FC2ブログ

放課後の憂鬱  第2章 写真(1)


  
                                          



【第2章 (1)】



次の朝、藍の学校へ向かう足取りは軽かった。いままでこんな気分で学校へ向かったことがなかったので、ことさら嬉しかった。既に放課後のことで頭が一杯だった。

「よっ、おはよう!」
藍の後ろから声が響いた。吉田だ。

「あっ吉田君、おはよう!」
藍は元気に答えた。

「昨日、休みだったね。本が大体出来たんで家に届けといたけど、読んでくれた?」
吉田は少年らしい無邪気そうな声で藍に尋ねた。

「うん、まだ全部読んでないけど、結構おもしろいね!」
藍も楽しそうな声で答えた。

「じゃ放課後に、部室に来てね!」
「うん。じゃあ、またね。」
「あっ、今日は練習もするから・・・体操服に着替えて来てくれる?」
「うん、わかった。」

藍は嬉しかった。そして、待ち遠しかった放課後はすぐにやってきた。

*---

放課後、藍は吉田に言われた通り体操服に着替え、部室へ向かった。暑かったので上は白の半そでのTシャツ、下はエンジのジャージ姿だ。

「こんにちは。」
藍は部室に入った。

「よう!」吉田が返した。
部室には吉田を含め男子が三人いた。高科はいない。

「あれ、部長は?」
藍がたずねると吉田が「高科先輩、今日は都合が悪いんだって。さちとゆうこは、本の手直しがあるんで家に帰ってやってる。」と説明した。

「ふーん。じゃあ今日はこれで全員かぁ。」
「そうだね。」

人数が少なかったので藍は拍子抜けだったが、「こんな日もあるよ。」と吉田が間髪いれず答えたので、すぐに納得した。

「さぁ、はじめますか」ともう一人の部員、伊藤が切り出すと吉田と柴田も腰をあげた。
「うん、どうするの?」藍が質問すると吉田が答えた。

「今日はまず設定の確認をしよう。今の本に合わせて動きとか、表情の確認をね。じゃあ藍ちゃん、あそこに立ってくれるかな?」
吉田が指を指した方向に、机とライトがあった。

「この辺?」
藍は指示された位置に行った。伊藤が藍の真正面にビデオカメラを設置しはじめた。

「え、もう撮り始めるの?」
藍は驚き尋ねた。

「あぁ、機材のテストもするからさ。テープ入れてないから気にしなくていいよ。」
吉田がそういって藍の方へ近づいてきた。

「伊藤、位置はどうだ?」
吉田が藍の隣に立ち、藍の目線と同じぐらいにかがんでカメラを覗く伊藤に尋ねた。

「OK、OK。ばっちりですよ。」
伊藤が答えた。
吉田の隣にいた藍には見えなかったが、吉田はなにやら伊藤に合図を送ったようだ。

柴田は何気なくドアを閉め、遮光カーテンを閉じた。そして撮影用のライトをつけた。
部室は重苦しい光に覆われ、「取調室」のようになった。

藍は少し不安になってきた。
暗い部屋、三人の男、ビデオカメラ。少女を不安にさせるには十分な設定だ。






※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ    第2章(2)へ