FC2ブログ

極太ディルドを跨いで
















(31)



        篠塚美里の視点


        「おい、アレを挿れるのか?」
        「いや、いくら美里ちゃんがスキモノでも、ちょっと厳しくないか?」
        「ああ、あんなのを挿入したら、きっとガバガバになっちまうぞ」

        それって、心配してくれているの?
        でもみんな、口の端をだらしなく下げているから、本音では期待してい
        るんでしょ?

        「わあ、こんな大きなディルド……美里の……オ、オマ○コに入るかな
        ぁ。うふふ、ちょっと……怖いなぁ」

        ホントはとっても怖いのに、ウルウルした目でそれを見つめた。
        ホントはアソコの別名なんて口にしたくないのに、美里はスキモノだか
        ら、全然気にしていないって舌を滑らかに動かしてあげた。

        「皆様、ご安心ください。このディルドは直径6センチ、長さが25セ
        ンチと、彼女の腕ほどありますが何の問題もありません。普段から美里
        は、このディルドでオナニーするのが習慣になっておりますので」

        そんな美里の声と表情を肯定するように、河添が意地の悪い説明をする。
        そのついでに、また耳元で囁いた。

        「どうだ、よく見ろ。怖いだろう? ふふっ、こんなディルドをぶち込
        んだら、さすがに美里のオマ○コも壊れちまうだろうな。そうなったら
        もう、セックスもお手上げだ。彼氏が泣くぜきっと。美里の大切な彼氏
        がな」

        河添の『彼氏』って単語に、美里の心が揺らいだ。
        畳から生えてきたようなおぞましい姿に、美里のアソコが悲鳴を上げる。

        それでも、入れないといけないのよね。
        男の人が見ている前でしゃがみ込んで、ディルドをアソコに挿入して抜
        き差ししないといけないのよね。

        わたしは夢を見ているような気分で、お化けディルドに近付いていった。
        50センチ角の薄板に装着されたディルドを、跨ぐようにして両足を乗
        せた。

        「皆様、これは余談ではありますが、彼女は陸上部に所属しておりまし
        て、インターハイでも上位の成績が期待できるアスリートとか。ご覧く
        ださい。この引き締まった太腿の筋肉を。さぞや、力強いオナニーを披
        露してくれることでしょう。ご期待ください」

        『陸上部』『インターハイ』
        わざとしか思えない河添の言葉に、眉毛がピクピクって反応した。
        とっくの昔に封印したはずの夢が、胸に突き立てられた刃物で切り裂か
        れていく。

        「はははっ、さっさと腰を下ろすんだ。典子お姉ちゃんの代わりをする
        んだろう?」

        「わ、わかっているわよ。ちょっと股を拡げてサービスしているだけ」

        跨いだまま躊躇するわたしを、河添が卑劣な言葉で脅迫する。
        営業マンの笑みを浮かべたまま目だけを冷たく光らせて、巻き付けた首
        輪を締め上げた。

        この人って、よっぽど美里が憎いんだ。
        お父さんへの恨みを、わたしにぶつけているんだ。

        ……だけど、その気持ち。美里にも分かるわよ。
        人って、他人の心を踏みにじっても鈍感なのに、自分がその立場になる
        と敏感に反応するから。
        殴る痛みよりも殴られる痛みは、忘れたくたって身体が覚えているから。

        「どうしたんだい? まさか美里ちゃん、怖いの?」
        「そんなことないよね。美里ちゃんは毎晩そのディルドでオナニーする
        変態さんだろう」
        「そうそう。だって見ろよ、美里ちゃんのオマ○コ。モノ欲しそうに舌
        を覗かせてるぜ」

        そうよ。人ってそうして、傷つけ合いながら生きていく……弱い生き物
        だから。
        河添だって。この人たちだって。
        それに、美里だって……

        わたしは腰を落としていった。
        両膝に手を押し当てたまま、和式トイレのスタイルでお尻を畳に近付け
        ていく。

        目線がズルズル下がって、それに追い掛けるように、ギラついた視線の
        群れも降りていった。
        美里の前で半円を描くように座った人たちの喉が一斉に鳴った。

        ちゅぷぅっ……!

        「んんっ……はあぁぁ~」

        下のお口がディルドに喰いついて、苦痛の悲鳴が漏れる。
        それを大きく溜息を吐いてごまかした。

        まだ先端だけだから。
        ディルドの先っぽが、膣口に触れただけだから。

        ズズッ……ズリュ、ズリュ、ズリュ……!

        「す~っ、は~っ……あ、あぁ……み、みてぇ、美里の……お、オマ○
        コ……」

        わたしは、大きく息を吸って大きく息を吐き出した。
        こんなところを見て欲しくなんかないのに、エッチな単語を口にして、
        引きつった笑みを作った。

        ミシミシとアソコお肉が軋んで、潤ってない粘膜が硬質な異物に引き伸
        ばされているのに。
        美里の心が、真黒な恐怖に支配されかかっているのに。

        だけど、この辛さは美里以外、誰にもわかってもらえないから。
        人は、そういう生き物だから。

        「はあ、はぁ……ふうんんっ……一気に……挿れますね……んっ」

        呼吸を止めた。
        愛する人のシルエットが頭をかすめて、美里の膣に半分埋まった異物に
        体温を感じた。

        後悔なんかしていないよ。全然……
        こうして見ると可愛いわね。ディルドくん。
        美里のアソコと仲良くしてね。

        そして、腰の力を抜きかけた……その時?!

        パタン! って、荒々しく障子が開かれて時間が止まった。

        「待ちなさいっ! 美里!」







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。