FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリット! 割れ目! 光るレンズ!!






















【第2話】



        
        「ううっ……くぅっ!」

        せえのっ!って気合いを付けて、太股を開いていく。
        床にひっつけたヒザ小僧をズズッって擦りながら、左右に引き離してい
        く。

        カメラの丸いレンズが……
        その先で、雪音の知らないお客様の視線が……

        あ~ん。下腹部が炎に包まれたみたいに熱いよ。
        そのせいかな? 雪音の顔までお風呂でのぼせたみたいに真っ赤。

        「き、綺麗だよ……雪音」

        「イヤ、言わないで……」

        かすれた声で、お父さんが褒めてくれた。
        でもその褒め言葉が、こんなに辛いなんて。
        だって、お父さんの視線がどこに向いているのか、わかっちゃうんだも
        ん。
        もしかしたら、雪音のアソコの変化にも……?!

        「お、お父さんお願い、早く撮って……」

        「あ、ああ。すまない」

        カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

        「雪音、もっと頭を下に……床にひっつけるようにして」

        「うぅ、うんわかった……こんな感じ?」

        あたしは、お父さんの指示に従っておっぱいを床にひっつけた。
        首を横向きにしながら、べたりと上半身を床の上に密着させる。

        「あ、あぁ、恥ずかしい……」

        真横になった唇が、我慢できないって囁いた。
        背中を弓なり湾曲させて、丸いお尻を高々と掲げて、その下に潜む恥ず
        かしい割れ目をカメラ目線で晒して。

        そう、恥ずかしい。こんな淫らなポーズ、絶対に恥ずかしい。
        でも……それでも、なにか違うの。
        アソコが疼いて、心臓がバクバク鳴って、なんだか気持いい開放感が込
        み上げてくるの。

        カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

        「うん、雪音……いいよ。素敵だ、最高だ」

        それなのに、お父さんの声がもっともっとかすれた。
        ううん、喉が震えている。

        やっぱり辛いのかな? 娘の裸でお金を稼ぐのに哀しくなっちゃったの
        かな?
        そんなこと気にしなくていいのに。
        淫らな雪音になろうって決めたのは、あたし自身なのに。
        尻込みするお父さんを唆したのだって、あたしなのに。

        だからだから、見てよ。お父さん、雪音の身体を全部見てよ。
        全国にいる隠れ雪音ファンのお客さんより、カメラ君より先に見て。
        男なんだから、もっともっと、オチ○チンを膨らませてよ。破裂するく
        らい大きくしてよ。

        「ああっ、んぅぅっ」

        あたしは呻きながら、更に股を開いていた。
        そうしたら、アソコが膣(なか)のほうからキュンとなって、お尻が勝手
        に揺れ出している。

        カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

        シャッター音が無限に続くほど長く感じた。
        その音を聞きながら考えていた。

        お父さんに冗談で渡したティッシュ……本当に必要なのはあたしの方な
        のかな?
        うん、きっとそう。
        淫乱な雪音の必需品。だって恥ずかしいアソコが、エッチなお水に汚れ
        ちゃうんだもん。



        あれから30分以上、お父さんはあたしを撮ってくれた。
        いろんなポーズで、いろんな角度で……

        「雪音、少し休憩しようか?」

        「ううん。大丈夫だから続けて」

        この会話。もう3度目だよ、お父さん。
        でも、お互い息が上がって呼吸が荒くなっているのは確かかも。
        でも、ここで一息吐くと、あたし……意味もわからずに発狂するかも。

        やっぱり、女性のすべてを見せるのって、エッチな水着や絆創膏なんか
        比べ物にならないくらいハードなのね。
        恥ずかしい割れ目も硬くなった乳首も隠さなくたっていいのに、断然ハ
        ードなのよね。

        「わかった。これがラストのポーズだから、頼むよ」

        「いつもの『M字』でいいのよね?」

        あたしは、お尻を床にひっつけるとヒザを立てた。
        そのままの体勢で、躊躇なしに足の裏をスライドさせて左右に拡げた。
        背中を反らし気味に、おっぱいも乳首も晒して、両足が逃げ出さないよ
        うに、ヒザ小僧を両手が左右に引っ張って……

        カメラを見つめた。
        お父さんと一瞬目が合って、一瞬、哀しさが湧いて、慌ててレンズの前
        で微笑んだ。

        カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

        もう恥ずかしさなんて感じない。
        ううん、頭がぼーっとしてきて、自分が何をしているのかさえ分からな
        いの。

        誰かがあたしに囁きかけてくる。
        見てぇ、雪音をもっと見てぇ。恥ずかしいオマ○コを、もっともっと見
        てぇって……

        目の前にいるお父さんの声が、遠くで聞こえた。
        指で、アソコを開けって……

        あたしは、返事の代わりに首を大きく縦に振った。

        ああぁっ、もう……びちょびちょ……

        ヒザ裏から侵入した雪音の両指が、熱くて溶けちゃいそうな扉を引っ張
        った。
        ぐちゅぅって音を立てながら、真ん中からはみ出している小陰唇のヒダ
        ヒダをよぉ~く見えるように拡げた。
        ピンク色をした恥ずかしいお肉を、膣の入り口まで見せてあげた。

        カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

        お父さんが、唇を真一文字に結んだまま、シャッターを押し続けている。
        ズボンの前が破れそうで、おでこに球の汗を浮かべて……

        あたしはそんなお父さんに、何度もエールを送った。
        もちろん、心の中で……

        『さすがは、雪音のお父さん。頼りなくて、とっても頼りなくて……で
        もね、あたし。お父さん、だ~い好き♪♪』

        そして、背筋をブルブルってさせながら、指先に力を込めた。
        溢れてくるエッチなお汁に指を浸しながら……

        どう? 雪音のアソコ。
        現役女子高生の濡れ濡れ画像だよ。それにね、バージンなんだから。
        すごいでしょ? ね、ね、だから高く買ってね。
        お願い♪♪







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。