FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

触れ合う膣肌~見も心もひとつに……






















【第18話】


        
        じゅにゅ、じゅちゃ……パンッ、パンッ、パンッ……

        「くはぁっ……お姉ちゃん、もっと……あはぁ、もっと、オマ○コ……
        突いてぇっ!」

        「皐月ぃ……んああぁぁぁっっ! オマ○コぉ、突いてあげるぅっ! 
        いいぃぃぃっっ!」

        弥生さんが腰を抜き差ししている。
        お尻の筋肉をへこませながら腰を引いて、ヌラっと光るオチ○チンを曝
        け出して、皐月さんの割れ目に向かってまた打ち込んでいる。

        肉と肉がふつかる音がステージに響いた。
        エッチなお肉が怪しい水音と共鳴して広間にまで拡散させる。

        「ちっ! なんだい、あの腰つきは。終わったら調教のし直しだね」

        隣でお義母さんが舌打ちして罵った。
        弥生さんも皐月さんも、心の中で泣きながら頑張っているのに。
        たくさんの男の人の視線を浴びながら、女の子同士でセックスさせられ
        ているのに。
        アナタは、それでも気に入らないの?
        どうしてそこまで残酷なことが言えるの?

        「あはぁっ……くっ、気持ちいいぃっ! 弥生お姉ちゃんのオチ○チン、
        感じるぅっ……」

        「私もよぉ、皐月……突くだけで、くふぅ……子宮が揺らされて……ふ
        わぁぁっっ」

        弥生さんの腰運動が次第に早くなっていく。
        腰を振るたびに豊かなオッパイも揺らせて。
        ショートカットのうなじからは大粒の汗も飛ばして。

        それに合わせて、皐月さんの腰も動いていた。
        リズムよく挿入されるオチ○チンに合わせて、突き出したお尻を押して
        引いて。
        湧き出してくるエッチなお汁を潤滑油に、割れ目のお肉を絡みつかせて。

        「お姉ちゃん、僕なんだか……」

        孝太が股間を押さえ込んでいる。
        両手で大切な処を覆ったまま、女の子から女に変わった彼女達の吐息に
        耳を傾けている。

        だけどそんな孝太を咎めたりできない。
        わたしだって、そうだから。さっきから胸の鼓動が早くなって、太股ど
        うしを何度も捩り合わせているから。

        「ああぁ、お、お姉ちゃん……皐月と一緒に……」

        「くぅ、ふわぁ……ええ、一緒よぉっ……私と皐月はいつもぉ……はあ
        ぁっ」

        喘ぐような二人の息遣いが荒く激しくなっていた。
        お腹の中に太いディルドが埋まっているのに、男の人になった弥生さん
        は、ラストスパートみたいに腰を打ちつけていた。
        その腰使いを皐月さんは受け止めて、その刺激を無駄にしないように大
        人の女に徹している。
        身体を心を、エッチ色に染め上げていく。

        じゅぶ、じゅぶ、じゅぶ……ずにゅ、ずにゅ……パンッ、パンッ、パァ
        ーンッ!

        肉音と水音が、頂点を極めたように鳴り響いた。そして……

        「あふっ、はあぁ……皐月ぃ、いぃっ、イク……イキ……ます、あくぅ
        ぅぅっっっ!!」

        「わぁ、わたしもぉ……弥生もぉ、イクぅ……イキます、イッちゃうぅ
        ぅっっ……はあぁぁっっっ!!」

        まるでハーモニーを奏でるように、二人の哀しい合唱がコダマする。
        皐月さんの背中がバウンドするように跳ねて、両肩を痙攣させた弥生さ
        んがその上に圧し掛かっている。

        絶頂しちゃったんだ二人とも。
        女の子どうしでセックスさせられてイッちゃったんだ。
        悪魔たちに命じられて、目を血走らせた男達を満足させるために。



        「それではお待たせしました。今夜のメインディッシュイベントを行い
        たいと思います。新たに黒川家ご子息、ご令嬢になられましたお二人に
        よる、筆おろし、水揚げの儀式でございます。皆様、盛大な拍手でお迎
        えください」

        そして悪魔の手先の男が、わたしと孝太の出番をアナウンスした。
        皐月さんと繋がったままの弥生さんのお尻をピシャリと音を鳴らせて叩
        くと、男達のボルテージを更に引き上げていく。

        「いよいよだね、遥香、孝太。お前達の頑張り次第で後のイベントが変
        化するからね。まあせいぜい客達に媚びて、未熟な性技でも披露するん
        だよ」

        「はい! お義母さん」

        わたしは孝太と揃えて、切れのある返事をした。
        だけど、頑張れってなにを?
        イベントが変化するってどういうこと?

        本当は知っている。
        わたしも孝太も、応接室に呼び付けられた時に聞かされているから。

        もしも男達の性欲を満足させられなかったら?
        不満のブーイングで広間が埋め尽くされたりしたら?

        その時は、わたしや孝太だけじゃないの。
        弥生さんや、皐月さんにもひどいことをするって。
        女の子3人と男の子1人で、ここに集まっている50人の男達とセック
        スさせるって。
        大切な処だけではとても足りないから、お口で咥えさせられて、お尻の
        穴まで使わせるって。

        堂々と先導を切って、お義母さんがステージに上がっていった。
        SMの女王様気取りの衣装のまま、ちょっぴり白けたお客さん達に愛想
        を振り撒いている。

        わたしは、これが孝太との最後のお別れみたいに抱き締めてから、その
        後を追った。
        脂ぎった顔の脂ぎった音色の拍手に迎えられながら、女の子の証を意識
        させたまま。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。