FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極太ペニスバンドで繋がる姉妹愛






















【第17話】


        
        「おいおい! あんな太っといの、ホントに入るのかよ?」
        「弥生ちゃんのオマ○コ、壊れちまうぞ」

        ステージの下まで摺り寄っていたお客さんの間からも、期待半分以上の
        驚きの声が漏れる。
        そして数少ない心配症の声を打ち消すように、今川が軽快な声で説明す
        る。

        「皆様、ご心配には及びません。このディルドは直径60ミリの硬質ゴ
        ムで出来ておりますが、弥生嬢のオマ○コは何ら問題ありません。確か
        に調教を始めた頃は、極太なディルドに泣かされておりましたが、今は
        この通り気持ちいい声で鳴いております」

        「はぁ~い、心配をかけたようでごめんなさい。弥生はこのディルド君
        でないと、オマ○コが感じないんです。だって変態ですから」

        「なぁーんだ。心配して損しちゃったな」
        「ホントホント。性処理接待している娘なんだし、オマ○コなんてガバ
        ガバで当たり前だよな」
        「そうそう、自分で変態なんていうスキモノだからな。ははははっ」

        今川の説明を間に受けた顔をして、お客さんが笑った。
        弥生さんが微かに覗かせた哀しい笑顔を、みんな無視して自分達の性欲
        のために盛り上がっている。

        嘘よ! そんなの弥生さんの本心じゃないのに。
        弥生さんの内股が震えているのを見れば気付くはずなのに。

        卑怯なわたしは、声も立てずに叫んでいた。
        孝太の手を痛いほど握り締めているのに、何も出来ずに照明の当てられ
        たステージに視線を送り続けていた。

        「ほら見てごらん。弥生のオマ○コにディルドが埋まって……ふふふ」

        わたしは漂う香水の匂いも忘れていた。
        SM女王の存在を忘れていた。
        お義母さんだけじゃない。手を繋いでいるのに孝太のことも忘れかけて
        いた。

        男達に向けて、半オクターブ声音を高めた弥生さんが「ディルドを挿入
        しますね」って。
        丸い筒型を握る指と指が全然届いていないのに、それを股の間に移動さ
        せて。
        ステージの下でお客さん達が小競り合いしながら見上げているのに、ヒ
        ザをくの字に曲げてガニ股の姿勢を取って、恥ずかしい割れ目のお肉を
        全部晒して。
        両手の指で固定したお化けディルドを持ち上げていく。
        即席の笑顔を維持できなくて、天井を仰ぎ見てごまかしながら、膣の中
        へと一気に挿入させる。

        「あぁっ! はあぁぁっっ! み、見てぇっ……弥生のオマ○コにぃ、
        ディルドがぁ……はいってぇ……ふあぁぁっっ」

        もうとっくに入れ終わっているのに、弥生さんの声が鼓膜にひっついて
        離れてくれない。
        いくら赤ちゃんが産まれてくる穴だからって、勝手に拡張したらいけな
        いのに、その瞬間、お客さんの間から拍手が起こって、それもオマケみ
        たいに耳にひっついて。

        「お客様、皐月の未熟なオマ○コも見てください」

        ステージの上では弥生さんに代わって、皐月さんが腰を屈めていた。
        両手をヒザに押し当てて高々とお尻を掲げて、足の裏を滑らせる
        ようにして股を開いてみせている。
        そして薄らと傷痕の残るヒップを晒したまま、身体の向きを変える。
        右のお客さんにも左のお客さんにも、恥ずかしい処を観賞してもらえる
        ようにサービスを繰り返している。

        「皐月、もう……いいわ」

        そんな皐月さんの痴態に、弥生さんがストップをかけた。
        決してお客さんには届かない優しい声で囁くと、足を引きずるぎこちな
        い歩様のまま皐月さんに近付いていく。

        まるで男の人みたい。
        胸の膨らんだ女の人の身体なのに、弥生さんの下腹部だけは男性そのも
        のだった。
        お義母さんはあれで標準なんて笑って言ってたけど、本当にそうなの?
        初めて見た孝太のよりも遥かに大きなオチ○チンの模型が、天井を向い
        てそそり立っているから。

        「皐月……好きよ……」

        「弥生お姉ちゃん……わたしも……」

        その言葉の往復が合図だった。
        馬跳びの姿勢を保つ皐月さんの背後に、弥生さんが移動する。
        両腕を伸ばして皐月さんのウエストをガッシリと掴むと、生やしたての
        オチ○チンで彼女の割れ目を探った。

        「……んんっ、はあぁぁぁ」

        揺れるだけで身体の芯まで響くのよね。
        弥生さんがくぐもった声を吐いた。
        そのまま皮のベルトが喰い込んだお尻をぐっと前に押し出すと、今度は
        皐月さんが呻くように押し殺した声を漏らした。

        「あはぁっ……入って……くるぅ……オマ○コにぃ、お姉ちゃんのオチ
        ○チンがぁっ!」

        まるでお腹の中のモノが押し出されるように、皐月さんの背中が上向き
        に反った。
        膣の奥にまでオチ○チンが挿入されたことを示すように、腰を密着させ
        た弥生さんも上半身を仰け反らせていた。

        「んはぁっ! 皐月のオマ○コぉ、感じるぅ……私もぉ、いいぃっ!」

        弥生さんが叫んで、皐月さんも負けないくらい大きな声で叫んで。
        姉妹だからきっと仲はいいと思う。
        両手で持ちきれないほどのたっぷりとした愛情だって有ると思う。
        でも、わたしは違うと思う。
        こんな繋がり。こんなセックス。
        彼女達だって全然望んでなんかいないと思う。

        「いいぞぉっ! ほら、ピストンやれぇっ!」
        「弥生ちゃーん。オマ○コにオチ○チン挿したままだと、セックスは終
        わらないよぉっ!」
        「早く、妹の皐月ちゃんを犯してみせてよぉっ!」

        そうよ。心ない野次が、彼女達を追い詰めているんだ。
        スーツを着て立派な格好をしただけのどうしようもない人達が、こんな
        哀しいショーを誕生させてるんだ。
        隣で薄笑いを浮かべている悪魔達を利用して。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。