FC2ブログ

放課後の憂鬱  第3章  もう一人の藍(3)


  
                                          



【第3章 (3)】



同じ頃・・・
高科は学校へ戻ると部室に向かった。そこには吉田、伊藤、柴田が待っていた。

「先輩~、ひどいっすよぉ、本気でなぐんだもん!」
吉田がにやにやしながら高科に言った。

「ば~か、あのぐらいやんなきゃ、すぐばれるっつうの!」
高科も笑いながら返した。

「でも、うまくいってんすかねぇ?」
伊藤が高科に聞いた。

「脈ありだな。いい線いってんじゃねーか? でももう少し仕掛けなきゃな!」
高科は三人を呼び寄せ小声で話し始めた。

「・・・・、・・・・・」
「そりゃかわいそー! でもいいっすね、その計画!」
高科の計画を聞き終わった吉田が、頓狂な声を上げた。

「だろ? じゃあ、早速実行に移すぞ!」

高科が三人にそう言うと、「OKっす!」と三人は答えた。

「・・でも、ヤバくないっすか? それ。」

吉田は少し不安げに高科に聞いたが「その写真とこのビデオがありゃ、いけるっしょ!」
高科があんまり自信ありげに答えたので、吉田たちもそれ以上何も言わなくなった。

藍はくもの巣にかかった獲物となっていたのだ。

*---

「高科先輩・・・」

藍は、「もう一人の藍」がそう呟くのを聞いた。そして「もう一人の藍」が、胸を隠していた手の片方を動かすと、ゆっくりと乳首をつまんだ。

「あっ!」

藍の体に電流のようなものが走り、その瞬間「本当の藍」は意志を喪ってしまった。
藍はもっと強く乳首をつまんだ。

「あぁぁぁ!」

だんだん自分の乳首が硬くなってきている事に気づくと、もう片方の手も同じ事をし始めた。両方の乳首を強く、そして弱くつまんでみた。

「うぅ、あぁぁぁ!」

その姿が鏡に映っている。藍は鏡から目をそらせることができなかった。鏡に映る自分を見つめながら、藍は胸を揉み始めた。
濡れたTシャツは、しわくちゃになりながらも、かろうじて胸を隠している。
しかし藍のだんだんと激しくなる愛撫によって、すぐに乳首も見え隠れするほどとなった。

「あっ、あっ」
藍は小さな呻き声を、小刻みにあげ続けた。

次に藍は鏡を見つめたまま右手を胸から下ろし、ブルマーを擦り始めた。
はじめはへそのあたり、そして下腹部・・
股間をわざと避けるように、次に足の付け根へと手をのばし、ブルマーのラインをなぞってみた。

「あああああぁぁっっ!」

藍は少し声のトーンが上がったことに自分ではっとした。しかし、止めなかった。止められなかった。
指を、ブルマーの足の付け根の部分から、少しだけ中にもぐりこませた。

しかしすぐに抜き取った。まるでじらすかのようにブルマーの上から股間の部分をさすった。

「うっ、うううっ」

藍はまた違う快感に襲われ、声をあげた。
それまで手のひらで股間をさすっていたが、今度は指を立てると、つめの先をあ○この割れ目にそって這わせてみた。

「ああああああああっ!」

いままで鏡の前に立っていた藍が、その瞬間、腰が砕け中腰になった。






※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ    第3章(4)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。