FC2ブログ

夫婦熱演ハメ撮りショー






















【第5話】



        
        呼び合って、見つめ合って、くちびるを吸い合って……
        毅さんの身体が、ゆっくり下へとスライドしていく。
        美帆さんの首筋にキスの雨を降らせながら、浮き出た鎖骨を通って、仰
        向けでも存在感のある乳房に舌を這わせている。

        「はんむぅっ……ねろっ、ねろっ、ねろっ……」

        「あはぁ……ふうぅぅ……」

        薄く目を閉じた美帆さんが、甘く呻いた。
        右、左とおっぱいを交互に舐められて、ショートボブの髪型を軽く乱れ
        させた。

        「ひいぃっ、はあぁっ……乳首いいのぉ……」

        カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

        シャッター音が響く中、毅さんの舌先が乳首を刺激している。
        舌の裏と表を刷毛のように使い分けて、乳首を側面から先端まで、念入
        りに愛撫している。

        「ふうぅんん……はあぁぁん……気持ちいい……」

        毅さんの舌が、右から左へと乳首を乗り換える。
        それと同時に、美帆さんが首を左右に振った。小さめなあごを突き出し
        た。

        どんな感じなの? 男の人におっぱいを刺激されると、そんなに気持ち
        いいの?

        あたしは腕組みをする振りをして、Tシャツの上から自分の胸を触った。
        レンズに目を当てているお父さんをチラ見しながら、そっとブラジャー
        を押し上げる。

        毅さんの唾液にテラテラと光る美帆さんの乳房。尖った乳首。
        それを見ながら、薄い布地越しに乳首を摘んだ。
        雪音の、美帆さんに負けないくらいに硬くなったサクランボを指の腹で
        前後に刺激する。

        「あはぁっ……いけない……うぅっ……」

        ダメ、声が出ちゃう。
        雪音の乳首、ものすごく敏感になって、ビリビリってしちゃう。

        そんなあたしを、もっともっとエッチな気分に追い立てるように、毅さ
        んの舌が美帆さんの身体を降りていく。
        無駄なお肉のないウエストを通過して、手入れの行き届いたアンダーヘ
        アーに鼻を埋めながら、恥ずかしい処を舐め始めた。

        「ふんむぅ、ちゅぷ……美帆、もっと足をひらいて」

        「はあぁぁ、くぅっ……こう?」

        美帆さんの太股が、毅さんの舌を受け入れるように左右に開かれる。
        その付け根の奥を目指して、毅さんの顔が沈んだ。
        沈んだと思えば、何度も何度も顔を上下させて、恥ずかしい亀裂に舌を
        差し入れている。

        ちゅぷっ、ちゅぷっ、ちゅぷっ……ねろっ、ねろっ、ねろっ……

        「んんっ、はぁぁあん……毅の舌ぁ、いいよぉ。もっと、美帆のビラビ
        ラを舐めてぇっ……ふぅぅぅっ」

        カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

        美帆さんが白い歯を見せて、背中を浮かせた瞬間をカメラが捉える。
        でも、そんな音も、あたしとお父さんの視線も気にしないって感じで、
        毅さんの舌と唇が美帆さんを感じさせることに集中している。

        「はぐぅ、ちゅぶぅ……美帆、気持ちいいんだね。ほら、濡れてきたよ」

        「ふあぁっ、だめぇ。美帆のお豆ぇ、感じるぅ……感じるのぉっ」

        直角に折れ曲がっていた美帆さんのヒザが、力が抜けたようにマットレ
        スの元へ落ちていく。
        落ちたままツマ先をピンと伸ばして、彼女が軽く絶頂したのを教えてく
        れた。

        「んんっ、うっ……くぅっっ……」

        あたしは、半開きになりかけた口元を慌てて閉じた。
        目の前で繰り広げられる本物の男女の世界に、引き込まれて吸い寄せら
        れて、乳首をいじる指先にも力をいれていた。

        「雪音? ……って、あれ?」

        レンズから目を離したお父さんが、消えたあたしを探してキョロキョロ
        してる。
        でも別に、忍者さんみたいにドロンしたわけじゃないよ。
        お父さんの隣に立っていたのを、半歩下がって2歩下がって、気が付い
        たら地下室の壁に背中を押し付けている。
        ただそれだけ……うん、それだけなんだから……

        スタジオでは、ヒザ立ちになった毅さんが、美帆さんの腰を引き寄せた。
        大きく拡げられた美帆さんの両足の間で、毅さんは硬くなった肉の棒に
        自分の指を添えている。

        いよいよね! いよいよセックスするのね!

        あたしは、太股を捩り合わせながら、瞬きも呼吸も忘れて見入っていた。
        お父さんも、身体を屈めてレンズを覗いたままピクリともしない。

        「はあ、はぁ……美帆、そろそろ……」

        「ええ、挿れて……あなた……」

        ズズズッ、ズ二ュッ……

        「くうぅぅん、はあぁぁぁん……はいってぇ、膣(なか)に入ってくるぅ
        っ」

        「うぅぅっ、はあ……」

        カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

        美帆さんが叫んで、毅さんが呻いて、カメラも鳴いた。

        ヒザ立ちの毅さんが腰をゆっくりと前に押して、美帆さんの膣へと挿入
        していく。
        その夫婦だけの秘密の営みを、あたしとお父さんは唾をゴクンゴクンさ
        せながら見守った。

        「ふふっ、さすがに恥ずかしいかな?」

        美帆さんと深く密着しながら、毅さんがカメラに視線を向けた。

        「だいじょーぶ♪ 私は平気よ。さあ、突いて……思いっきり美帆の……
        お、オマ○コを突っついてぇっ!」

        気弱になる旦那様を美帆さんが励ました。
        明るい声で明るい笑顔で、禁句の単語を……全身を羞恥色に染めながら
        ……







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。