FC2ブログ

闇色のセレナーデ 第12話  女子トイレで色づく、少女の恥肉


























【第12話】




監視役の男を1階のフロアーに残して、千佳と卓造が向かったのはデパートの屋上である。
その二人を出迎えたのは、開店休業状態の遊具スペースだった。
平日の昼間ということもあり、人気は皆無に等しかった。

「こっちよ、おじさん」

千佳は堂々と卓造の手を引くと、屋上フロアーの端にあるトイレへと向かった。
まるで母親に連れられるようにして歩く卓造の手には、撮影OFF状態のハンディカメラが握られている。

その千佳の足が不意に止まった。
黒と赤。男女別を示すトイレマークを見上げたまま、黒目を走らせて一応周囲を覗っている。

そして迷うことなく赤い印がある方のドアを押した。
男である卓造を引き連れて、千佳は女子トイレへと入っていった。

「なにキョロキョロしてんのよ。さ、早く入って!」

生まれて初めての体験に挙動不審な卓造を、千佳は最奥にある個室へと導いた。
素早くドアを閉めて鍵を掛ける。

「ふう~ぅ」と千佳がほっと息を尽いた。
一方で卓造は、閉じた便座を見つめて、見るとはなしに黒ビニールが覗く汚物入れにまで目を落として、鼻の穴を拡げてありったけの空気を吸い込んでいる。

「おじさんのスケベ」

上目遣いに千佳がジト目で睨んでいる。
卓造は薄い仕切り版に寄り掛かると、気まずそうに頭を掻いてみせた。

「ふふっ、冗談よ。こんなピチピチの女の子とおトイレで二人っきりだもんね。男の人なら誰だって普通だと思うよ」

「ごめん、千佳ちゃん」

怒ったのかと思えば、すぐに笑い掛けてくる。
触れ合う人をけっして傷つけたくない。
そんな優しい少女の仕草が滲み出て、卓造は目の前に立つ千佳に天使の面影を重ね合わせていた。

「おじさん、カメラを動かしてよ」

その千佳の表情から、すっと笑みが消えた。
怒りが戻ってくることもない。ただやるせない哀しさだけを漂わせながら、ぶら下げていた校章入りバッグを床に置いた。
そして、身に着けたセーラー服を脱ぎ始めたのだった。

(急に、どうして?!)

一瞬訪れた和やかな雰囲気が突然消え去って、卓造の頭に疑問符が薄く浮かんだ。
しかし、その疑問符が実体化する前に、卓造の右手がビデオカメラを起動させる。
セーラー服の上着を脱ぎ終わり、スカートに手を掛けた千佳を大写しにする。

始まったのだ。兄の和也を満足させる調教が!

カチッ……スス、ススーッ……ファサッ……

微かに金具の音が鳴り、続けて控えめな衣擦れの音が聞こえて、千佳の下半身から濃紺のヒダスカートも消えた。
淡い翳りと深く刻まれたスリットが曝け出される瞬間、さっと手のひらの形をした木の葉が覆う。
太股も固く閉じ合わせて乙女の恥じらいを意識させると、唯一残されたシャツを器用に片手で抜き取っていく。
そして、お世辞にも豊かとは言えない小粒な乳房が顔を覗かせて数秒余り。
今度は空いた片腕が真横になって、幼げな双乳を覆い隠していた。

「おじ様の命令だから……千佳、裸になったけど……やっぱり恥ずかしいよぉ」

初めて目にする千佳の身体は、素直に美しかった。
女性器だけを晒してのセックスでは分からない、瑞々しい肢体に卓造は目を奪われていた。

だから、卓造の呼び名が『おじさん』から『おじ様』に置き換わっていることに気付かなかった。
キュートで伸びのある声音が、艶っぽくて舌足らずなソレに変わっていることにもである。

「えっ! そんなぁ……やっぱり見せないとダメなの? 千佳の女の子の処……?」

そんな木偶の坊と化した卓造を相手に、瞳をウルウルとさせた千佳が上目遣いに見上げた。
何も答えない。
いや、どうしていいのか思い付かない男を相手に、恥じらいを浮かべた千佳が続きの言葉を添えた。

「それじゃぁ……見せるね。千佳の……オ・マ・○・コ……」

1.5メートル四方の密封された空間に、禁忌な単語の余韻が浸透する。
壁に寄り掛かってカメラを構える中年男の前で、超有名私立高校のお嬢様があられもない姿を晒そうとしていた。

(いいのか? 目を逸らせたり、閉じたりしなくて……本当にいいのか?!)

卓造の良心が囁いてくる。続けて……

(彼女が痴態を演じているのは、卓造……お前のためなんかじゃない。撮影された映像を愉しむ男の……千佳を性奴隷に堕とした和也を満足させるため。そうだろ?)とも……

カメラがグラグラと揺れた。
取り落としそうになり、卓造は抱え込んでいた。

その丸いレンズの前で、千佳が便座の上に腰を下ろしている。
楕円形の蓋の真ん中より手前にお尻をひっつけると、小水をもよおすポーズのように僅かに股を開いていた。

「ああ、恥ずかしいよぉ……こんなの恥ずかしいけど……でも……」

千佳が卓造を見上げて呟いた。
小悪魔っぽい恥じらいを見せたまま、演技とも本音とも区別が付かない独り言吐き漏らすと、すぅっと両足を持ち上げていく。

まるでバレリーナのようにしなやかな動きだった。
きちんと靴を脱いだツマ先が便座の上に乗せられ、ヒザ関節が鋭角になるまで折り曲げられている。

(これが千佳ちゃんのアソコ。きれいだ……とってエッチなのに、だけど……)

卓造は脱力したようにしゃがみ込んでいた。
手にしたモノを放り出したい衝動を押さえ込んで、千佳の股間を覗き込んでいた。

縦長の愛らしいオヘソに、恥丘の半分しか覆い切れていないアンダーヘアー。
その真下で、ぷっくりとした恥肉どうしが押し合うように閉じ合わさったヴィーナスの割れ目。

鼻息が届く距離で覗く少女の秘部は、可憐で初々しかった。
和也のモノを受け入れ、卓造のペニスも受け入れたにも関わらずに、処女の面影をしっかりと残している。

「な、中も開いて見せるの? はあぁ……ひどいよ、おじ様……」

(まだだ。もう少し! 時間よ、止まれ!)

卓造の願いも虚しく、千佳は独り芝居を続けた。
本気で泣いている?
目尻に光るモノまで湛えたまま、千佳はヒザ小僧に被せた両手を女の子の部分にスライドさせる。
細いとしか表現の見付からない指が左右から伸びてきて、恥肉の合わせ目を掴んだ。
指先をスリットの隙間に沈めると、一気に割り拡げていく。

「んんっ……見ないで、おじ様……千佳の恥ずかしいお肉を見ちゃイヤぁ……」

頬を滴る涙は、演技なのか?
本心によるものなのか?

視界の上の端でそれを捉えながら、卓造はおぼろげに考えていた。
瞳の中心に、サーモンピンクに輝く花弁を焼き付けたまま。