FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

援交ブルース 第5話



  
                                          


【第5話】


        
        「ありさちゃんさぁ、他人から何のバイトをしてるの?って聞かれて答
        えられる?」
        「いえ、それはちょっと……」
        「無理だろう?君だってよくないことをしてるって十分分かってるわけ
        だ」
        「は、はい、それは……」
        「まともなバイトを探すんだったら、僕もいっしょに探してあげるよ。
        だから援交はすぐにやめろよ。ねぇ?ありさちゃん」
        「はい…分かりました……。色々とありがとうございました……」
        「あっ、ヨーグルトシェイク飲まなきゃ。ぬるくなっちゃうよ」
        「あ、そうだった!忘れてた~」
        「はははははは~」

        帰り際、車井山さんは名刺をくれた。
        それは会社の名刺だったけど、裏に手書きで携帯番号が書かれていた。

        「困ったことがあったらいつでも電話してきて。つながらなきゃメール
        でも構わないから。じゃあね」
        「はい、分かりました。どうもありがとうございました……」

        車井山さんが人通りの中に姿を消すと、急に疲れが押し寄せてきた気が
        した。
        あああ、肩が凝ったぁ……。
        ヨーグルトシェイクをご馳走してもらったけど、余計に喉が渇いちゃっ
        た感じ~。
        でも、車井山さんがいうとおりだろうな。
        やっぱり私、間違ってる……。
        早く援交やめなくちゃ。
        でもあと1回、あと1回だけ、援交させて……。お願いだから。
        あと3万円稼げたら、キッパリとやめるから。
        必ずふつうのバイトを探すから。
        誰に話すわけではなかったが、私は一人つぶやいた。

        最後の1回、私はまたテレクラを利用することにした。
        一人の男性が今夜7時にホテルで会いたいといって来た。
        先日のおじさんよりもずっと若い人のようだ。

        (あと1回だけやったら必ずやめてやるぅ)

        私は自分にそう言い聞かせた。

        ◇ ◇ ◇

        午後7時、待ち合わせのラブホに向った。
        どんな人か分からないからすごくドキドキする。
        私は教えられた部屋の前に立ち止まり、思い切ってドアのノブを廻した。
        鍵は掛かっていない。
        ドアを開けてみた。

        (あれ?真っ暗じゃん……)

        「あのぅ、すみません……電気点けてくれませんか?」

        そういいながら2、3歩進むと、突然部屋が明るくなった。
        急に明るくなったため、私は一瞬視点が定まらなくて呆然とした。
        次の瞬間、前後から指を鳴らす音と男性の声がした。

        「ひょ~!こりゃあ大当たりだぜ!予想とは違ってすっげいマブイじゃ
        んか!がっはっはっは~!」
        「全くだぜ!どうせ援交するような女だし、すれっからしのブスだと思
        ってたのにさ」
        「オレこの女見た途端ギンギンに勃ってしまったぜ~!がっははは~!
        おい、早速脱いでもらおうか?オレかなりご無沙汰で女にはチョー飢え
        てるんだよ~!」

        男が前後に二人いる。前がノッポで後がデブ。どちらもガラの悪そうな
        チンピラ風だ。
        私はここに来てしまったことを深く後悔したが、もう後の祭りだ。

        (とにかくここから逃げなくては……)

        恐怖で足がガタガタ震えていたけど、私は懸命にドアのノブに向かって
        駆けた。
        ドアまでたどり着きノブを廻そうとした瞬間、大きな手が私の肩を掴ん
        だ。

        「お嬢ちゃん、どこへ行くつもりかな?あんたの行先はそっちじゃねえ
        んだけど」

        ノッポの方がそういいながら私の背中を突いて部屋の中央へ押し戻し、
        ドアの鍵を掛けてしまった。

        「妙な気を起こすんじゃねえよ。あんたの行先はあのベッドだ。もうあ
        んたは俺たちと契約したんだから、約束は守ってもらわねえとな~。さ
        あ、こっちへ来な!」

        強引に手首をつかまれ、私は引きづられていった。

        「お願い、やめて!」
        「つべこべいうんじゃねえ~!」

        私はベッドまで引きずられ、そのまま仰向けに押し倒されてしまった。
        その弾みでプリーツスカートがめくれ上がり下着が露出した。

        「キャ~~~~~!やめて~~~~~!!」
        「おい!でかい声を出すんじゃねえよ!」

        (パシンッ!)

        「いたっ!」

        突然私の頬に平手が飛んできた。

        「乱暴しないでっ!」
        「殴られたくなけりゃ大人しくしろ!」
        「……」

        私がひるんだ隙に、前後から男たちが一気に飛び掛ってきた。
        野獣と化した男たち相手に、非力な女の力ではひとたまりもなかった。

        「きゃぁ~~~~~~~!!」
        「えっへっへ、どれどれ。きれいなアンヨの奥はどうなっているのかな?
        さあて、早速見せてもらおうか」
        「いや~~~~~ん!!」

        手を振り上げて抵抗を試みたが、腕を逆手に取られグイグイとねじ上げ
        られてしまった。

        「いたいっ!!」

        デブの方が前に廻りこみ、ばたつかせる私の脚を押さえつけ、スカート
        を腰の辺りまで一気にまくり上げてしまった。

        「きゃぁ~~~!やめて~~~!!」

        宙に浮いた脚でデブの方を蹴ろうとしたが軽くかわされ、逆に怒らせる
        結果となってしまった。

        「おい、大人しくしろ!」

        (パチン!)

        肉厚な手がまたしても私の頬にさく裂した。

        「きゃっ!」

        二度までも顔を張られた私は、急に怖気づいてしまった。
        だって女の子は顔を傷つけられるって、たぶんだけど男性以上にダメー
        ジが大きいものなの。
        スカートはまるでパラシュートのようにまくり上げられ、パンティが丸
        見えになってしまった。




この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




目次へ    第6話へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。