FC2ブログ

援交ブルース 第3話



  
                                          


【第3話】


        
        「ふう~、それじゃ、あさりちゃん、そろそろ、入れちゃうよ?おじさ
        ん、もうたまらなくなって来たんだ」

        やっとアソコから唇を離したおじさんは開口一番そう言った。
        おじさんは私のお尻をもう一度抱き起こして、体勢を立て直した。

        (あぁ、ついに入れられちゃう……あぁ……)

        そう思ってるうちにオジサンは、わたしの腰を両手でしっかりとつかん
        で、すごく硬くなったモノをアソコにあてがった。
        一瞬、背中に緊張が走る。

        (ズニュ、ズブズブズブ……)

        ゆっくりと太いモノが肉ひだを分け入ってくる。

        「あぁ、ああああぁ……」
 
        おじさんはゆっくりと腰を動かしている。

        (ズン、ズン、ズン)

        入る瞬間の感じと抜く瞬間の感じってすごく違う。
        これってヒダヒダの向きのせいかしら?
        おじさんがズンッって押してくる度に、私のお尻が前のめりになってし
        まう。

        ああん、だんだん気持ちがよくなって来た。
        アソコから伝わった快感が身体全体に広がっていく感じ。

        「あっ、ああっ、あっ、ああっ、くうっ…………」

        ああ、どうしよう。
        私、何だか変……。

        「あぁん、あぁん、あんあんあん、はぁ~ん…………」
        「ううう……、おお~、あ、あさりちゃんってすごいシマリだね……。
        おじさん、もう持たないよ~、よし、最後の一突きはやっぱりこの格好
        だな」

        おじさんはそういいながら、少し強引に、私を仰向けにさせて、脚を海
        老のように折り曲げた。
        ハイソックスを穿いた私の両足が、顔の横辺りに来てる。
        でもスカートはまだ穿いたまま。
        パンツだって、足首で辛うじて止まってる。
        なんかすごいスタイル。

        おじさんは一度抜いたモノを、もう一度入れ直して来た。
        その瞬間、私は思わず声をもらしてしまった。

        「あぁ~~ん!お、おじさん……」

        おじさんのアレは先程よりもすごく大きくなってるし、すごく硬い。
        私のアソコにギチギチにキツく入りこんでる。
        おじさんは私の曲げた脚を大きく開かせて、グイグイと強く押し込んで
        来た。

        「はふ~~んっ!」

        もうどこにも逃げられないすごい格好。

        (ああん、気持ちいい、たまんない~!)

        おじさんの動きが慌しくなって来たみたい。
        はぁはぁというおじさんの激しい吐息を、私はもうろうとした意識の中
        で聞いていた。
        私の中に秘めた淫靡な渦は、とめどもなく大きく広がろうとしていた。

        「うううっ、うううっ~!」

        おじさんの動きが一段と速くなったと思ったら、アレを引き抜いてしま
        った。
        おじさんのモノがビクンビクンと脈を打ったあと、白い液体が私のおな
        か目掛けてシュシュッと降り注がれた。
        白濁色のドロリとしたものが私のおなかだけじゃなく、紺色のスカート
        まで汚してしまった。

        (ありゃあ~……)

        「ああ、ああ……しまった……あさりちゃん、ごめん~、スカートを汚
        してしまった」

        おじさんはイッタ感動に酔うどころじゃなくなったようだ。
        すぐさま、素にもどって、私にペコペコと謝った。

        「うん…仕方ないかぁ…」

        私はタオルを絞って来て、スカートの汚れをゴシゴシとこすっていると、
        おじさんは私の肩に手を掛けて、

        「それじゃ、これ約束の代金だよ」と言って3万円くれた。

        「ありがとう~」

        私はニッコリ笑って頭を下げた。

        「それとね……」
        「うん、何?」
        「これ、取っておいて」

        おじさんはそういって、さらに1万円札を出した。

        「どうして?」
        「いやぁ、あさりちゃんね、すごくよかったからボーナスあげるよ。そ
        れにスカートも汚しちゃったからクリーニング代も要るだろうし」
        「あぁ、そうなんだ。ありがとう!それじゃぁ、これ遠慮なくいただき
        ます!」

        私はおじさんに礼を言った。

        「それとね、あさりちゃん。もし良かったら、君、私と契約をしないか?」
        「契約?」
        「うん、1ヵ月につき10万円あげる。その代わり、私と月に4~5回
        付合ってくれないか。食事も奢ってあげるよ」
        「う~ん……」
        「いやなの?」
        「う~ん……すごく嬉しいけど、やめときます……。またチャンスがあ
        れば会えると思いますし」

        そこには急に丁寧言葉に変わった自分がいた。
        私の断りに、おじさんは怒りもしないでニコニコと、
        「そうだね。機会があればまた会えるね」と言ってくれた。

        (おじさん、やさしい人なんだ……)

        確かにお金は沢山欲しかったけど、特定の人と援交するのって、やっぱ
        り嫌だった。
        ひとりの人とずっと付合うと、やめにくくなるし。
        だってある程度お金ができたらやめたいんだもん。       




この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




目次へ    第4話へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。