FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後の憂鬱   第4章 狼の目(1)


  
                                          



【第4章 (1)】



次の日の放課後、藍は高科との約束を忘れていなかった。
昨日の記憶は、藍を躊躇させるには十分のはずだった。が、足は自然と部室に向かっていた。
そして部室の前まで来ると、ゆっくりとドアを開けた。

次の瞬間、藍は少し安心した。
吉田も、伊藤も柴田もいた。しかし今日は二人の女子も、高科もいる。

(・・よかった。みんないる・・)

高科はドアの前に立ち止まっている藍に目をやると、「どうしたの? 中に入りなよ。」とやさしく声をかけた。

その言葉に引き込まれるように、藍は部室の中央のいすに座った。
女子部員の一人、さちが藍に「藍もお茶する?」と聞いてきたので、「うん。」と答えた。

「紅茶でいいよね? 砂糖とミルクは?」
「うん。ミルクだけ・・」
さちが紅茶を入れて藍の前に出した。

「さぁ、そろそろちゃんとやりはじめないとな!」と高科が口火を切ると、今度の映画についての話し合いが始まった。

「やはり、山場は押さえとかなきゃな! ここんとこの出来一つで、全体を左右するしさぁ・・」
「そうね、この“捕らえられた”場面でしょ?」
高科とゆうこが台本を確認している。

「そうっすね、部長。でもここは、主演の藍ちゃんの意見も聞きたいんすが・・・藍ちゃん、どう思う?」
まるで昨日の出来事などなかったかのように、吉田たちも藍に話しかけてくる。

藍は吉田たちには口もききたくなかった。
しかし、高科が気を遣ってくれているのが伝わってきたため、しかたなく普段どおり話をしようとした。

「えっ? あっ、あの・・。け、結構いい線だと思うけど・・・」
藍はもらっていた台本を思い出し、その場面を想像しながら会話に参加した。しかし、どうしても口調がぎこちなくなるのが自分にもわかった。

(・・やだ、みんなに変だと思われちゃう・・)

「もしかして藍ちゃん、もう全部覚えてるの? さすが、プロだね!?」

台本を開かずに話し始めた藍を、すかさず高科が誉める。

「あっ、は、はい。・・・でも・・・いつも仕事でそうしてるし・・」と頬を少し赤らめて照れた。なにより高科に誉められたのが嬉しかった。

たしか、捕らえられた主人公が暗い牢獄に閉じ込められ、恋人を思い涙する、そんな場面だった。

「藍ちゃん、今日はここの練習でいい?」と高科が尋ねると、「はい。がんばります。」と藍は答えた。

藍は高科の言葉にはとても素直だった。自分でも不思議なくらい・・

「さて、ここじゃ雰囲気出ないよな・・どこかないか?」と高科がみんなに聞いた。
「あっ、プールのシャワー室なんかどぉ?」とゆうこが答えた。






※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ  第4章(2)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。