FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後の憂鬱   第8章 無邪気な悪魔・後篇(2)


  
                                          


【第8章 (2)】



        
        三人は黙ってしまった。しばらくして、その重苦しい沈黙を破るように
        岸田が話し始めた。

        「そう・・だな。まぁ、そうだ。しょうがないな。今回は水着で行くか・・」

        藍はそれを聞き、少し安心した。そして吉田の顔を見た。
        吉田はまるでうまく行ったね、と言うかのようにいたずらっぽく藍にウ
        インクして見せた。
        藍も同じようにウインクを返した。それまでの吉田への蟠りが消えて、
        親しみすら感じ始めていた。

        吉田がその場を取りまとめるかのように言った。

        「よし、それじゃ決まりですね。では藍ちゃんの水着姿をメインにした
        コンセプトで・・」

        岸田はまだ納得していないようだったが、二人の表情にあきらめた様子
        で、
        「じゃ、そうしよう。どんな構成にするか・・」
        と話を続けた。

        「藍ちゃんの今までの写真集、見せてもらったけど、おとなしすぎるね、
        あれじゃ。まぁ、水着姿とはいってもこの路線を続けてたんじゃあ、ち
        ょっと・・」

        吉田がそう言うと、岸田が急に勢いづいて声を大きくした。

        「なっ? そう思うだろ? やはり少しは成長した藍を出していかない
        とな。いつまでも子供じゃないんだ。」

        藍は「子供」という言葉に反応していた。負けず嫌いの藍はいつまでも
        「子供」扱いされるのは我慢できなかった。

        そんな藍の感情を見透かすように、岸田が言った。

        「藍はどう思う?」

        藍はきっぱりと言った。
        「はい。少し大人っぽさを出してみたいと思います。わたし、もう子供
        じゃありませんから。」

        岸田は目を輝かせ、
        「よし! じゃあ少しセクシーな路線で行こう。吉田、絵を考えといて
        くれ。」
        「まかせてください。すぐにかかりますよ。」
        と吉田も大乗り気だった。

        藍の心は揺れ動いていた。ムキになった反動がきていた。
        やっぱり恥ずかしかった、水着になどなりたくなかった・・でも、いつ
        までも子供じゃない、子供じゃいられないんだ。
        自分を納得させようと必死だった。

        (・・・そう、エッチなことだって・・・少しは知ってるんだから。)

        藍の頭をそんな考えがよぎった。そして、少しぼーっとしてきた。

        「・・・ちゃん! 藍ちゃん!」

        遠くから吉田の声が聞こえていた。
        藍は変な気分になり、呼びかけられていることにすぐに気付かなかった。
        はっとして吉田の方を振り向いた。

        「えっ? あっ! ご、ごめんなさい。」
        「どうかしたのかな? 気分でも悪いの?」

        吉田が藍を気遣い、聞いた。

        「あ、だいじょぶです。なんでもありません。ちょっと考え事を・・」

        藍は慌てて答えると、吉田が返した。

        「あ、こんな話してるから、エッチなことでも考えてたのかなぁ?」

        吉田の言うことが図星だっただけに、藍は顔を真っ赤にして、大声で否
        定した。

        「そっ、そんなこと考えてませんっ!」




※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ    第8章(3)へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。