FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい飼い主は誰?
















(27)



        篠塚美里の視点


        それからまた1週間が経過して……

        夕闇の迫る放課後。
        わたしは裏門に身体を隠して、信人に視線を送った。
        身長が美里と一緒くらいで、力強い眉毛。真ん丸の顔。お日様と仲良し
        を証明したような真黒に日焼けした肌。

        その人は、いつもの電柱の陰からこっちに向けて視線を送っている。
        電柱の横を生徒たちが通り過ぎるたびに顔を逸らせては、それでもまた
        こっちを見つめ直している。
        篠塚美里という女の子の姿を探して。

        黒川信人……わたしの大切な人……
        美里の初恋の人で、ファースト彼氏になってくれた人。

        「さようなら……バイバイだよ、信人……」

        わたしは裏門を後にすると、正門へと向かった。
        目頭が熱くなって、鼻の奥がツンとする。
        だけど、涙は見せたりしない。きっと今夜は一晩中泣かされちゃうから。
        ううん、これからもずっと。
        だから、美里が今出来ることって走るだけ。
        手を振って足が地面を蹴ると、身体が喜んでくれるから。

        「ちょっとごめん。どいて! どいて!」

        下校でごった返す正門を全速力で駆け抜けていく。
        風を肌で感じて、リズムよく打ち鳴らされる鼓動にハートまで喜んでい
        る。

        わたしは真っ直ぐに前を向いて走っている。
        その先で待ち構える魔王のお城を目指して。
        そのお城に巣くう悪魔に、この身体を捧げるために……







        黒川信人の視点


        「ん? もうこんな時間か。美里のやつ、今日はやけに遅いな?」

        オレンジ色の世界がくすんだダークオレンジに入れ替わり、俺は手にし
        たスマホを耳に当てた。
        いつまでも続く呼び出し音のコール。
        それが無機質な機械音声に変化する。

        「出ないか……」

        スマホをポケットに収めた俺の背中を嫌な汗が伝う。
        妙な胸騒ぎを覚えた俺は、もう一度ポケットからスマホを取り出し耳に
        押し付けた。

        「もしもし、ああ、俺だ、黒川だ。課長は……いるかな?……えっ! 今
        日はもう帰った?! ああ、そうか。わかった……」

        応対に出たのは、建設部2課の事務員だった。
        河添は、何も告げずに今しがた事務所を後にしたという。

        いつもなら、夜の9時10時まで当然のように仕事をこなす課長がな
        ぜ?
        その課長が、ここ1週間は早めに退社していると?

        料亭の件があって以来、河添は俺を遠ざけるようになった。
        表向きの俺の仕事は、探偵のように美里に貼りつき彼女の内情を調査す
        ること。
        だが、俺と美里が出来ている。河添はそう読んだのに違いない。

        「待てよ。そういえば美里も……?」

        あれ以降も美里と俺は、夕方この裏門で待ち合わせてはデートを続けて
        いる。
        だけどここ1週間は、ごぶさただったよな。
        なんでも父親の門限が厳しくなったとかで、たいてい9時過ぎには彼女
        の自宅前でキスしてサヨナラして……
        まさかとは思うが、あの後……?!

        頭の中でスクリーンショットのように美里の姿が浮かんだ。
        すれ違いのような会話。
        足枷を付けられたような重い足取り。
        なによりも、キラキラと輝いていた彼女の瞳がくすんだガラスのように
        なって、頬を引きつらせて笑っていたような……

        「くそっ! 俺はなにをやってるんだか」

        鈍感な自分に怒りが込み上げてくる。
        『美里は、料亭の件がショックで尾を引きずっているんだ』
        そう自分を思い込ませていた俺がパカだった。

        河添は、美里にまで触手を……?! だとしたら、今夜は……?!

        「性懲りもなく、またあの料亭で……」

        焦りが血を沸き立たせて、俺の思考を鈍らせていく。

        落ち着け、信人! 冷静になるんだ!
        ここでお前が単身乗り込んだところで、美里は救えるのか?
        決意を固めて身を差し出した彼女の心を取り戻せるのか?

        5分、10分と時だけが無情に流れていく。
        そんな過熱しきった頭に、ある女性の姿が浮かんだ。

        「そうだ。あの人だ。あの人なら美里ちゃんを……」

        俺は走っていた。彼女の暮らすあの街並みを目指して……







        篠塚美里の視点


        薄暗くて狭い畳敷きの部屋で、わたしは天井を仰いだ。
        そのまま両手だけを動かして、身に着けていた制服を1枚ずつ剥ぐよう
        に脱いでいく。
        制服だけじゃない。ブラもパンツも……

        襖を挟んで漏れ聞こえてくるのは、新しい生贄を待ち望む男たちの歓声。
        そして、耳の鼓膜にリピートされるのは、悪魔の顔をした河添と美里と
        の取引。

        『わたしが言うことに従えば、約束は守ってくれるんでしょうね?」

        『ああ、もちろん。今夜のショータイムが成功すれば、今後典子には手
        出しはしない。あいつの望む夢も、直ぐにとはいかないが必ず叶えてや
        る。俺のプライドを賭けてな』

        『そう、なら構わないわ。アナタに協力してあげる』

        『ふふっ、協力か。まだまだ小便臭いガキだと思っていたが、いい度胸
        をしている。だがな、俺の女の扱いはハードだぜ。これからも俺の女と
        してやっていけるのか?』

        『大丈夫よ、安心なさい。美里は……』

        「拓也の女だよね。これからも永遠に……」

        わたしは自分の覚悟を声にした。
        隣の部屋からは美里の飼い主になった男が、軽快な口調で場を盛り上げ
        ている。
        そろそろ、時間のようね。

        わたしはバッグに忍ばせてきた道具に目を通した。
        それを身体に貼り付けると、もう一度制服を身に纏っていく。
        ただし、ブラとパンツはバッグの中に押し込んだままで。

        「皆様、大変長らくお待たせしました。今宵のショータイムは、屈辱だ
        ったあの夜のリベンジでございます。どうか、皆様。お気に召すまでお
        料理とお酒。そして今夜のために厳選した特別ディナーをどうかご賞味
        くださいませ」

        いくわよ、美里!

        「絶対に失敗なんかしないから。典子お姉ちゃんに出番なんて譲らない
        から!」

        わたしは襖に指を掛けると、静かに開いていった。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。