FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淫獄の幕開け






















【第15話】


        
        メモに記された運命の日は、それから3日経って訪れた。
        再びあの応接室に呼ばれたわたしと孝太は、お義母さんから儀式の中身
        を教えられた。

        まるでデジャビュのようにお義父さんと並んで座って、相変わらずワイ
        ングラスを片手に掲げて。
        お義母さんは、ねっとりとした口調で焦らすように話しかけてきた。
        わたし達の怯える表情を愉むために。
        哀しみに暮れる表情に
        悦を感じ取るために。
        だってこの人達は、悪魔の一員だから。

        「お前たち、分かっておいでだね。今度バカなことをしたら、鞭でなめ
        す程度じゃ済まないからね」

        「は、はい……もう逃げたりしません。お義母さんの言われた通りに……
        せ、セックスします」

        「ぼ、僕もです。お義母さん。ふ、筆おろしのこと……よろしくお願い
        します」

        顔を真っ赤にして見せて、恥じらいも浮かべて、わたしと孝太は俯き加
        減で返事をした。
        その顔と仕草にニンマリとする二人連れに、わたしは絨毯をキッと睨み
        つけて胸の中でだけ毒づいていた。

        (これで満足なんでしょ! 自分達の子供に引き取った娘と息子を辱め
        ていたぶって、それがアナタ達には快感なんでしょ!)

        言ってあげた。でも届いてなんかいない。
        だって今のわたしに出来るのはこれくらいだから。
        遥香のバージンだけじゃない。孝太の初めてまで奪おうとする悪魔達に
        は、口で言い返したって無駄だって負け惜しみを込めて思うから。



        容赦なく時計の針は回転して、辺りは暗闇に包まれる。
        きっと忘れられない運命の時間が迫っていた。

        いったい、何人くらい集まっているんだろう?
        わたしはステージの袖から顔を覗かせて、ざわついている大広間を探っ
        た。
        そして、見なければ良かったって後悔した。

        この屋敷に、料亭のような大広間まであるのも驚き。
        だけど、ざっと見まわしただけでも50人はいる男の人の集団にはもっ
        と驚かされていた。
        平凡なサラリーマン風の中年男性から、ぱりっとスーツを着込んだ白髪
        混じりのダンディーなおじさんまで。

        お義母さんの話によると、お医者様にお役所の偉い人。選挙で選ばれた
        人に、ふざけないでよ! 学校の校長先生まで。
        みんな、市川家のビジネスに協力してもらうために招待しているって。

        そんな責任のある肩書を持った人達なのに、みんな揃って座布団の上で
        胡坐座りして。
        1段高いステージでまもなく始まるショーに、期待する視線を集中させ
        て。

        「孝ちゃん、お尻はまだ痛むの?」

        「うん……ちょっとね。だいぶ、マシになったけど……」

        うんざりして顔を引っ込めたわたしは、さり気なく聞いたつもりだった。
        でも頭の中は、これからのことでパンクしそうなくらい張り詰めている。
        たぶんそれは、孝太も同じだと思う。

        まさか遥香の初エッチが、男の人と二人っきりの個室から見せモノみた
        いなショータイムに変身するなんて。
        それも、わたしが意気地なしだったために、孝太まで巻き込んで一緒に
        セックスショーをさせられるなんて。

        『ごめんね』の単語は封印したつもり。
        でもね、頭の中では連呼し続けているの。
        孝太のお相手をしてくれる皐月さんにも『ごめんね、孝太を頼みます』
        って、お詫びとお願いを続けているの。
        今だってずっと……



        「え~っ、皆様、大変長らくお待たせしました。ただいまより市川家主
        催、夜の宴を開催いたします」

        わたしと孝太を掴まえた今川っていう男の人が、ステージの上で挨拶を
        始めた。
        まるでマジシャンのような白いタキシードに身を包んで、右手をステー
        ジの脇に向ける。

        「ほら、弥生、皐月出番よ。少しでもミスしたらお仕置きが待っている
        からね!」

        SMの女王様のように、ボンデージ衣装を身に着けたお義母さんが、弥
        生さんと皐月さんを軽く睨んで薄く笑った。
        わたしと孝太に恥ずかしい綱引きをさせた同じ表情で。
        露出気味な衣装から鼻に突く香水臭を漂わせて。
        白い肌を晒した彼女達をステージの中央へと追い立てていく。

        その途端、「おぉぅーっ!」って喚声が湧き上がった。
        孝太がそのどよめきに顔を向けようとして、わたしが手を引いて牽制す
        る。

        「まず登場いただいたのは、市川家メイドでありながら、性処理接待も
        受け持つ美しき姉妹。弥生嬢と皐月嬢にございます。
        え~っ、本日ご参加された殿方の何人かは、既に夜の性奉仕などでお見
        知りおきかと存じますが」

        今川の媚びた物言いの説明に、ほくそ笑む男達。
        でも、並んで立たされている弥生さんと皐月さんは、身動きひとつさえ
        許されていない。
        ビキニと呼んでいいのか分からない卑猥な水着姿のまま、両手を頭の後
        ろで組んで惨めなポーズを取らされている。

        弥生さんはピンク色。
        皐月さんは水色。
        彼女達が身に着けているのは、乳首だけを辛うじて隠している紐のよう
        なブラジャー。
        それに大切な割れ目にもお尻の割れ目にも深くきつく喰い込んだ、やっ
        ぱり紐にしか見えない恥ずかしすぎるショーツ。

        きっと海辺で男を漁っているエッチなお姉さんでも、こんな格好を見た
        ら赤面すると思う。
        でも弥生さんも皐月さんも、好き好んでこんな姿を晒しているわけじゃ
        ない。
        たぶんわたし達と一緒。理不尽な脅迫を受けて参加させられているんだ。
        こんな淫らなショータイムに。

        「それでは今夜のメインディッシュの前に前菜と致しまして、息の合っ
        た姉妹によるレズ&セックスショーをお見せ致します。弥生、皐月、お
        客様にご挨拶を」

        今川の紹介に、弥生さんと皐月さんが目と目を合わせた。
        捕虜にされた兵隊さんみたいに両手は頭の後ろにひっ付けたまま、1歩
        2歩と前に進んで今川の横に並んだ。
        ほっぺたを赤く染めて両目を哀しく泳がせたまま、口の周りの表情筋だ
        け緩める。
        立っているだけでも淫らなのに、腰を左右にくねらせながら唇を開いた。

        「皆様、初めまして。市川家で性処理接待をしています弥生、20才で
        す」

        「同じく性処理接待をしている皐月、17才です」

        「今から私達が愛し合っているところをお見せしますので、皆様もどう
        かオチ○チンを扱きながら観賞してくださいね」

        「皐月も弥生お姉ちゃんも、オマ○コをいっぱい濡らしてエッチします
        から期待してくださいね」

        弥生さんのしっとりした口調が途切れると、バトンタッチするように愛
        くるしい皐月さんの声が続いた。
        女の子が口にしてはいけない単語も、戸惑いなんか見せたりしない。
        弥生さんも皐月さんも、ちょっぴり艶めかしい表情まで作ってサービス
        している。

        だからって彼女達が淫乱なわけない。
        だって遥香は知っているもの。
        わたしの隣でSMの女王様気取りのお義母さんが、腕組みして監視して
        いるから。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。