FC2ブログ

放課後の憂鬱   第2章 写真(3)


  
                                          



【第2章 (3)】

 

藍は写真を取りあげると、すべて破り捨ててドアに向かって歩き出した。

「ふーん、帰っちゃっていいんだ? 写真なんて破いたって無駄なのにね。ネガは俺が持ってるから、こんなの何枚でも作れるんだよ。みんなほしがるだろうな、藍ちゃんの透け透け写真。」

吉田の言葉に藍は立ち止まり、震えだした。

「ネガ、返してよ・・」
藍は泣きそうな声で言った。

「返してって? はははは・・・。これは俺のだってば。まぁ言うこと聞いてくれたら、返してあげてもいいけどねぇ。」
吉田たちは顔を見合わせ、にやりとしながらそう言った。

「ど、どうすれば・・いいの・・・」
藍はすこし下を向き震えていた。

「だっからさぁ、さっき言ったじゃん。まずブラ取ってよ。」
吉田は笑いながら言った。

「ジャージも脱いでね。」
すかさず伊藤が続けた。

「・・・わ、わかった・・・」

藍は躊躇いながら、Tシャツの中に手を潜り込ませ、するするとブラジャーを外した。

「さすが女優さん! 着替えは早いねー。さぁ、お次は下ね。」
吉田たちは囃しながら、着替えている藍を見守った。

藍はジャージに手をかけたが、そのままジッとしてしまった。手がかすかに震えている・・・。

「早くしろよぉ。」
柴田がせかしたが、すぐに吉田が立てた人差し指を口に持ってゆき「しー」というポーズを取った。

「こういうのはさぁ、あっさり脱がれちゃおもしろくねーんだよ。わかってねーなぁ」と柴田をあしらった。

「そっか、そうっすね。さすが、吉田先輩!」
柴田も納得し、静かに藍を見つめた。

藍は今にも泣き出しそうな顔で、「・・いや。できない・・」と懇願した。

「でもさぁ、ブルマーになるだけじゃん。いいっしょ、別に。いつも体育の時なってるんだしさ。」
吉田は追い討ちをかけるように言った。

「脱がなきゃ写真をさぁ・・・」
安っぽい脅し文句を伊藤が言った。

体育の時と同じ・・・確かにそうなのだが、三人のサカリのついた男に見られながらジャージを下ろすということは、まるで裸になるのと同じ感覚だった。
このままグズグズしていても・・・藍は覚悟を決めると、一気にジャージを引き下ろした。その拍子に勢い余って、下に穿いていたブルマーもずり落ちていた。
藍はすぐには気づかなかった。

「おぉぉぉぉ!」
吉田たちは、お決まりの感嘆の声をあげた。

「藍ちゃん!」
吉田が藍に呼びかけると藍は「今度はなにっ?!」と強がった返事をした。

吉田は続けた。
「怖いなぁ、せっかくブルマーずれてるの、教えてあげようとしてるのにさぁ。はははは。」

藍は驚いて下を向くと、かなりずれているブルマーに初めて気が付いた。

「えっ? あっ、きゃあ!」

藍は慌ててブルマーを引っ張りあげた。






※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ    第2章(4)へ