FC2ブログ

放課後の憂鬱   第6章 スタイリスト・後篇(2)


  
                                          


【第6章 (2)】



        
        「そう・・そのまま、ジッとして・・・」

        真里は言いながら、藍の後ろに回り込んだ。手を伸ばして、藍の手首に
        そっと触れると
        「そのままよ。・・目を閉じたまま、背伸びしてくれる?」

        藍が素直に、クッとつま先立ちをしたその時だった。

        「あっ!? ナニ??」
        藍の手首に、何か冷たい物が触れた。

        「えっ? あっ? ああぁっ!?」

        驚いて目を開くと、何時の間にそこにあったのか、天井の両端から降り
        ている鎖に付けられた枷が、手首にはめられていた。
        真里が藍の手首から、手首を拘束した枷から手を放し、壁際に行って何
        かのスイッチを押した。

        「あああぁぁっっ!!」

        藍が驚いて悲鳴を上げた。
        鎖が両方とも、音もなく天井に引き込まれて行く。
        藍は両手を万歳のように斜め上に引かれて、辛うじてつま先立ちの不安
        定な姿勢のまま揺れているのだった。

        「・・真里さん、なんで、あたし・・どうするの?」

        藍は真里に泣きそうな声で尋ねた。

        「あんまり動くんですもの。だから動けないようにしてあげたの。」

        真里は冷たくそう言うと、水着の上から藍の片方の乳房を力いっぱい握
        った。

        「あっ! い、痛いっ!」
        藍は思わずそう叫ぶと、真里はおもしろがってもう片方の乳房も握り締
        めた。

        「い、痛い! 真里さん、やめて!」
        藍はそう訴えたが、真里は聞く耳を持たなかった。

        「ちゃんと仕事の出来ないコはお仕置きしなきゃ、ねっ?」
        真里は今までの柔和な顔を一転させ、怖い顔でそう言った。

        藍は真里の顔つきが変わったことと、自分が動けないことでいっそう不
        安を募らせた。

        「わ、私に何をするんですか?」

        藍は怯えた様子で真里に聞くと、「そうね、まず藍の身体、どこが感じる
        のか調べようかしら・・」とねちねちした声で真里が答えた。

        そして水着から突き出ている乳首を強く摘むと、思い切り引っ張った。

        「ぎゃあぁぁぁ!」

        藍はそのあまりの痛さに絶叫した。
        しかし真里はやめることなく、両方の乳首を次々と引っ張った。

        「痛そうね?・・でもその割には、乳首が勃ってるわよ? どうしてか
        しら・・」

        真里は意地悪そうに藍に言った。
        言いながら、更にちぎれるほど強く乳首を引っ張った。

        「あっ、ああぁっ! 痛い! 痛いぃぃぃ!」

        しかし、藍はその耐えがたい痛みの中に、全身に電流のようなものが走
        る感覚を覚えていた。

        (あぁ、い、痛い・・けど・・何かヘン・・)

        「さぁ、そろそろこっちよ。」

        そう言うと、真里の右手が藍の脇腹を撫でながら、水着のボトムへと降
        りていった。

        「あっ、ひっ、ひゃああぁぁっっ」

        藍はたまらず、吊られた不自由な身体をくねらせていた。
        しかし真里が爪を立てて、水着の、足の付け根のラインをなぞり始める
        と

        「ああぁぁぁぁぁっ! や、やめてぇぇぇ!」
        藍の全身にもっと強い快感が走り、思わずそう叫んでいた。

        真里は薄い水着にくっきりと浮き出ている藍の秘部に爪を立て、這わせ
        た。




※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ    第6章(3)へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。