FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナタに覗かれながら慰めます その2

















(14)



        岡本典子の視点


        「あんっ、はあっ……や、やだぁ……」

        右手の指先がヌルヌルとした液体を感じた。
        左の手のひらが、硬く尖ったサクランボを意識した。

        感じている? 典子は裸のまま公園でオナニーして、気持ちいいって思
        い始めている?!

        ちゅく、ちょく、ちゅく……じゅちゅ、じゅちゅ、じゅちゅ……

        「はぁ、ああぁぁんんっ……みないで……典子の、くうぅぅん……あさ
        ましい姿を見ちゃ……いやっ!」

        私は自分の指使いを否定するように首を振った。
        背中を背もたれから反らせているのに。
        これ以上は拡げられないほど、股を開いているのに。

        左手の指が乳首を摘まんで弾いている。
        右手の指が、割れ目のヒダを掻きながら、膣口の奥へと指を沈ませよう
        としている。

        「ふふっ、もっといやがると思ったが、案外だったな。オマ○コの外ま
        でびしょ濡れになっているぜ」

        「あふっ、はぅ……いや……言わないでぇ……そんな、ふぅぁぁっっ!」

        早く昇るのよ、典子!
        早く絶頂して、あの人を楽にしてあげないと!

        私は河添のいやらしい言葉まで、オナニーの材料にしていた。
        小陰唇の中で指を引っ掻き回すように回転させて、乳首をちぎれるほど
        引き伸ばしていた。

        「だいぶマン肉もこなれたようだな。だったら、コレを使うんだ。指で
        やるより、もっと天国が味わえるぜ」

        男が典子のオナニーを中断させないように、小声でささやいてきた。
        亀裂を擦り上げていた右手を離させると、その手にずしりと重い道具を
        握らせる。

        「はあぁぁっっ……いやよ、こんなの……怖い……」

        それが何なのか? 典子だって知っている。
        バイブっていう、大人の玩具っだってことも。
        でも、あの人と愛し合うときは、いつも生のオチ○チンだった。
        それで典子は充分に満たされていたの。

        「なにも怖がることはない。さあ、典子のオマ○コに挿入するんだ」

        「ああぁ……は、はい……」

        私は言われるがままに、バイブのグリップを掴むと膣口にそれを押し立
        てる。
        充分に潤っているから大丈夫だよって、自分に言い聞かせて。
        アソコが壊れるなんて有り得ないよねって、念押しして。
        息を吐きながら、青色をした円柱を膣の中に入れていく。
        反発して拒絶しようとする膣のお肉に、押し付けながらグリップを握る
        指に力を込めた。

        ズズッ……ズリュズリュズリュ……ズズズズッッ!

        「んんっ……は、はあぁぁ……太いっ! 太くて硬いのがぁ……膣
        (なか)にぃっ……んあぁぁっっ!」

        でも、膣の壁が押し拡げられて、典子の本音が漏れちゃった。
        そうよ、このバイブって、とっても大きいの。
        生身のオチ○チンと比べ物にならないくらい長くて太いの。

        「ふふふっ、言い忘れていたが、そのバイブのサイズは特大だぜ。赤ん
        坊を産んで、アソコの穴が拡がっちまった女用のな。そんなのが、よく
        入ったな」

        河添が呆れたように笑った。

        「は、はあぁっ……アナタが挿れろって言うから……くうっ……挿れて
        ……あげたのに。それで、どうするの? このスイッチを入れて、オナ
        ニーすれば……いいのね」

        カチッ……!
        ヴィ―ン、ヴィ―ン、ヴィ―ン、ヴィ―ン……

        「んあぁぁっっ……きついっ! バイブにあそこが……くはあぁぁっ
        っ!」

        バイブに膣の壁が抉られちゃう。
        典子の膣に刺さったままクネクネと身体をさせて、デリケートな粘膜が
        引き伸ばされている。

        悔しくてこの男を悦ばせるだけだから、口にはしなかったけれど、アソ
        コが壊れちゃうかも。
        典子って、赤ちゃんを産んだこともないのに、こんな化け物みたいなバ
        イブでオナニーして、アソコが使い物にならなくなるかも。

        だけどね、典子は自分の手で慰めるの。
        ここが公園でも構わない。バイブオナニーをしてあげる。
        そうよ。今の典子は、どんなに恥ずかしいことだって、どんなに怖ろし
        いことだって関係ない。
        だから、アナタ。もう少しの間だけ目を瞑っていてね。

        「あうっ……くうぅっ! はぁ……な、中で……ぐねぐね……して、は
        あぁぁんんっ」

        バイブが身体をくねらせるたびに、典子の膣が悲鳴をあげる。
        限界まで伸びきった粘膜が振動させられて、ヒダの隙間から熱いお汁が
        迸ってくる。

        気持ちいい筈なのに……
        バイブの刺激に上半身まで仰け反らせているのに……
        でも、まだイケないの。
        惨めさとひたひたと迫る恐怖がジャマをして、絶頂の扉が見えているの
        に届かないの。

        カチッ……!
        ヴイィ―ン、ヴイィ―ン、ヴイィ―ン、ヴイィ―ン……!

        「はあんっ、いっ、ひぃっ! んんっ、ひゃあぁぁぁっっっ!」

        闇に響く獣のような声。
        だから私は、今の刺激では飽き足らないように、バイブのスイッチを自
        分から入れ替えた。

        鈍い動きだったバイブが、身体を激しくクネラセながら膣を痺れさせて
        いく。
        気持ちいいのか苦痛なのか、そんなのどうでもいい。
        全然区別の付かない刺激に、あごを突き出して頭が勝手に空を向いた。
        膝のまま腰だけを揺らせて、太腿の裏側の筋肉がピクピク痙攣させる。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。