FC2ブログ

アナタの寝息を耳にしながら、綾音は感じているの






















【第2話】


        
        「むぐうっ……は、はあぁぁっっ……」

        綾音は、差し込んだ右手を太股で挟み込んでいた。
        吉貴の寝息を背中に受けながら、次第に昂ぶる快感を更に高めようと指
        を小刻みに前後させる。
        指先をカギ状に曲げて、膣ヒダを引っ掻くように突き上げていく。

        ミシ……ミシ……と、ダブルベッドか微かに軋んだ。
        清めたはずの女の部分からは淫水のフェロモンが湧き立ち、恥肉を嬲る
        指先が淫らな水音を奏でている。

        (綾音って、いやらしい女。昨日もこっそりオナニーして。その前の日
        も。そのもうひとつ前の日だって。でも、自分でアソコを慰めてあげな
        いと眠れないの。割れ目の中がジンジンして、エッチな刺激を求めてく
        るの)

        吉貴は綾音にとって勿体ないほどの良く出来た夫だった。
        結婚して2年。一家の主としての真面目な仕事ぶりもさることながら、
        家庭生活においても、綾音に優しく接してくれている。
        深夜に行われる夫婦の共同作業も、同じくである。
        夫婦のスキンシップを高めようと、ほとんど毎日のように綾音の身体を
        愛してくれているのだ。
        だが、その愛し方には少々問題があった。

        毎夜、仰向けに寝転んだ綾音に覆い被さると、亀裂に添って2、3分、
        指をくちゅくちゅっとするだけでペニスを挿入させる。
        そして、スタートからラストスパートのように腰を突き動かし、ものの
        3分で射精して終わり。
        余韻を愉しむ間もなく、本人は眠りに付くのだ。
        要するにセックスが淡白なのである。

        綾音自身も、新婚の頃はそんな単調なセックスで満足していた。
        女子高、女子大と、同性だけに囲まれて学生時代を送った彼女は、社会
        人になり職場で知り合った吉貴と結ばれるまで、男を知らなかったのだ
        から。
        けれども今年で26才になる成熟した肢体は、吉貴とのセックスを重ね
        るたびに不満を持ち始めていた。
        知らず知らずに開発されていく綾音の肉体が、更に濃厚なセックスを求
        めるようになっていたのである。

        (だから今夜だって、恥ずかしいのを我慢して話してあげたのに。その
        ……オ、オチ○チンって。口にした時は、顔が火傷するくらい熱くなっ
        て、それで……綾音のアソコもキュンとなって……やだ、思い出しただ
        けで、またお汁が……)

        くちゅ、くちゅ、ぐちゅう、ぐちゅぅ……ずにゅゅぅぅ……

        「んんっ……ふむうぅぅっっ、はん、はむぅっ!」

        指のペニスが動きを速めていく。
        中途半端だった官能の炎が、下腹部全体に燃え広がり、背筋を気持ちい
        い電流が駆け昇っていく。

        綾音は口を覆っていた左手を枕に置き換えると、右手を追うように下ろ
        していた。
        効き手の指を濡れそぼるヴァギナに沈めながら、左手指に亀裂の先端を
        弄らせたのだ。
        感じるためだけの性器クリトリスを、揃えた指の腹でシュルシュルと擦
        り上げていく。

        「あうぅぅぅっっ! ふくうっ、んくぅぅっっ!」

        オナニー独特の快感を愉しむ余裕は、綾音にはなかった。
        夫を起こさないように、声を殺しながら短時間に昇り詰めるのに一生懸
        命だった。

        (膣が感じる! クリトリスも、感じちゃうぅっ! 指を押し付けると、
        お豆が気持ちいいのぉっ! ねぇ、吉貴は知ってた? アナタが割れ目
        をくちゅくちゅしてくれる時に、綾音が腰をモゾモゾさせてたのを。あ
        れって、吉貴にお豆を弄って欲しかったからだよ。綾音はここを触られ
        るだけでイッちゃえるから。ほらぁ、今だって)

        くにゅ、くにゅ、くにゅ……ぐちゅう、ぐにゅぅぅぅっっ……

        「ふっ……くうぅぅっっ! ふうぅぅっっ!」

        枕から洩れる息遣いが、激しく短くなってきた。
        ツマ先までピンと伸ばした脚の間で、10本の指がその速さを更に増し
        た。
        右手指のペニスが膣奥深くに挿入されたまま、絡みつく粘膜を引き伸ば
        していく。
        左手の人差し指がクリトリスの包皮を引き剥き、親指の腹でグリグリと
        押した。

        頭の中が白く染まっている。
        隣で聞こえていた吉貴のいびきも聞こえない。

        両手の指に掻き回される恥肉が擦れる音と、シーツに沁みを残す勢いで
        溢れる愛液の水音。
        それだけが、鼓膜を突き破って脳の中に響き渡っている。

        (イッちゃう! 綾音、オナニーで絶頂しちゃうっ!)

        「ふぁ……あうぅぅ……んん、ぅぅぅぅうーぅぅっ!」

        急に身体が軽くなった。
        頭のてっぺんを目掛けて、気持ちいい電流が突き上げていた。

        膣壁がキュッと縮こまり、指のペニスを膣奥の扉へと引き込んでいく。
        同時に、シュッと音を立てて淫水が湧き出し、花弁を覆う手のひらをし
        っとりと濡らしていた。

        綾音は自分自身の指で絶頂に達した。
        今夜も、昨日も、一昨日も……
        淡白なセックスに耐え切れなくなった肉体を慰めるために、夫に隠れて
        オナニーをしたのだった。

        「はあ、はぁ……んんっ……はあ……」

        エクスタシーを感じた後も、綾音の身体を何度も襲う快感の小波。
        女の快感は一瞬で終わる男のものと違い、ある程度持続する。

        そんな虚しい快感の波が収まるのを、綾音は胸を上下させながら待ち続
        けていた。
        横向きの身体を仰向けにして、ほの暗い天井をぼぉっと見続けている。

        「綾音って、最低……」

        ようやく整った呼吸を待って飛び出したのは、自分を傷つける言葉。
        今夜も……昨夜も……その前の夜も……

        同じ言葉を吐いて、同じ深い溜息を吐いて、そして、ティッシュを同じ
        枚数だけ引き抜いていた。
        同じ動作で濡れた花弁を拭い、ぷんと女の匂いがする指を拭った。
        10本の指すべてを……

        「おやすみなさい……吉貴……」







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。