FC2ブログ

独りよがりのセックス






















【第21話】


        
        「はぐぅっ! うぐ、うぅっ……お、オチ○チンが擦れれてぇ……あぅ
        っ……」

        わたしは弥生さんの上でピストンを始めた。
        足の裏を全部床にひっ付けて、弥生さんのお腹に両手を突かせてもらっ
        て腰を上げ下げしている。

        これって騎乗位セックスって言うんでしょ?
        5分前までバージンだった遥香でも、夜の営みの知識だけは豊富なんだ
        から。
        正常位でしょ。後背位でしょ。座位でしょ。駅弁なんて名前のもあった
        ような、なかったような……

        激痛以外の単語が見付からない。
        でも、これだとお尻が持ち上がらないし、顔が歪みそうになって淫乱な
        遥香をアピール出来なくなるし。
        だからわたしは、ズキンッ!ズキンッ!って、頭の芯を貫く電流を、お
        ませな知識で中和させる。
        それでも足りない部分は、嬉し涙に見せ掛けてごまかしていく。

        「み、見えるかな? あぐぅ、はぐっ……はぁ、遥香のオマ○コ……赤
        くなってるのぉ、みえてるぅ……」

        「うん、ちゃーんと見えてるぜ」
        「ああ、遥香ちゃんの割れ目から、赤いお汁がピュッピュッて飛沫みた
        いに飛んでるのがな」

        遥香がディルドを引き抜くたびに、男達の身体が前のめりになる。
        遥香がディルドを挿入させるたびに、顔を突き出したまま鼻の下を伸ば
        している。

        ズニュ、ズニュ、ズズッ……ズリュ、ズリュ、ズリュ……

        10回……20回……30回……
        それでも何度も腰を抜き差しする間に、粘膜の滑りがよくなってくる。
        これもエッチなマンガで読んだことがある。
        女の子って、レイプされても感じるんだって。
        オチ○チンで何度も擦られていると、初体験でも恥ずかしいお汁が溢れ
        てくるって。

        だったらもう少しだね。
        太股の筋肉がダルオモだけど、遥香はもっと腰を振って騎乗位セックス
        しないといけないね。

        「あひっ……はうっ、オチ○チンがぁ、奥に当たってるのぉ……遥香の
        子宮を突くのぉっ!」

        わたしは声帯を震わせて、大げさに絶叫した。
        肩をブルブルと震わせて、発達途上なおっぱいもプルンプルンと揺らせ
        てみせる。

        ホントにディルドの先端が触れたかなんて遥香にはわかんない。
        赤ちゃんホテルの子宮を意識しようとしたって、そんなの無理だもん。

        だけど和式トイレスタイルのピストンが限界に近付いているの。
        遥香って気合だけで根性がないから、太股の筋肉の悲鳴に同情しちゃう
        の。

        「遥香、そんなへっぴり腰じゃ、お客様が居眠りしちまうよ。しゃきっ
        としな!」

        バシィィッッ! ビシィィッッ!

        「い、痛いッ! いぃ、いえ……んはぁ、がんばって……オマ○コ! し
        ます」

        手のひらをいっぱいに拡げたお義母さんに、お尻をひっぱ叩かれた。
        鈍くなってきた腰運動に気付いたんだ。
        遥香は競走馬じゃないのに、騎手になりきったお義母さんが何度も腕を
        振り下ろしていく。

        「へへへっ、遥香ちゃんファイトぉ!」
        「3コーナー回りました。ほらぁ、お義母さんの手鞭に合わせてまくる
        んだよ」
        「早くしないと、4コーナー通過して直線に向いちゃうよ。そうしたら
        本物の鞭打ちだね。くくくっ」

        バシィィッッ! ビシィィッッ!

        「あぐっ、ああぁぁ……いやぁ、それだけは許してぇ……オマ○コぉっ! 
        オチ○チン抜き差しして……オマ○コしますからぁ」

        お尻の肌が真っ赤な手形に染められる。
        それを覗いて男達の一部がはしゃいで、わたしはバカの一つ覚えみたい
        に禁句の単語だけ連発させる。

        遥香は入れ込んで引っ掛かり癖のある、淫らなメス馬なの。
        直線を向いてお義母さんに鞭で叩かれたって、もう脚が残ってないの。

        せっかく膣の中がエッチなお汁で溢れてきたのに。
        割れ目のお肉まで、ジンジンと疼いてきたのに。
        こんな幼稚なセックスだと、お義母さんの言葉通りに……
        ごめんなさい。弥生さん、皐月さん……

        「はあぁ、んはぁ……孝太様のオチ○チン……逞しくて、気持ちいい……
        はふぅっ」

        「んくぅ……は、はぁ……僕もぉ、きもちいい……もっともっと皐月さ
        んのオマ○コ、突き上げてあげるね」

        その時だった。
        隣のカップルから息の合った甘い声が届いた。
        皐月さんが感じる声をあげてくれて、男に成り立ての孝太が声を裏返し
        ながらアピールしてくれている。

        「おっ、このガキ。いっちょ前に腰を持ち上げているぜ」
        「女みたいな身体で皐月ちゃんを持ち上げるとは、やるじゃねえか」
        「見ろよ、皐月ちゃんのアヘ顔。涎まで垂らして……よっぽど感じてる
        んだな」

        「さあ遥香様。私達もオマ○コ、愉しみましょ」

        「はぁ、はい……弥生さん……遥香を可愛がって……ください……」

        皐月さんと孝太の濃厚なセックスに、男達の目の輝きが増した。
        それを見計らったように、弥生さんが妖艶な笑みを浮かべて語り掛けて
        きた。
        ひたすら腰を浮かせている孝太に対抗するように、弥生さんも腰を持ち
        上げた。
        膣の中に遥香の腕ほどディルドが埋まっているのに、遥香の身体を何度
        もバウンドさせてくれる。
        潤みきって痛みの消えた膣壁を抉るように快感を植え付けて。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。