FC2ブログ

養女のたしなみ? 切り裂かれた衣装






















【第7話】


        
        「寝付けないの? 孝ちゃん」

        「うん……お姉ちゃんも?」

        「そうかも。今日は色んなことが有りすぎたから……」

        わたしは曖昧に言葉を濁すと、真黒な天井を見上げていた。
        目を閉じて映る闇よりももっと暗い、吸い込まれそうな空間をじっと見
        つめていた。

        1段高いベッドの上では、孝太がわたしの布団に包まっている。
        わたしはというと、孝太の部屋から持ち出した布団を床に敷いて、その
        上に寝そべっていた。
        掛け布団をグルグル巻きにして。
        薄い布一枚に覆われた肌をゴワゴワした布地に押し付けて。

        たぶん、孝ちゃんは知らないと思う。
        わたしがどんな姿で、あなたと会話してるかなんて。
        ううん、遥香がどんな格好で布団に包まっていたって、孝ちゃんは気に
        してはいけないから。
        たとえわたしが、スケスケのネグリジェ1枚で孝ちゃんの傍にいたって。
        ブラもパンツも全部取り上げられて、おっぱいもアソコもお尻を晒した
        まま、仰向けに寝ていたって。布団を一枚挟んだだけで。



        ほとんど喉を通らなかった食事を終えて部屋に戻ったわたしは、旅行カ
        バンのファスナーが開けられていることに気付いた。
        そしてベッドの上には、変わり果てた姿にされた着替えが丁寧に畳まれ
        て並んでいた。

        ジーンズは、お尻のお肉まで覗けそうなホットパンツに。
        ヒザ丈だったスカートは、弥生さんの着ていたメイド服みたいに超ミニ
        スカートに。
        ブラウスもTシャツも袖を切断されて、肩口まで露出するように。
        でもそれ以上にショックだったのは、胸の膨らみを狙うようにして開け
        られた二つの丸い穴。
        これじゃ、遥香のおっぱいが見えちゃう。もちろん、乳首だって。

        いったい誰がこんなことを……?!
        そんなことは、考えなくたって分かっている。
        お義母さんに決まっている。

        あの時、脱衣場で弥生さんに……
        『弥生、お前は下がっていいよ。ああ、そうだ、後の段取りは分かって
        いるね?』って。

        ポーカーフェイスだった弥生さんの瞳が、哀しそうにわたしを見たのが
        気にはなっていた。
        でも、それがこんなことだったなんて……

        わたしは茫然としたまま、刻まれたワンピースの上からスカートを腰に
        当てた。
        お義母さんのハサミ使いより滑らかに切断された裾を指で撫でて、その
        指の背中が恥ずかしい割れ目の先端にも触れて。
        ホットパンツにされたジーンズも押し当てた。
        Tシャツもブラウスも……

        「う、ううぅぅっっ……グス、グスン、グスン……」

        我慢してたのに、涙が零れてきた。
        抵抗なんて出来ないのにメチャクチャにされた遥香の洋服を見てたら、
        鼻の奥がツンと痛くて、我慢してたのに喉の奥で声帯が震えた。

        でも大丈夫よ、遥香。ここには孝ちゃんはいないから。
        あの子はひとりだけで、廊下を挟んだ向かいの部屋にいるから。
        それに男の子の孝太の着替えはいじられていない。
        それだけが救いだから。



        いつのまにか、ベッドの上からは安らかな寝息が聞こえてきた。
        時々ベッドを軋ませながら、それでもリズム良く繰り返される呼吸の音
        に、胸のつっかえ棒がひとつ外れる気がした。

        だけどわたしは眠れない。
        目を瞑るのが怖かった。
        とっても疲れているはずなのに。今日一日で遥香の女の子がボロボロに
        されたから。
        まぶたを閉じれば、思い出したくもない光景がいくつも蘇ってくるから。
        今まで見てきた怖ろしい悪夢よりも残酷な現実を、平気で実現させる人
        達が顔をニヤ付かせながら近寄ってくるの。

        「どうなっちゃうの? これから……」

        わたしは真っ暗な闇に訊いた。
        そうしたら遥香の両耳が、シンと静まり返った部屋の空気を伝えた。
        これが今の答えだって。
        そして未来を予測するヒントを与えるように、遥香の鼓膜が微かな声を
        拾った。
        次第に大きく自己主張するように、耳元にまで届けにくる。

        「んんあぁぁっ……ああっ、きもちいいですっ! おじ様の……硬くて
        太くて、さぁ、皐月は、はあぁぁぁぁっっ……」
        「くぅぅぅっ、むぅぅぅっ……弥生ぃ、感じちゃうぅっ! お客様ぁ……
        バイブでぇ……突いてぇ……もっとぉ、ふあぁっ……」

        弥生さんと、皐月さん……だよね?
        鼻に掛った声で、上ずった声で……何をしてるの? エッチなことだよ
        ね? 

        孝太が寝付いた頃から、その声は届いていた。
        だけど、今までずっと聞こえてたのに聞こえないフリをしていた。
        だってこれ以上受け入れたら、遥香の頭が破裂しそうだったから。
        現実逃避もありかなって。

        きっと弥生さんと皐月さんは、セックスとかエッチなことをさせられて
        るんだ。
        その声を聞いたら、女の子が何をしているのかくらい遥香だって分かる
        もん。
        遥香はまだバージンだけど、友達とこっそり覗いたエッチなビデオを観
        賞して、初体験の予行演習は終了してるもん。

        本当なら、こんな声を聞かされて平然と寝ているなんて、どうかしてい
        ると思う。
        でもわたしだって、男の人を挑発するような衣装で布団に包まっている
        し、お義母さんやお義父さんを見てたら、この屋敷はこういう所なのか
        なって。
        心のどこかで納得しているんだと、そう思う。

        わたしは全然寝付けないまま、ベッドの上でスヤスヤと眠る孝太を見上
        げた。

        孝ちゃんは、どんな夢を見ているのかな?
        友達のこと? それとも、お母さん? もしかして……わたし?
        せめて夢の中だけは、大好きだった人達に囲まれた
        幸せな冒険をしてね。
        まぶたを大きく開いて、心の目に映る楽しい光景を記憶の片隅にキープ
        して。
        もし目が覚めても、その時は安心なさい。
        お姉ちゃんが、孝ちゃんの両耳は塞いでいてあげるからね。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。