FC2ブログ

処女肉を儀式に捧げて






















【第20話】


        
        「み、見えますか? 遥香の……オマ○コ。ほらぁ、なかのお肉までピ
        ンク色をして……もっと遠慮しないで見てくださいね」

        両手を股の付け根へ運ぶと、割れ目のお肉に指を掛けた。
        湿り気を帯びている肉の狭間に指先を突っ込んで、遥香の女の子をすべ
        て曝け出してみせる。

        隣では気を付けの姿で床に寝そべった孝太を、皐月さんがわたしをマネ
        して跨いでいる。
        ううん、違う。マネをしているのは、遥香の方。

        顔を真っ赤に染めた皐月さんが手足を動かすたびに、わたしも身体を動
        かしてみせて。
        皐月さんが甘くてエッチに語り出すのを鼓膜で聞き取って、わたしも唇
        を動かしてみせて。

        「さすが、処女のオマ○コは違うねぇ」
        「ああ。生娘のマン肉ってのは、肉ヒダの壁まで瑞々しいじゃねえか」
        「いや、皐月ちゃんのオマ○コだって、まだまだ初々しいもんだぜ」
        「それによぉ、今さっきまで弥生ちゃんのチ○ポに犯されてたんだ。肉
        の潤いなら、こっちの方が断然上だな」

        皐月さんとわたしは比較されていた。
        10本の指で裂けるほど引っ張った恥ずかしいお肉を、興味本位だけの
        視線に覗かれていた。

        「孝太様の筆おろし、皐月のオマンコがお相手します」

        「遥香様の水揚げ、弥生のオチ○チンがお相手します」

        「こ、孝太のオチ○チンを男にしてください。お願いします」

        「は、遥香のオマ○コも、女にしてください。お願いします」

        皐月さんと弥生さんが先導して挨拶して、孝太とわたしがちょっぴり怯
        える声で挨拶を交わした。
        そして、皐月さんの腰がゆっくりと下降する。
        わたしも遅れないように腰を落としていく。

        和式トイレスタイルの皐月さんが、割れ目に孝太のオチ○チンをひっつ
        けて、前後に揺すった。
        わたしもヒザを折り曲げてしゃがむと、割れ目のお肉に硬いオチ○チン
        を感じさせた。
        結合部を覗き上げるおじさん達を意識しながら、お尻を振った。

        「ふぅん……孝太様のオチ○チン、先っぽまで硬くなってる」

        「あ、はあぁぁ……遥香様に揺らされて、んふぅ……弥生のオチ○チン、
        きもちいいです」

        皐月さんが鼻から声を漏らして、弥生さんが腰を固定したまま首を反ら
        せた。
        二人して甘い声を大げさに口にして、わたしと孝太の緊張を解きほぐそ
        うする。

        ちゅく、ちゅぶ……ずにゅ……ずりゅ……ズズズッ!

        「んぐぅっ……ひぐうぅっっ! おぉ、オチ○チンがぁ……なかに入っ
        て……」

        「ふぁ、あはぁぁ……皐月のオマ○コにぃ……孝太様の熱いのがぁ……
        んはぁぁっっ!」

        皐月さんとわたし。どっちが先に挿入させたかなんて、どうでも良かっ
        た。
        ものすごく自然な感じで太股の力が抜けて、膣口付近に待機したオチ○
        チンが勝手に侵入する。
        弥生さんと皐月さんのレズセックスに感じていた膣壁が、硬質な模造オ
        チ○チンを本物と勘違いして受け入れていく。

        その途端、痛みと後悔が手を組んで遥香の決意を蝕もうとした。
        だからわたしは、泣きべそを掻いたまま弥生さんと目を合わせて。
        悶えるフリをしながら、目尻にシワを寄せて初体験している孝太を見つ
        めて。
        ゆっくり優しく腰を落としてくれている皐月さんにも目をやって。

        最後に泣きべそに笑顔をプラスして、お客さんを見まわした。
        バージンなのにエッチな遥香を証明しようと、2度と取り返せない女の
        子の思い出を自分から破壊した。

        ズニュ、ズニュ、ズズ……ズズズ……プチ、プチ、プチ……

        「ンアァァッッ! むぐぅっ、あぁ、はあぁぁッッ!」

        落ちて来たわたしのお尻を、弥生さんのあったかい下腹部が受け止めて
        くれた。
        信じられないけど、信じたくないけど。
        薄い粘膜を剥がされる痛みと、頭の中心にまで届いたバージンの悲鳴。
        それをまとめて全部、弥生さんのすべすべの肌が抱きとめてくれた。

        「んあっ……ぼ、僕……は、はぁ」

        「ふ、ううぅん……孝太様のがぁ、オマ○コの奥まで……はぁぁ、届い
        てぇ……」

        隣から男になった孝太の息遣いが聞こえた。
        それを手助けしてくれた皐月さんの甘い声も聞こえた。

        ありがとう、皐月さん。孝太を優しく導いてくれて。
        ありがとう、弥生さん。遥香のバージンをもらってくれて。
        ごめんね、孝太。あなたを巻き込ませてしまって。

        わたしは、涙を滲ませた弥生さんと目を合わせた。
        口を固く結んで首を小さく左右に振って、最後にコクンと頷いてみせる。
        そして唇を開きかけた弥生さんに、もう一度首を振って応える。

        そうよ。ここからのステージは、市川遥香の独占ショータイムなの。
        わたしの下で寝そべっている弥生さんも、隣でセックスしている二人連れ
        もウォールフラワーみたいなモノ。
        お客さんの視線は全部。このわたしが頂くの。
        遥香の未熟だけどピチピチの性技でみんなのハートを射止めるの。

        『いよいよだね、遥香、孝太。お前達の頑張り次第で後のイベントが変
        化するからね』

        お義母さんの一言を、もう一度噛み締める。
        耳の鼓膜に反響させる。

        「んぐ、は、はあぁぁ……みぃ、見てぇッ……遥香ぁ、処女とバイバイ
        ……しちゃったぁ」

        わたしは弥生さんと繋がったまま、指を結合部に差し込んでみせる。
        割り裂かれたお肉から滴る液体で指先を濡らすと、顔の前で掲げた。
        白い指を真っ赤に染めて、涙目なのに白い歯を見せて、おバカ女丸出し
        で自慢そうに振ってみせる。

        「すげえな、この子」
        「ああ、バージンを失ってもあっけらかんとしていやがる」
        「可愛い顔をして、遥香ちゃんは相当なスキモノだな。ははははっ……」

        囲まれたお客さんの間から、下卑た笑いが巻き起こる。
        それはあっという間に伝染して、大広間に集まったみんなにわたしは笑
        われた。

        そうよ、遥香はスキモノでエッチな女の子なの!
        弥生さんや皐月さんみたいに、脅迫されてお色気を振り撒いている清純
        な女の子とは違うの!
        男の人を悦ばせる性技は身に着けていないけど、心だけなら正真正銘の
        変態なの!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。