FC2ブログ

今夜のディナーは、どちらで?
















(16)



        篠塚美里の視点


        「おい、篠塚。陸上部顧問の山中先生から聞いたぞ。ここ1週間、練習
        を休んでいるそうじゃないか。どうした? 足でも痛めたか?」

        ホームルームが終わり帰り支度をするわたしに、担任の門川先生が声を
        かけた。
        この人はいつもこんな感じ。
        男子でも女子でも名前を呼び捨てにして、それを当然といった態度で。

        別に生徒と打ち解けての呼び捨てなら構わないとわたしも思う。
        でも、この先生の場合は……

        「はい。ちょっと練習中に右足を捻挫したみたいで……」

        わたしは痛くもない右の踵を、少し浮かせてみせる。

        「おっ、そうか。それは心配だな。なんといっても篠塚は陸上部のエー
        ス。いや、インターハイ上位が確実な将来有望なアスリートだからな」

        わたしのことを大げさに持ち上げながらも、先生の視線はすーっと下へ
        と降りていく。
        身体を前傾姿勢にして覗き上げるように、スカートの下から露出する両
        足を交互に見比べている。
        心配そうな顔を作りながら、でも目だけをいやらしく輝かせて。

        「そろそろ病院へ行く時間なので、失礼します」

        そう、この先生はこういう人。
        だからわたしは、丁重にお辞儀して教室の中でだけ足を引きずって、廊
        下へと飛び出していた。
        そして、グランドでダッシュしている陸上部のみんなを横目で見ながら、
        ここは廊下なのに100メートル全力疾走をしていた。

        スカートが捲れて白いモノが覗いたって平気。
        それで男子が悦んでくれたり、女子が軽蔑したり、全然平気。
        だって美里の身体が、走ることを待ち望んでいるから。
        美里の手足は、陸上することに飢えているから。
        ついでに、もしかしてだけど、美里って見られて感じるプチ露出狂かも
        しれないから。



        「信人さ~ん。お待たせ♪」

        わたしは校門まで駆け続けると、合図を送るように右手を大きく振った。
        肝心の恋人さんは罰が悪そうに、俯き加減で『よぉっ』って感じで小さ
        く右手を上げた。

        美里と違って、彼は純情な人。なのにわたしは……
        ハートがチクリと痛んだ。

        そんなわたし達の横を、下校する同級生や先輩。それに後輩までもが、
        チラ見しては通り過ぎていく。
        こんな良家の子息令嬢学校に、ハレンチな不良生徒が存在したって、そ
        んな視線を送りながら。

        「ホテルへ行くのには、ちょっと早いわね。そうだ、早めのディナーに
        しない? ね、信人さん♪」

        だけど、どんな視線を浴びせられたって、今の美里はへっちゃら。
        『ホテル』って単語だけちょっと勇気を出せば、あとは唇が勝手に……

        わたしは黒川さんの手を無理やり掴むと、手のひらを重ね合わせた。
        指と指を絡み合わせて、恋人つなぎをする。

        「お、おい。いいのか? こんな所で」

        「それって、『ホテル』のこと? それとも、こんな風に手をつないでい
        ること? ふふっ、でもどっちだっていいじゃない。美里と信人さんは
        愛し合っているんだから」

        わたしの声に、何人かの生徒が足を止めた。
        さすがにチラ見どころではない。
        指の背中を口に当てて、オバサマ会話を実践している女子生徒達まで。

        「あ、愛し合っているって……いくらなんでも、まずいだろ」

        俯き加減だった黒川さんの顔が、真っ赤になっている。
        西の空を赤く染めるお日様とそっくり。なのに黒目だけを左右に走らせ
        て。

        今度は、美里のハートが鋭いナイフで抉られる。
        グサリとした痛みに足が止まりそうになって、黒川さんの指に必死でし
        がみついていた。

        「今夜のディナー。どこにしようかしら?」

        わたしは潤んだ目で、彼を見上げた。

        「ど、どこって……その……そうだな。あのレストランは予約しないと
        ……えーっと、確かあそこは……いや、でもな……」

        その瞳を気にした彼が、黒目を斜め上に引き上げる。
        上のマブタに半分姿を隠れさせて、迷宮脱出の呪文を探し求めている。

        「美里ね、今夜は牛丼を食べたい気分なの。黒川さん、どこか庶民染み
        たお店へ連れていってくれないかしら? スキ家とか、ヨシノ家とか、
        マツ家とか、ナカ卵とか、えーっとぉ、トーキョー力なんとかとか……」

        だから迷宮脱出の呪文を教えてあげた。

        「美里ってお嬢様なのに、そういうのに詳しいんだね」

        「そう? このくらいの知識は、持ち合わせているわよ」

        ショートカットの髪なのに、うなじから掻き分けるようにして首を振る。
        鳴らさなくていいのに、鼻をふんってさせて気取ってみせる。

        潤みっぱなしの自分の瞳に嫌気がさして。
        わたしは赤色系の看板を目で追った。
        彼の分厚い手を握り締めたまま、引っ張るように歩いていた。

        本当は、クラブ活動の帰りに牛丼をおやつ代わりになんて話したら、こ
        の人ってどんな顔をするのかな?
        美里は成長期で育ち盛りなんだから、仕方ないでしょってことで、納得
        してくれるかな?
        話してみようかな?
        ふふっ、やっぱりよそうかな?

        現実逃避って、案外楽しいね。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。