FC2ブログ

闇色のセレナーデ 第7話  夢の始発は、ミステリアスガールと共に


























【第7話】




「佐伯君、ちょっとこちらへ」

昨日と全く同じ時刻、同じセリフに『こちらへ』と単語だけを追加して、課長の山下が卓造を呼んだ。
さり気なく浴びせてくる同僚の視線に、卓造はちょっと誇らしげに胸を張ると、その課長の元へと向かう。

歩きながら、棒グラフの描かれたホワイトボードに目を留める。
一夜にして、営業3課トップに躍り出た自分の名前を舐めるように見つめた。

「いやぁ、さすがは佐伯先輩。御見それしました。あの天下に名高い『小嶋技研』からワンロット4千万もの発注を受けるとは。それも本社直々からですよ。いや、素晴らしい。私はアナタと共に仕事が出来て光栄です」

人という者は、結果次第でこうも態度が変わるものなのか。
眉毛をひくひくさせながら手を取る山下に、卓造は複雑なモノを感じた。

(約束通りに、和也が手を打ったのに違いない。それも2千万で片が付くのを、倍の4千万も発注させるなんて。山下じゃないが、さすがは天下に名高い『小嶋技研』の若旦那様だ)

出社して早々に、小嶋技研の秘書課から卓造あてに連絡が入り、4千万という大型案件にも関わらず即決で交渉が成立したのである。

「課長。これから外回りの予定を入れておりますので、失礼してよろしいでしょうか?」

「あ、ああ構いませんよ。これからは私の許可など必要ありません。先輩の思う通りにお仕事の方を頼みます」

卓造は、諸手を挙げてバンザイしそうな山下と営業3課の面々に見送られて職場を後にした。


 
「はあ~ぁ、空気がうまい」

片側3車線の大通りを無数の車が行き交うなか、卓造は鼻の穴を拡げ肺がパンクするほど空気を詰め込んでいた。
そして、久々に背筋を伸ばして歩いてみる。
いつも目にしていた当たり前のオフィス街も、異国の街並みに思えてくる。少々大げさだが。

「それで千佳ちゃんは、どこでお待ちなのかな?」

皮靴でスキップするように歩きながら、卓造は黒目を走らせる。
歩く人もまばらな昼下がりのオフィス街。
ちょっと目を凝らせば……

(見付けた! やっぱり来てくれてたんだ)

雑居ビルに間借りしたコンビニの店先で、ダークネイビーのセーラー服が揺れた。
近寄る卓造に千佳も気が付き、こちらを振り向いたのだ。

顔を綻ばせる、よれよれスーツを着込んだ中年営業マン。
沈んだ顔をする、清楚で可憐な女子学生。

場違いなほど対照的な二人だが、これからの時間を共に行動することだけは決定済みである。

「待ったかい? 千佳ちゃん」

「いえ、別に。アタシも今来たところですから。さ、行きましょうか?」

千佳は卓造の顔を一瞥すると、身を翻すようにしてさっさと歩き始めた。

何か雰囲気が違う。
昨夜まで兄である和也に痴態を晒していた線の細い少女のイメージとは、違和感を感じる。
なんかこう、闊達というか……

「どうして、お断りにならなかったんです?」

「え、何が?」

「その……兄からの提案です。佐伯さんは、何も知らないから」

突っかかるような勢いで歩く千佳に、卓造は歩幅を拡げて追い付いた。
その矢先、少女が意味深な言葉を吐いた。『何も知らないから』と。

「確かに、キミのお兄さんと知り合ったのは昨日のことだし、あの人のことは詳しく知らないよ。でもね、こんな夢みたいな話に飛び付かないなんて、普通の男だったら有り得ないと思うよ。まあ、千佳ちゃんにとっては不幸なことだし、その同情もするけどね」

「はぁ、そう言うと思った。やっぱり佐伯さんは、この前の男の人と、その前の男の人とも一緒かも。何も分かっていないわ。それとアタシは、別に同情して欲しくて言ったわけじゃないから」

急に立ち止まった千佳は、30センチは上にある卓造の顔を見上げた。
ほんのりとした桜色のほっぺたをキュッと引き締めると、失望と怒気を孕んだ投げやりっぽい目線をぶつけてくる。

(やっぱり違う。これがこの子の本当の姿なのか?)

深夜の街中で白い肌をくねらせていた千佳と、清潔感溢れるセーラー服に身を包んだ目の前の千佳は、まるで別人である。
薄い太陽の日差しに照らされた少女の全身からは、気高いオーラが漲っている。
見えるはずのない気を、卓造は見た思いがする。

「佐伯さん、こっち来て」

「お、おい!」

ちょっと不機嫌な表情をする女神は卓造の手を引くと、オフィスビルの脇に設置された自動販売機へと誘った。

別にジュースを買うわけではなさそうだ。
千佳は並んだドリンクの見本に目もくれずに、細身の身体を自動販売機と外壁で作られた三角コーナーへと寄せる。
そして幅の広い道路の向こう岸に目を運ぶと、卓造の身体を衝立代わりに見立てるように、向かい合う形で立たせたのだ。

「思った通りだわ。あの人ったら、あんな悪魔に命じられて……ダメ、佐伯さんは振り向かないで。気付かれちゃう」

そう言うなり千佳の両腕は、卓造の背中に回り込んでいた。
コートの上からしっかりと腕を絡めると、自分の身体に押し付けたのである。

「おい、千佳ちゃん。いくらなんでも、こんな所でなんて……マズイよこれは」

「だめよ、こうしないと。でないと、佐伯さん。アイツに用済みの烙印を押されて消されるわよ」

「け、消されるって?! それにアイツって、和也君?」

「そうよ。だけどそれより今は……佐伯さん、アタシとキスして。それに恥ずかしいこと……いっぱいして頂戴。ここで」

髭が剃り残された卓造のアゴに、上目遣いの千佳の目線が重なった。
二重まぶたから覗く瞳が、投げやりっぽいものから悲痛な哀しみの色を湛えて、それでも顔を逸らせようとはしない。

「分かったよ、千佳ちゃん」

卓造は、少女の気迫に押されたまま深く頷いていた。