を掻き回し、手頃なサイズのバイブとアナルバイブを選び出していた。

卓造の勃起したペニスと同レベルだろうか?
千佳はそのバイブを口に咥えると、丹念に舐め回していた。
まるでフェラチオをするように舌を鳴らして唾液を塗すと、濡れた先端を股間に宛がい一気に挿入させる。
さすがにその時ばかりは、整った顔立ちを歪めて軽く呻いてみせたが、膣奥にまで突き入れると何でもない表情をしてみせた。
そしてアナルバイブも同様の手順で、お尻の穴に埋めたのだった。



「そうよ、わたしはいつも本気。半年前にあの男にレイプされて、それからずっとエッチなことをされ続けてきたから。死にたいって思ったことも一度や二度じゃないよ。でもね、千佳って負けず嫌いなの。あんな男に屈して負けたくなんかないの。だから、いつかきっとわたしは……ね、おじさんだって、棺桶に片足突っ込んでるみたいなものでしょ? だったら、千佳に協力しなさいよね。うふふ♪」

エレベーターが1階のフロアに到着する寸前。卓造は赤裸々な千佳の想いを聞いた気がした。
その上で、おぼろげだった自分自身への覚悟もようやく固まった。

エレベーターの扉が開き、喧騒の世界が二人を包んだ。
卓造は手にしていたスクールバッグを千佳に押し付けると、悠然とした態度で歩き始める。
テニスウェアの美少女と、ヨレヨレサラリーマンのコンビを見せびらかせるように。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。