FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時を操れるなら……美里は……

















(8)



        篠塚美里の視点


        「は、はあぁ……美里の中、熱くなってる」

        「んっ……はうぅぅっ……わ、わたしも、信人さんの……熱いです」

        「……美里」

        「信人さん……動いて……んんっ、わ、わたしは平気……ですから……
        セ、セックスして……」

        繋がったまま、黒川さんが目で念押ししてくる。
        わたしはキュッと前歯を噛み締めて、コクンと頷いてみせた。
        そして、再び襲ってくる肉が裂けるような痛み。

        ズズッ、じゅちゅ……ズズッ、じゅちゅ……ズズッ、じゅちゅ……ズズ
        ッ、じゅちゅ……

        「うぅっ……あくっ! はうぅぅっっ……はあぁぁっっ!」

        黒川さんが、腰を前に押し出しては引いてくる。
        そのたびに、硬い肉の棒が粘膜を擦りながら侵入して、その刺激を和ら
        げるように撫でながら去っていく。
        それを何度も何度も、同じ動作で繰り返して……

        わたしは自分の身体に変化を感じた。
        黒川さんもそれに気付いて、遠慮気味だった腰の運動をゆっくりとだけ
        ど加速させている。

        じゅちゅ、ぬちゃっ……じゅちゅ、ぬちゃっ……じゅちゅ、ぬちゃっ……
        じゅちゅ、ぬちゃっ……

        「はうっ、はあぁっ……ああぁぁ、わたし……変……なの」

        いつのまにか、肉を削ぎ落とすような痛みが消えている。
        どこから溢れてくるの?
        エッチなお汁が潤滑油みたいに美里の膣を満たして、肉の棒……ううん、
        黒川さんのオチ○チンくんの挿入を手助けしている。
        それだけではないの。
        この恥ずかしいお汁って、美里をエッチにさせる媚薬なの?
        わたしってバージンを失ったばかりなのに、アソコにオチ○チンくんを
        感じて、気持ち良くなり始めている。

        「はあ、はぁ……美里のオマ○コ、すごくいい感じた。ヒダが絞め上げ
        てくる」

        「あふっ、あぁっ……イヤ、そんな言い方……あっ、はあぁぁ、恥ずか
        しい……」

        黒川さんに禁句の単語をささやかれて、膣がキュンとなるのを感じた。
        それを歓迎するように、美里の媚薬。エッチなお汁が、元気いっぱいの
        オチ○チンくんを包み込んでいく。

        あんなに痛かったのに。
        セックスする前は、怖くてガタガタ震えていたのに。

        そんなのが幻だったみたいに、アソコがいい気持なの。
        美里は感じちゃっているの。

        でも、これでいいの?
        美里はアナタの身体を利用して、黒川さんを利用しようとしているんで
        しょ?
        汚らわしい女。意地汚い女。
        処女膜を提供して、男の人をその気にさせるなんて……

        ほっぺたを真新しい涙が伝った。
        わたしを見つめながら腰を振る黒川さんが、ぼぉっと滲んだ。

        じゅちゅぅ、ぬちゃっ……じゅちゅぅ、ぬちゃっ……じゅちゅぅ、ぬち
        ゃっ……じゅちゅぅ、ぬちゃっ……

        「ひくっ……はあっ……信人さん……美里は……ふぅぅんんっ!」

        わたしはシーツを握り締めていた。
        そうしていないと、どこかへ飛んでいきそうで。

        そんな美里を、可愛いって思ってくれているの?
        黒川さんが優しい笑みを浮かべて、力強く腰を打ってきた。
        もっともっと美里を天国に導こうとして、粘膜の壁をいろんな角度から
        突いてくる。

        男の人のオチ○チンくんって、いじらしいね。
        でもこれって、黒川さんのモノだからだよね。
        一生懸命に初体験の美里を気持ちよくしようとして、頑張っているんだ
        もん。
        美里だって応えてあげないと。

        わたしはアソコの筋肉を意識した。
        でもよくわからなくて、肛門を閉じるような感覚で割れ目のお肉に力を
        込めてみる。

        こんなの恥ずかしいな。
        でも、この人と愛し合っているんだもん。美里だって……

        「んっ……はあぁ……いいよ、美里。すごく絞め付けられる……」

        「んああっ、ひあぁぁっ……わたしも、いいのぉ……きもちいいのぉ……
        はああぁぁっっ」

        子宮まで疼いちゃっている。
        美里って、オナニーしてもこんなに乱れたことないのに。
        指先でアソコをクチュクチュしたって、こんなにはしたないこと、口走
        ったことないのに。

        身体中の神経がマヒしちゃっている。
        それなのに、アソコに出たり入ったりするオチ○チンくんだけを、美里
        の下腹部がリアルに感じて……
        頭の中は黒川さん……ううん、信人さんに占領されて……
        わたしは叫んでいた。「信人さん、美里は……っ」って。
        そして……

        「んあっ! はあっ! 飛んじゃうぅっ! 美里ぉっ……だぁ、だめえ
        ぇぇっっっ!!」

        「ううっ、はぁ……俺もぉ……んんっ!」

        どぴゅぅぅっっ……どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ……どぴゅぴゅぅぅっっ!

        白い絵の具のような液体が、宙を飛んでいる。
        幾筋もの飛沫になって、美里の身体に降りかかってくる。
        髪にも口元にも、おっぱいにもオヘソにも……

        熱い……信人さんのオチ○チンくんのように熱いよ。
        これは精液? 赤ちゃんを作る魔法の液体?

        だったら別に膣(なか)でも……
        美里はそれでも……

        時を操れるなら、それでも構わない。
        そんな夢にわたしは浸っていた。

        だけど、美里が選択した現実は待ってくれない。
        後戻りもさせてくれない。

        わたしは、この人を弄んでいる。
        信人さんの心を惹かせて利用しようとしている。

        だって美里は、今から悪女になるんだから。
     





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。