FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後の憂鬱   第7章 無邪気な悪魔・前編(3)


  
                                          


【第7章 (3)】



        
        「・・・・・」

        まだ黙ったままの藍に、
        「・・まぁ、気をつけろってことだ。さぁ、そろそろ着くぞ。」
        と岸田はこの話題を打ち切るように言った。

        「ああ、ここでいい。その辺で止めてくれ。」

        岸田が運転手にそう言うと、タクシーは細い路地を入ったところで止ま
        った。
        二人はタクシーを降り、少し歩いてある灰色の小さなビルに入っていっ
        た。

        狭く薄暗い階段を上ってゆくと、「Y・PhotoSpace」と薄汚れ
        た看板の掛かっている部屋があった。
        岸田はノックもせずに無造作にドアを開け、中に入った。

        藍もその後ろについて中に入った。が、その直後、背筋を冷たいものが
        走った。
        狭い事務所に机があり、そこにはカメラマンの吉田が座っていた。

        「おう! まだ生きてるようだな?」

        岸田が無作法な挨拶を吉田にすると、「おかげさまでね。」と吉田が答え
        た。
        そしてすぐに吉田は藍に話しかけてきた。

        「藍ちゃん、この前はどうも。いや~こないだの写真、先方には結構評
        判良くってね。」
        「・・・そうですか。」

        藍は少し不機嫌な様子で返事をした。

        この前の写真・・同級生の吉田が持っていたあの写真・・
        ちゃんと処分してくれるはずだったのに・・
        あの写真のせいで、酷い目に・・・

        藍の脳裏に、吉田たちから受けたあの辱めの記憶が浮かび上がった。身
        体が震えていた。

        「さて、早速だが、今度の写真集のカメラマン、あんたに頼もうと思っ
        てね。」

        岸田は吉田にそう言うと、吉田がすぐにへつらうような感じで答えた。

        「そうこなくっちゃ! お願いしますよぉ~」

        藍はそのやり取りを聞き、ぞっとした。また吉田に写真を撮られる・・
        それが水着姿なんて・・

        「おっと、これは気がつきませんで。お茶でも入れますよ。へへへ」

        そう言うと吉田はにやにやしながら奥へ消えていった。

        「・・・岸田さん。」

        藍は吉田が部屋からいなくなったのを見計らって、岸田にこの前の写真
        の件を伝えようと思った。
        吉田ではない、別のカメラマンを頼みたかった。

        「ん? どうした?」

        岸田は藍のほうを向き、答えた。

        「・・カメラマン、吉田さんなんですか?」
        「ああ、そうだ。」
        「別の人に・・なりませんか?」
        「ん、どうして? 吉田はなかなかセンスがいい。少なくとも腕は有名
        な狩野なんかより上だぞ。なにか不満か?」

        藍は少しためらっていたが、思い切ったように話し始めた。

        「・・この前のCMの写真・・吉田さんだったじゃないですか。」
        「ああ。そうだったな。」
        「あの時の写真、誰にも見せないで処分するって言ってたのに・・」

        そこで恥ずかしさがこみ上げてきて、口篭もってしまった。岸田がきょ
        とんとして藍に聞いた。

        「言ってたのに、どうした?」

        藍はうつむきながら小声で、
        「・・同級生が・・持ってたんです。あの写真。」




※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ    第7章(4)へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。