FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後の憂鬱  第3章  もう一人の藍(2)


  
                                          



【第3章 (2)】



藍は玄関を開け、すぐに自分の部屋に入ろうとした。が、秋に見つかってしまった。

「おねーちゃん、髪がずぶ濡れじゃない? どうしたの?」
秋は藍を見て言うと、藍は「あ、ちょっとプールに落ちちゃって・・」と妙な返事をした。

「ふーん、気をつけなよね。おねーちゃん、おっちょこちょいなんだから・・」
秋は呆れ顔で消えていった。
藍は秋がそれ以上詮索しなかったので、ホッとして自分の部屋に入った。


藍は部屋に入ると、今日あったひどい出来事が頭の中に蘇ってきた。

「あぁ、あんな姿を見られるなんて・・その上写真まであるし、どうしよう。」

藍は恥ずかしさや悔しさより、昨日の写真が吉田の手にあることが心配だった。
ネガを手に入れなければ、取り返さなければ・・・いつまでもあんな恥ずかしいことをされてしまう、いや、もっと酷い目に遭わされるかもしれない・・・そう考えると震えが止まらなかった。

「あっ、体操服乾かさなきゃ・・」

藍は無理に心配事から気をそらせると、かばんからビニール袋に入れておいたTシャツとブルマーを取り出した。
それはまだ、ぐっしょりと濡れたままだった。

「まだこんなに濡れてる・・・でも私、どんな姿を見られてたんだろう・・」

またあの時の恥ずかしさが蘇ってきた。それは、今までの藍なら絶対に考えられないことだったが、ふと「その時の自分を見てみたい」気がした。

「どんな恥ずかしい姿だったんだろう・・」
藍はどういうわけかそう思うと、濡れたTシャツとブルマーを取りあげた。

ブラウスを脱ぎ、ブラジャーは濡れてしまうので・・・というより「あの時と同じ」にするために外すと、濡れたTシャツを頭からかぶった。
パンティはすでに脱いでいたので、直に素肌の上にブルマーを穿いた。

冷たい感触が全身に走った。
「あぁ、気持ち悪い・・」と思った。が、藍はすぐに脱ごうとはしなかった。

藍の部屋には大きな鏡があった。いつも仕事の練習のとき、この鏡の前で自分の全身を写している。その鏡の前に立ってみた。
濡れた体操服を着た自分がその中にいた。

Tシャツは肌に張り付き、裸でいる以上にセクシーだった。乳房の形がくっきりと浮き出し、乳首がはっきりと透けていた。
濡れたブルマーは光沢が妙にいやらしく映っていた。股間も、その形が浮かび上がっている。

「あぁ、恥ずかしい・・こんな格好を・・・見られてたなんて・・」

藍は恥ずかしかった。耐えられないほどの恥ずかしさだった。
その恥ずかしさから逃れるように、急いで両手でしっかりと胸を隠した・・・が、同時に違う自分が、もう一人の自分がそこにいることにも気づいた。

「もう一人の藍」は、普段では絶対に考えられないことを藍にやらせようとしていた。






※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ    第3章(3)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。