FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女のケジメ 男の覚悟
















(34)



         岡本典子の視点

        
        「典子、お前……何を考え……うっ」

        「拓也、アナタは黙ってオチ○ンを晒していればいいの。典子が、気持
        ちよくしてあげるから」

        完全に立場が入れ替わっている。
        拓也が典子で、典子が拓也で。だけどこれでいいの。

        私はフロントのファスナーを引くと、空気が抜けたようなオチ○チンを
        口に含んだ。
        舌先で転がしながら、下半身に力を込めた。
        ディルドを相手に騎乗位セックスを始めた。

        「ふわぁぁっ……ちゅぷ、ちゅぷ……くぅ、あぁぁぁっっ!」

        腰を浮かせて内臓まで引き抜かれそうになっちゃう。
        そのまま、ズズッて膣肉を軋ませて、今度は空のお腹に内臓が押し込ま
        れちゃう。

        ずりゅ、ずりゅ、ズズぅぅっっ……

        「ふぅ……くはぁ……ふとい、ディルドが太くて……ちゅぷ、ちゅぱっ
        ……きもちいい……」

        「典子ちゃんだけ、よがってないで、舌も使ってやれよ」
        「そんな貧粗なチンポなんかほっといてさぁ。もっと腰を振れよ、メス犬」
        「ははは、いいぜぇ。もっとやれ♪」

        そんな私を指さして、男たちが競い合うように声をあげた。
        典子の変態ショーを嘲るように笑いながら眺めている。

        可愛そうね、この人たち。
        家に帰れば優しい奥さんがいて、可愛らしい子供が待っているのに。
        今すぐ家に戻れば、豪華だけど心のない懐石料理より、愛情のこもった
        お料理を家族で囲めたのに。
        残酷に笑って、典子の身体に夢中になって……

        「んあぁぁっっ、んむぅ……オマ○コぉ……感じるぅ。お口のなかも……
        いいのぉ」

        腰を何度も上げ下げさせて、口元を唾液まみれにしながら、オチ○チン
        をしゃぶり続けた。
        お尻をクイクイと揺らせながら、ほっぺたの粘膜にオチ○チンの先端を
        擦りつけてあげるの。

        「あ、あぁ……典子……」

        拓也が情けない声をあげた。
        腰を前に押し出して、熱い血流でオチ○チンを膨張させていく。

        気持ちいいのよね、拓也? 
        アナタに散々仕込まれた典子の舌使いで感じているのよね?

        典子もね、気持ちよくなり始めているの。
        アナタの用意したお化けディルドに貫かれて、膣がキュっとなって子宮
        まで揺らされているの。

        じゅる、じゅちゅ、じゅる、じゅちゅ……

        「くふぅっ……むちゅ、ちゅぱっ、れろっ、れろっ……あはぁ、はぁ、
        はあぁっっ!」

        軋み続けたお肉をエッチなお汁が潤していく。
        極太ディルドに典子のアソコが引き裂かれそうなのに、淫乱な身体はそ
        れでも悦んでいるの。

        私は息を弾ませながら腰を振った。
        もっともっとディルドに擦られようと、挿入する角度まで変化させる。
        同時に口の中に収まりきれないオチ○チンで、喉の奥を突かせた。
        唇をすぼめて、お口でもピストン運動を開始する。

        「おっ、垂れてきた。垂れてきたぜ。典子ちゃんのラブジュースが」
        「こんなディルドを咥えて、よくフェラまでできるよな」
        「こんど、お前の奥さんで試してみるか? はははは……」

        そうよ、典子はディルドの騎乗位セックスで感じているの。
        足元にオシッコを漏らしたみたいに水たまりを作って、快感しているの。
        お口も使って、ふたつの穴で典子を慰めているの。

        「ううぅぅ……くぅ、典子……上手くなったな」

        「あはぁ……ひくうぅぅ、そんなの……褒めないで……ふわぁぁっ」

        私はディルドに貫かれながら背中を反らしていた。
        汗にまみれたオッパイを恥ずかしく揺らせた。
        引き抜くたびに身体が浮いちゃいそうで、挿入するたびに全身をビリビ
        リと電気が流れて。

