FC2ブログ

典子の見たモノ&拓也が見た現実
















(32)



        岡本典子の視点


        障子を開け放った私の目に飛び込んできたもの……
        それは想像したくもない、美里ちゃんの哀しい姿だった。

        「待ちなさいっ! 美里!」

        限界に近い肺に、更に空気を送り込んで叫んでいた。
        時間を止めたい。その一心で声を振り絞っていた。

        「典子お姉ちゃん……どうして……?!」

        おぞましいディルドに腰を落としたまま、美里ちゃんが振りかえる。
        魂を抜かれたような虚ろな視線が、見る間に輝きを取り戻していく。

        「誰だ、この女は?」

        同時に、河添に招かれた男たちも顔を向けた。
        取り巻きのひとりが声をあげて、それがさざ波のように拡がって、まと
        まりのない視線が突然の侵入者の私に向けられる。
        待ち望んだ瞬間に水を差された不満を露骨にして。

        そしてもうひとり。
        そこには、唖然とした表情をする典子の知らない拓也が立っていた。

        「の、典子……お前、この俺を……!」

        私以上に声を絞り出す拓也。
        ふてぶてしいくらいに勝ち誇ったあの表情はどこへ行ったの?
        冷たい炎を纏わせた、あの瞳はどこに消えたの?

        ふふっ。この人って、そんなに典子のことを……
        そうよ。典子はアナタに会うためにここまで来たの。
        典子は河添拓也の女だったから、会いにきてあげたの。
        すべてを決着させるために。

        「あら、驚かせてしまったようで、ごめんなさいね。典子と申します。
        皆様、初めまして」

        私はワンピースの裾を掴むと、ヨーロッパの貴婦人のようにお辞儀した。
        ただし、裾を思いっきり捲り上げて、太腿まで露わにさせて。
        そして、目線を走らせてみる。

        4人……5人……6人……
        この前の人たちと比べて、随分と若いわね。
        きっと結婚して間がないのに。
        奥さんは、何も知らずにアナタたちのことを家で待っているのに。
        それなのに、こんな所で美里ちゃんにひどいことを……許せない!

        想像しただけで怒りが込み上げてくる。
        その怒りは、この人たちだけではない。
        このツマラナイ宴会を仕掛けた拓也に。
        その拓也に、言われるままに付き従ってきた私に。

        そう、一番の元凶は私なの。典子なの。
        私のせいで美里ちゃんはこんなに苦しんで。
        こんなにひどい目にあわされて。
        だから今夜は……

        「だめじゃない、美里ちゃん。その玩具を勝手に使ったりして。それは、
        典子お姉さん専用のディルドでしょ。お子様にはまだ早いわよ」

        ごめんね、美里ちゃん。
        私は彼女の肩に手を当てると、そっと押した。
        男たちに違和感を持たれないように欲情した女の顔をして、おぞましい
        ディルドから引き離していく。

        「典子お姉ちゃん? まさか……」

        「だぁーめ。美里ちゃん、それ以上口にしないで。アナタだけ愉しいこ
        とをするなんて、不公平でしょ。ここは典子が……ね♪」

        頭のいい子。
        これだけで美里ちゃんは、典子がしようとしていることに気が付いてい
        る。

        私は拓也に目配せした。
        ここは典子が仕切ってあげるって、片目でウインクして脅してあげた。

        「み、皆様、突然のことで申し訳ありませんが、美里が体調を崩したよ
        うでございます。ここからは彼女の代役を、元人妻にして妖艶な美女典
        子が務めることになりました。どうか盛大な拍手でご了承くださいませ」

        拓也らしくない覇気のない説明にも、人形と化した男たちは拍手で応え
        た。
        それが鳴りやまないうちに、私はワンピースを脱いでいた。

        今度は「おおぉっ」と歓声があがる。
        下着姿のまま腰をくねらせて、男たちの視線を釘付けにする。

        「どぉ、典子のボディ、気に入ってもらえたかしら? 今夜は典子が好
        きなだけお相手するから、期待してね♪」

        私はむしり取るようにブラを外すと、部屋の右隅へ放り投げた。
        ショーツを一気に引き下ろすと、今度は部屋の左隅へ放り投げた。
        そのたびに、男の群れが右に左に這いずり回っている。

        「そのブラジャーとパンティーは、典子からのプレゼントよ。丸一日着
        けていたから、パンティーに沁みが付いちゃっているけど、それで良か
        ったらもらってね」

        「あぁ、ホントだ。このパンティー、クロッチの処に黄色い染みが……
        オシッコかな?」
        「ふ~ん、はぁ~……このブラジャー、典子さんの汗の香りが……」

        ショーツを鼻に押し付けて、恍惚に浸る男。
        ブラを目の上に乗せて、鼻をクンクンさせて匂いを嗅ぎ取る男。
        それを取り囲んで順番待ちする残りの男たち。

        今のうちに彼女を……
        男たちが下着に夢中になっているのを確認した私は、美里ちゃんの元に
        寄った。
        体力と気力を使い果たして気を失った彼女を、隣の部屋へと移動させる。

        「本当にごめんね、美里ちゃん。あなたをこんな辛い目合わせちゃって」

        肌と肌が触れ合って、美里ちゃんから勇気をプレゼントされた。
        痛々しいほど腫れあがったヒップに、その勇気の二文字がコーティング
        される。

        「美里ちゃん、行ってくるわね」

        私は笑顔を振り撒きながら、男たちの待つ部屋へと戻って行った。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。