FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後の憂鬱  第1章 新しい仕事(3)


  
                                          


【第1章 (3)】



「今回はうちの水着などのCMを頼みました。しかし最終決定を出すのは上層部なので、そのためのテスト撮影を行いたいので今日は来てもらいました。まず藍ちゃんにはとなりで着替えてもらって、さっきのスタジオで吉田氏に撮影をしてもらいましょう。」

藍は少し気を落とした。
「やっぱり水着撮影か・・」

多田は続けた。
「では、スタイリストを呼びますので、藍ちゃんは着替えてください。我々は終わるまで外に出ていますかな。」

早速女性のスタイリストが現れ、藍を着替え室に呼んだ。
吉田はカメラの準備にかかり、多田と岸田は部屋から出て行った。

「まずはこれを着ましょうか。」

スタイリストは藍にピンクの水着を手渡すと、そういってカーテンを閉めた。
藍は少しためらったが覚悟を決めて着ている服を脱ぎ始めた。

「もういいですか?」
スタイリストは藍に声をかけたが、藍はまだ着替え終わっていなかったので慌てて「も、もう少し待ってください。」と言った。

「時間がありませんから早くしてくださいね。」と冷たい声でスタイリストは言った。

藍は慌てて着替えると
「あっ、いいです。終わりました。」
「じゃあ、あっちの部屋に行ってください。」
スタイリストはスタジオを指差した。

藍はピンクの水着一枚の姿で、吉田の待つスタジオに入っていった。
着替えのとき慌てていたので気づかなかったが、藍の着たピンクの水着には胸のパットがなかったため、乳首が浮き出てしまっていた。

「あっ!」
藍がその事に気づいた時はもう吉田の前にいた。

藍は吉田に「あのぉ、この水着・・・」と切り出しだが、吉田はお構いなしにカメラを構えた。

「ごめんなさい! この水着じゃちょっと・・」

藍は勇気を出してもう一度言ったが、吉田は冷たく
「時間ないからさぁ、さっさとやろうよ。」
と藍を遮り、撮影を開始した。

藍は胸を隠すようにしてカメラの前に立ったが、「ねぇ、やる気あるのぉ?」と吉田に言われたため仕方なく手を下ろした。
藍は恥ずかしさで一杯だったが、「きっとこんなの見慣れてるんだ、気にしちゃいけないんだ・・」と自分に言い聞かせ、吉田の言うポーズをとった。

吉田は藍の乳首のことなど気にしていない様子で、シャッターを切り続けた。

「じゃ、次の衣装ね。」
と吉田が言うとスタイリストが藍を手招きした。藍はスタイリストに
「この水着って、パットとか入ってないんですか?」
と尋ねると、呆れ顔で
「あぁ、競泳用なのよ、これ。そんな事も知らないでここに来たの?」
と見下すように藍に言った。藍はあきらめてそれ以上要求するのをやめた。






※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ    第1章(4)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。