FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曝け出される柔肌






















【第19話】


        
        「おい、見たか? こんな可愛い子を、あの鬼夫婦はどこからかっさら
        って来たんだ?」
        「なんでも養子にとったと聞いているが、これほどの美少女とはな」
        「弥生ちゃんや皐月ちゃんでも相当なレベルだが、遥香ちゃんて言うの
        か。この子を並べると霞んで見えるぜ」
        「それにしてもよぉ、弟の方は目でも見えねえのか。まぁ、これからの
        ことを考えると見えねぇ方が、幸せかもな。ははははっ……」

        お客さん達のざわめきを、ステージに上がって肌で感じた。
        性的な欲求にまみれた視線が、こんなに刺々しいなんて。

        わたしはステージの真ん中で、孝太と並んで立たされていた。
        そのわたしの隣には弥生さんが。孝太の隣には皐月さんが。
        まだ肩を上下させて大粒の汗を滲ませたまま、メインディッシュにされ
        る遥香達のパートナーとして寄り添ってくれている。

        「さあ、お前達。初体験の晴れ舞台だ。お客様に向かって挨拶をしてみ
        せな」

        タキシードの今川から司会の座を奪い取ったお義母さんが、マイクを通
        して指示を与える。
        ステージ横で言い含められた言葉を無理やり思い出させたわたしは、孝
        太の脇腹を突いて知らせると、お姉ちゃんなんだから先に口を開いてい
        た。
        お客さん達を悦ばせるセリフを、金切り声で喚いていた。

        「え~っと……み、皆さぁ~ん、初めまして。市川遥香でぇ~す。17
        才、女子高生していましたぁ。だから今夜は、セーラー服で登場でぇ~
        す。今から、お、オマ○コ貫通の儀式をするけどぉ、わたし、寂しがり
        屋だからぁ、目の前で覗いて欲しいのぉ。バージン失くすところ。うふ
        ふ♪」

        「あ、あぁ……え~っと、ぼ、僕は……」

        わたしがおバカな女の子になり切ると、孝太もおバカな男の子になりき
        っていた。
        お互いに喉を嗄らして、唇の端の口角だけ気持ち悪いくらいに持ち上げ
        て。

        そうしたら、こんなわたし達でも需要はあるの?
        高級スーツを着込んだダンディーおじさんが、何人も手を上げてステー
        ジに駆け上がってくる。
        息を切らせながら車座に囲むと、頬杖突いて覗き上げてきた。

        「それでは残りの皆様は、ステージの前までお越しください」

        今川に誘導されて、出遅れたお客さん達も集まって来る。
        すしずめのステージ下の隙間を縫うように身体を滑り込ませて、床の上
        にアゴを乗せた。
        目線を全てわたしと孝太に集中させている。

        「失礼します」

        お客さん達の移動が終了し、弥生さんと皐月さんがわたしと孝太の前に
        進み出てきた。
        素裸のまま腰を落とすと、居並ぶ視線を引き付けるようにお尻を突き出
        していた。
        楕円形に発達したヒップをグラインドさせる。
        50人近い人達の目線を再び虜にしてみせながら、両腕を伸ばしてくる。

        わたしが履いていた紺色の襞スカートを弥生さんが……
        孝太の学生ズボンを皐月さんが……
        それぞれしなやかな指捌きで取り去られていた。

        だけど二人とも、足元から引き抜いてもしばらく離れようとはしない。
        まるでガードしてくれるようにお尻を揺らせたまま、わたしと孝太を見
        上げてくれている。

        「弥生、皐月。何をしてるんだい。さっさと離れるんだよ」

        そのガードを、苛立ち混じりのお義母さんの一言が打ち破る。
        潤んだ瞳でわたしと孝太に無言のエールを送って、弥生さんと皐月さん
        が脇に控えた。

        「……くぅっ!」

        「……あ、ぁぁ、お姉ちゃん」

        「おぉぅっ! パンティーを穿いてないぞ」
        「くくくっ、まさかノーパンだったとはねぇ。沙希ちゃん、あんよを閉
        じたって割れ目が覗いてるよ」
        「おい、誰かガキのチンチンにも一言コメントを頼むぜ。ははははっ」

        わたしが短く喉を鳴らして、孝太が悲鳴交じりにわたしを呼んだ。
        でもそんな細い声なんて、見境なく飛び交うダミ声に一瞬で掻き消され
        ていた。

        わたしは上半身だけ懐かしい衣装に包まれたまま、弥生さんの姿を探っ
        た。
        遥香の初体験のパートナーが床に寝転ぶのを、霞みそうな瞳で追った。
        そして、皐月さんのアソコを気持ち良くした黒光りするオチ○チンが、
        真っ直ぐに天井を向くのを目撃して下腹部に緊張を走らせる。
        痛いほど注がれる視線なんて全然感じないほど、アソコのお肉に神経を
        集中させる。
        わたしに無断で、遥香の女の子が。

        「弥生の腰を跨ぐんだよ。孝太はさっさと寝転びな」

        しゃがみ込んだお客さんに愛想笑いをしながら、お義母さんが冷たい声
        で命じた。
        その声を聞いた途端、お客さん達が一斉に瞬きを繰り返して、わたしと
        孝太のその後の行為に目を凝らしている。

        「遥香お嬢様、こちらへ」

        冷たい床の上で、仰向けになった弥生さんがわたしを呼んだ。
        身体を伸ばしたって型崩れしない乳房を平然と見せつけたまま、両手で
        組んだ枕に頭を乗せている。

        わたしはふらふらと、陶磁器のように白い身体に近寄っていく。
        お姉さんのように優しい笑みをこぼした弥生さんを見つめて、下半身に
        生えている噛みつかれそうなオチ○チンにも目をやって。

        「はあぁ……んくぅっ……!」

        唇を閉じたまま喉を鳴らした。
        今の想いを短い吐息に混ぜて、下半身に力を込めた。
        ヒザを軽く曲げてツマ先を持ち上げた。太股を大きく開いた。
        弥生さんと目と目を合わせて、恥ずかしい処に冷たい風を感じて、突き
        刺さる視線も意識して、わたしは……遥香は……







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。