FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇色のセレナーデ 第2話  メス犬の衣装


























【第2話】




口を開けばアルコールの匂いはするが、酔いは醒めていた。
それだけに許せないのである。
いつも損な役割ばかりを押し付けられるチッポケナな正義感が、ムラムラと沸き起こってくる。

「アンタ、冗談もほどほどにしろよ。女の子にこんなひどいことをするなんて」

卓造は若い男を睨みつけたまま羽織っていたコートを脱ぐと、それを少女の背中に掛けてやる。

「ちょっと待ってくださいよ。メス犬を散歩させただけで、ひどいことなんて。ねぇ、チカもそう思うだろ?」

そんなチカと呼ばれる少女の脇に男はしゃがみ込んでいた。
そして、彼女の耳元に顔を寄せると何事か話しかけている。

数秒もしないうちに、四つん這いの少女は、持ち上げかけた首を力なく項垂れさせていた。
その姿を目で確認した若い男が、勝ち誇った表情のまま立ち上がる。

(こいつ、あの少女に何を話した?)

卓造が怪訝な表情を浮かべたその時だった。

「んんっ、は、はぁ……いりません、こんなモノ」

少女は細い肩を揺らせると、卓三が掛けてやったコートを払い落していた。
寒々とした路上に再び白い肌を露出させる。

「ふふふっ、そういうことです。メス犬に服なんて必要ないですからね。それに震えているのは、なにも寒いだけではないですよ。ねぇ、チカ」

唖然とする卓三だが、男の方は気にする風でもなく少女に語り掛けていた。
まるで彼の行動を待っていたかのように、更に何事か追加で囁きかけてみせる。

「んんっ……はあぁぁっ……」

甘い吐息を吐きながらも、男を見上げたチカはイヤイヤをするように首を振った。
美しいというより愛らしく整った顔立ちを、悲痛なほど歪ませて、目尻にはたっぷりと涙を浮かべて。

けれども、その抵抗は長くは持たなかった。
リードを握る男の目に冷たい炎が宿ると、少女は諦めたように目を伏せ、身体の向きを反転させていく。
キュッと引き締まった未成熟なヒップを曝け出していた。

「……イヤ……見ないで」

チカが初めて人の言葉を吐いた。

「お、おい……そんな……嘘だろ?!」

卓三は声を上ずらせて唸った。

「くくくっ……どうです、おじさん?」

若い男は、喉の奥で笑いながら訊いた。

本当は目を逸らせないといけないのだろう。
けれども卓三の両目は、少女の下半身に釘付けになったまま離れようとしない。

おぼろげな街灯の明りを受けて、剥き身のゆで卵のような双丘を。
その下に潜む女の部分。柔肉の狭間を。
その恥肉のスリットを貫いている……?!

ヴゥーン、ヴゥーン、ヴゥーン……

「どうです、おじさん。チカが震えている理由がお分かりになりましたか?」

「あ、ああぁ……確かに……」

少女自身がずり落としたコートの件が尾を引いているのかもしれない。
卓三は曖昧ながらも頷いていた。

「でしょう。よかったね、チカ。オマ○コから生やしている尻尾を認めてもらえて」

「あはぁぁっ……ダメェ、んんっ……はふぅんんっっ!」

それは、バイブだった。
グリップだけを残したバイブが、サーモンピンクの亀裂を割り拡げるように、深々とヴァギナに突き刺さっていたのである。

「いつから、散歩を?」

「そうですね、1時間ほどでしょうか」

「えっ! 1時間も、バイブを挿入させたまま散歩を?」

淡々と話す男の説明に、卓造は衝撃を隠せなかった。
そして男を習い自分もしゃがみ込むと、潤いすぎたチカの股間を凝視する。

なるほど、男が話す1時間は嘘ではなさそうだった。
呻りながら小円を描くグリップの先で、おそらく膣肉は相当掻き回されているのだろう。
おびただしい量の愛液が割れ目の縁から溢れ出し、内股から膝のあたりまでをべっとりと濡らしている。
邪魔な北風が吹き付けなければ、ここまで淫水の匂いが届きそうな具合だった。

俺と出会うまでに、この少女は何回気をやったのか?
人通りが途切れたとはいえ、俺みたいな酔っ払いの目を気にしながら、惨めな姿を晒して。
吹きっ晒しの寒風の中で。

(いったい、この男は何者なんだ? どうして、このチカって少女はこんなバカげたプレイに付き合っているんだ? どう見ても本意とは思えないが)

ズボンのフロントを膨らませたまま、至極当たり前の疑問を展開させる卓造。
だがその疑問の答えを探し出す暇はなさそうだった。

ヴゥーン、ヴゥーン、ヴゥーン……
じゅにゅ、じゅにゅ、じゅにゅ……ぬちゃ、ぴちゃ……

「だめっ、あっ、あぁぁっっ……イク、イク……イキ……ます……イヤァァァッッッ!!」

お腹に溜まった空気を全部吐き出して、チカが絶頂したのだ。

男と卓造の真ん前で、唸るバイブを脂肪の付ききっていない太股が挟み込んでいる。
美しい背中のラインが湾曲し、せり上がった両肩がブルブルと痙攣する。

どぴゅ、どぴゅ、どぴゅぅぅっっっ!!

「ううっ……はあぁ……」

それを目の当たりにした卓造は、下半身がすっと解放されるのを感じた。
不覚にも、バイブで昇りつめた少女に感化されて射精していたのである。
それも、ズボンの中で。

「どうも驚かせてしまったようで、すいません。ホント、盛りのついたメス犬を管理するのは、骨が折れるんです」

泣き腫らしたように真っ赤な瞳のまま、チカは肩で息をしていた。
その少女の花弁では、今もバイブが暴れ続けている。
次の絶頂の準備に移ろうと、蕩けそうな秘肉を刺激し続けているのだ。

「では、失礼します」

男は、唖然とする卓造を残して去って行った。
四つん這いのまま腰をくねらせるチカを引きずるようにして。

「夢にしちゃあ……出来過ぎだよな……」

卓造は、冷たくなったズボンの前を手で拭った。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。