        イッちゃいそう。典子、ディルドオナニーで絶頂しそう。
        だけど一緒に。拓也のオチ○チンと一緒でないと。

        「んくっ……ふぁぅぅ……ちゅぷ、ちゅばっ、れろっ、れろっ、ちゅぶ
        ぅぅっっ」

        湧き出てくる唾液をチュパチュパさせて、オシッコの出る先端に吸いつ
        いた。
        白い液を早く出してって、膨張しきったオチ○チンを舌先を使ってマッ
        サージする。

        わかる? 拓也。
        この性技って全部アナタに教え込まれたのよ。
        毎晩、泣きながらアナタのオチ○チンを咥えさせられて、何回も何度も。

        「くうぅっ、典子……典子ぉっ!」

        「はあぁ……ふあぁっ……ぷはっ、拓也ぁ……たくや……」

        典子にとって、最初で最後の3文字。
        そして、さようなら……

        「は、はぁ……出る……」

        どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ……どぴゅうぅぅっっ……どく、どく、どく……!

        口の中を火傷しそうな白濁液で満たされていく。
        それを喉を鳴らして飲み干しながら、私は勢いよくお尻を落とした。
        子宮の扉をディルドに叩かせながら、くねくねと腰をグラインドした。

        「あはあぁぁっっ、典子もぉ……私もぉっ……イクぅ、イク、イク……
        ああはぁぁぁぁっっっ!!」

        典子も絶頂しちゃった。
        お化けディルドを愛おしく感じながら、腰をヒクヒクさせちゃった。

        障子の先に、男の人の気配を感じて。
        その人にあからさまな女の性を見せつけて。

        黒川さん。美里ちゃんをお願いね。


----------------------------------------------------------


        黒川信人の視点

        
        「あはあぁぁっっ、典子もぉ……私もぉっ……イクぅ、イク、イク……
        ああはぁぁぁぁっっっ!!」

        障子一枚を挟んで、薄幸な女性の哀しい想いを聞いた。
        心に秘めた覚悟をそれに教えられた。

        俺はそれを聞き終えると、そっと隣の部屋へと向かった。
        薄明りの照明の下、微かな寝息とともに横たわるお姫様。
        その姿を目にした途端、俺の両目からは熱いモノが零れ落ちていた。

        「勝手なことばかりしやがって。バカやろう」

        身に着けるものをすべて失った全裸の肌を見下ろして、口から飛び出し
        たのは騎士らしからぬ言葉使い。

        お姫様が聞いたら、どんな顔をするのか?
        ぷぅって、風船のようにホッペタを膨らませて、俺の胸を叩いてバカバ
        カってか。
        ふふふっ、そうだよな。美里にはそれが一番似合っているよな。

        だから俺は、お姫様に忠誠を尽くす騎士をやめた。
        今この瞬間から黒川信人は、白馬の王子様に転職してやる。

        俺は美里姫の前にひざまつくと、顔を寄せた。
        白雪姫から毒リンゴを吐き出させるように、軽い口づけをする。

        チュ、チュル、チュル……レロ、レロ、レロ……

        「うっ、うぷぅっ?!」

        おいおい、これが王子様とお姫様の甘いキスなのか?
        軽く接したつもりが、ふたりのキスは濃厚なディープキスに様変わりし
        ていた。

        「ちゅぷ、ちゅぱっ……ぷはぁっ……迎えに来てくれたんだ。感心、感
        心♪」

        毒リンゴを口移ししてくれたのか、美里姫はすごくご機嫌のようだ。
        仰向けのまま、人懐っこいあの笑顔で俺を見つめ返している。

        「いつから起きてたんだ?」

        「信人が部屋に入って来たときから。だから信人が男泣きしてるの、薄
        目開けて覗いてたの。男の人が泣くところを初めて見ちゃった」

        「ふふっ、大人を騙すとは悪いお姫様だ。まったく」

        俺は美里を抱き締めていた。
        溢れて止まらなくなった涙を美里のうなじで拭き取りながら、心の中で
        誓った。
        この姫は、命を賭けても三十路王子が守ってみせると。
        たとえ悪の魔王が襲いかかってきても。

        「あ、パトカーのサイレン? こっちに近付いてくるわよ」

        まだまだ格好を付けたかった俺を、美里が何の未練もなく押しのけてい
        た。
        ふたりして、耳を澄ませた。

        隣の部屋から聞こえてくる嬌声に紛れて、間違いなく接近してくる緊急
        車両の警報音。

        「典子さん……それが、アナタの……」






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。