FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

援交ブルース 第15話



  
                                          


【第15話】


        
        風呂マットにあぐら座りをした車井山さんは私に「おいで、おいで」を
        している。
        私は少し照れながら車井山さんの膝の上にまたがった。
        車井山さんの肩を手を置いて、ゆっくりと腰を沈めていく。
        真下にはギンギンに硬直したオチンチンが待ち構えている。
        オチンチンが敏感なところに触れた。

        (あれ……?)

        目標よりも少し横にずれてしまって大陰唇に当たってる。

        (やぁん……)

        車井山さんはもう一度試みた。
        でも今度も入らなくてクリトリスに当たってる。

        「あ~ん…そこじゃなくて……」

        (でも、クリを擦られるのってすごくいいかも……)

        「ああ、ごめん、ごめん」

        車井山さん、何かわざと焦らしているみたい。
        ダイレクトに入ってくるより、少し焦らされる方が期待感が高まってワ
        クワクするかも。
        車井山さんは私のお尻を抱え、オチンチンを穴にあてがった。

        (三度目の正直?)

        (ズンッ!)

        (きゃっ!今度はいきなり~!?)

        硬くなったオチンチンが私を貫いた。

        (ああっ…!)

        (グググッ…ズニュッ!)

        一気に奥まで入って来た。

        (ああっ!すごい~~~!)

        堪えていたけど、つい声が出てしまった。

        「あぁぁぁ~…車井山さぁん~……す、すごく硬い~……あぁ、あぁ、
        あぁ~…車井山さぁん~……」
        「ありさちゃん!」

        (グジュグジュグジュ、グジュグジュグジュ)

        「はぁ~ん!すごくいい!あぁん!いい~!すごくいいの~!」
        「はぁはぁはぁ~…」
        「ありさを愛して!いっぱい愛して!」
        「ありさちゃん!」
        「あぁん~、ありさ、車井山さんが大好き~!だから、だから、いっぱ
        いいっぱい愛して~」
        「はぁはぁはぁ~ありさちゃん、大好きだよ~」
        「あぁん~、車井山さぁん…あぁん、あんあん~、すごくいいよぉ~
        ……」

        (ズニュズニュズニュ、ズニュズニュズニュ、ズンズンズン、ズンズン
        ズン!)

        痛いくらいに強く抱きしめられて、真下からの激しい攻撃の前に、また
        たく間にメロメロになってしまい、訳の分からない言葉を口走っていた。

        「はぁ~ん、あぁ~、すごい~、はふぅ~ん、あぁ、もうだめ~、いや
        ぁ~ん…ああ、あぁ~~~~~!」
        「はぁはぁはぁ~…ありさちゃん!」

        車井山さんは私の髪をやさしく撫でながら、首筋に時折熱い吐息を吹き
        かけてくる。
        エッチしながら敏感な場所に息を吹きかけるって最高にいい。
        だって、ありさ、首筋すごく感じるんだもの。
        でもそれが、わざとなのか、偶然なのかはよく分からない。

        その頃ふたりとももう汗びっしょりになっていた。
        私の身体が上下動する度に、車井山さんの汗が私の乳房にポタリと落ち
        てくる。
        嫌いな人とならキモイけど、大好きな人とならふたりで汗まみれになっ
        たって全然構わない。

        「ありさちゃん、両足を僕の肩に乗せてみて?」
        「え?足を肩に乗せるの!?」

        車井山さんが言うとおりに、私は車井山さんと向き合って座り、車井山
        さんの肩の上に両足をかけた。

        「なんかすごい格好……」
        「うん、それでいい。これでありさちゃんのおまんこが完全に拝めちゃ
        う。ははははは~」
        「いやぁ~ん、そんな恥ずかしいこといっちゃぁだめぇ……」

        のちにこれが『帆かけ茶臼』という体位だと知らされたが、その時はよ
        く分からなくて無我夢中で車井山さんの指示に従っていた。
        お互いに結合部が見えるのですごくエッチだし、オチンチンの挿入角度
        が膣の前壁を刺激するので彼が私を引き寄せた時の摩擦が半端じゃない。
        結合部を見ながらエッチするってこんなに恥ずかしかったとは……
        でもすごくいい。車井山さんがピストンを繰り返すと、あまりの気持ち
        よさに私は半泣きになっていた。
        さらに拍車を掛けるかのように、車井山さんがエッチな言葉をささやく
        んだもの、私はもうメロメロ……

        「ありさちゃん、さあ、入っているところをしっかり見てごらん……も
        うぐちょぐちょになってる……」
        「いやぁ~……恥ずかしい……」

        恥ずかしい反面、見たい気持ちもある。
        好奇心がムクムクと首をもたげた私は、思い切って結合部を覗いてみた。

        (うわぁ~!すごい!オチンチンが入ってる~!自分の所に出入りして
        いるのを見るって初めてかも……)

        目を丸くしている私を、車井山さんは見て笑っている。

        「どう見えた?」

        ほんの一瞬車井山さんの方を見たが、恥ずかしくなって顔を背けてしま
        った。
        車井山さんと視線を合わすことを避け小さくうなずいた。

        「うん……」
        「はぁはぁはぁ…挿入シーンを見るのはやっぱり恥ずかしい?」
        「うん、恥ずかしい……」
        「はぁはぁはぁ…今、かわいいありさちゃんと一つに繋がっているだね。
        最高の気分だよ」
        「あぁん…ありさ、すごく嬉しい……」

        (ズンズンズン、ズンズンズン……)

        「あぁぁぁ……いい……すごくいい……」
        「僕もだよ~…」




この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




目次へ    第16話へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。