FC2ブログ

ライバルの協定























(二十九)


八月 十八日 月曜日 午後九時三十分  早野 有里
  


「こ、これで、いいんでしょ。
わたしとのセックスは、満足できました?」

わたしは立ちあがると、下着を身に着け始めていた副島に、背中から声を掛けた。
瞬間、染みの浮いたスカートが、汚れた下半身を隠した。

なぜか、いらだっていた。
だから、あえて挑発的に言ってみた。

「満足ぅ? 大人をからかうのはよしてくれませんかぁ。
今日のあなたは、ただ、お尻を突き出して、よがっていただけじゃないですか」

副島はズボンを履き終えると、見下すように、クククッと笑った。

「そんな……ひどい……
わたしは、あなたの指示に従って、あんな屈辱的なことをしたのに……
これ以上、どうしろというのよッ……?」
答えがあるなら、さっさと教えなさいよッ……!」

「まあ、落ち着きなさい。
どんな手練れの娼婦でも、最初から客を満足なんかさせられません。
特に、あなたのような初心な人は、相当仕込まないと使い物にはならないですからねぇ」

「……わたし、別に娼婦になるつもりなんか……
そんな、これ以上怖いこと……して欲しくないし……」

しゃべりながら、わたしの目は泳いでいた。
娼婦という淫らな単語と、壁に取り付けられた皮枷が、いけないことを想像してしまう。

「まあ、有里様がどう思おうと勝手ですが、私は、どんどんあなたを仕込んでいくつもりですよぉ。
みっちり鍛え上げて、高級娼婦として暮らせるくらい、セックス大好きの変態にしてあげますから、お楽しみに……」

「わ、わたしは、そんな……せ、セックスが好きな、変態さんになんかならないからッ!
わたしは、あなたの指示には従っても、絶対に心までは折れないからッ!
そのつもりでェッ……!!」

「どうぞご自由に。
私も、心の芯が強い人の方が好きですからねぇ。
……ああ、そうだ。
言い忘れていました。
今日のあなたの行為には、満点をつけておきますからご安心を……
では、私はこれで……」

副島は、身支度を整えると、さっさと部屋を後にした。

「なによ、散々わたしを馬鹿にしておいて……行為だけは満点だなんて……
やっぱり……わたしが子供だからかな……?」

ツ―ッと、お尻に付着した白濁液が、太ももの裏側を垂れていく。

「あーあ……
こんな、服を着たまましたりするから、スカートもシャツも汚れちゃった」

そうだ、シャワーを浴びよう。
熱いお湯を浴びて、汚れた心も身体もリセットするんだ。
……その場合、火照った肌には、熱めのお湯かな? 
それとも、ぬるめの方かな?
……どっちだろう?

わたしは、けだるい身体を引きずりながら、怖い部屋を出ると、応接室につながるバスルームへ向かった。

副島はなにも言わなかったけど、この前みたいに、誰か迎えに来るのかな?
だとしたら、さっさとシャワーを浴びよう。

それまで、きみはこの部屋の見張りをお願いね。
…… ……
……なに?
そんな不満そうな顔をしないの。
だって、きみ……
わたしが責められるのを、ずっと覗いていたでしょう。
本当にスケベなんだから……

わたしは、バスルームに入って、身に着けているものをぜーんぶ脱ぎ去った。
そして、大変なことに気が付いた。

……ない!……ないッ?!
わたしの……パンツがないッ?!
副島に持っていかれたぁぁッ!!
…… ……?
…… ……??
…… ……?!!
と……いうことは……帰るときは……!!

ノーパンってことぉっ!!

「そんなの……いやぁぁぁぁぁぁぁぁッッッッ!!!」



            八月 二十日 水曜日 午前一時   副島 徹也


「お呼びですか、副島先生」

応接室の扉がひらき、松山が入ってくる。
時刻は午前1時、私にとっては、快適な時間だ。

「何か、お飲みになりますか?」

私は立ち上がると、キャビネットをひらいた。
中には、それなりの食器と酒が準備されている。
急な来客にも、対応するためだ。

「いえ、私は結構です。
今晩は、夜勤なもので……」

松山は手で制すると、勧められる前にソファーに腰掛けた。
私も仕方なくキャビネットを閉じると、彼に対面するように座った。

「それにしても、落ち着きますねぇ、この部屋は……
ちょっと狭いかなという気はしますが、なかなかどうして、いいものですね」

「そう褒めていただくと、なんだかこそばゆい感じがしますが……
それと、先生という呼び方はやめてもらえませんか。
私は医師免許を持っていませんので……」

「いやぁ、これは失礼。
ただ、私よりも格上である取り締まり役を務めているものですから、つい……
それでは、副島さん。
今日は何の用件でしょうか?」

松山は嫌みな口調でそう言うと、私の背後にある扉に視線を泳がせた。
やはり、扉の向こうが気になると見える。

「ええ、そのことなんですが……
現在、私が担当しているのは、先生も御存じの早野有里ひとりなのですが、近々もうひとり追加する予定なんですよ」

「それはそれは、羨ましい話です」

「そこで、松山先生に相談なんですが、この応接室とこの奥にある調教部屋を、共有してはどうかと考えているんですよ……」

「ほう、この奥はそのような部屋になっていたのですか……
それで、なぜ副島さんの方から、このような話を持ちかけるのです。
あなたの作業がしずらいのではないですか?」

松山の視線は露骨に、私の背後を漂っていた。

「いえ、そのようなお気づかいは無用に願います。
聞くところによると、先生もひとり担当する予定が入っているとか……
それでは、先生の方こそ、ここを利用されないと、作業がしずらいでしょう」

「それは、まあ、そうですが……
ここまでいい条件だと、ちょっと見返りが気になりますね。
ずばり、なんですか? 副島さん」

「いやあ、ここまで話が早いと助かります。
私の要求は、担当する女の部分的な共有化をして欲しいんですよ」

「部分的共有……?」

「ええ、それぞれの女をたまには交換して、あるいは3人まとめての行為をやらせようと、思っているんです。
そうすれば、互いの行為に幅を持たせることが出来るし、女同士の心と身体の触れ合いも楽しめると思いますよ」

松山の目が輝いている。
こういうところは、同じ性癖を持つもの同士。
ほぼ、これで決定だろう。

「ええ、面白そうですね。
ある程度、目途がついたらぜひ、こちらからお願いします」

「それは、よかった。
合意出来てなによりです。
お祝いに、乾杯でも……おっと、これは失礼……ははは……」

私は乾いた笑いを投げ掛けながら、今後の予定を考えていた。
ここの秘密基地の使用頻度は、多少低下するが、行為のバリエーションが増えるのは捨て難い。
それに、松山とある程度接近しておくのも、損はないだろう。

その後、私は松山に自慢の調教部屋を公開し、男の喜ぶ顔に悦を感じていた。

ただ、ひとつ気になることがある。
松山が、当分の間、横沢良一を貸して欲しいと言ってきたのだ。

どうやら、担当する予定の女の弱みが、横沢らしいということは分かる。
だが、私も彼の行動は、出来る限り把握しているつもりだ。
色々と考えたあげく、ひとりの女が浮上する。
……と、いうことは……?!
松山が担当する女とは、彼女のことか……
灯台元暗しとは、まさにこのこと……
これは、私にとっても面白いことになりそうな気がしてきた。



目次へ  第30話へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。