FC2ブログ

バージンを隠していて、ごめんなさい

















(7)



        篠塚美里の視点


        「あっ……ふうぅぅっっ……お豆……気持ちいい、ひうぅっっ!」

        「おっ、ピンピンに尖ってきた。皮に埋もれていたのに勃起してきたぞ。
        美里のクリトリス」

        「いや、そんな……あんっ、恥ずかしい。はあぁっ、はんっ……」

        親指のお腹にグリグリされて、唇が甘い声を漏らした。
        ソフトな美里とは違う力強い指使いだけど、それでもクリトリスが気持
        ちいいの。

        痛くて痒いのが混ざった電気に、わたしは顔を右に振って左にも振った。
        そのたびに漏れてしまう、エッチな美里の喘ぎ声。

        じゅく、じゅく、じゅく、じゅちゅ、じゅちゅ……

        そして割れ目のお肉からも、美里の唇に負けないくらいエッチな水音を
        響かせている。
        黒川さんの指にクリトリスを弾かれるたびに、膣の壁から熱いお汁が湧
        き出して、左手の指に小陰唇のヒダヒダをクチュクチュされて、とって
        も恥ずかしい。
        耳を塞ぎたくなっちゃう。

        「美里は濡れやすい体質みたいだな。ほら」

        黒川さんがわたしの目の前で、Vサインをしている。
        節が立った力強い2本の指。
        その先を橋渡しするように、何本もの細い糸が妖しく輝いている。

        「やだ……そんなの見せないでよ。……恥ずかしい」

        わたしは恋人のように甘えた声でつぶやいた。
        別に演技しているわけじゃなくて、これが美里の気持ちだから。
        そう、このVサインは黒川さんとのセックスの合図なの。
        美里の身体が、黒川さんのモノを受け入れてもOKってことなの。

        その黒川さんが、バスロープを脱ぎ去った。
        とても慣れた手付きだった。
        今まで何人の女性と寝たのかな? エッチなことをしたのかな?
        まだ若いし、たぶん奥さんとかはいないと思う。
        もし結婚していたら……ごめんなさい!

        黒川さんは、膝立ちのままわたしを見つめている。
        さっきよりも顔を紅潮させて、もちろん素裸のままで。

        わたしは、そんな彼の視線を真っ直ぐに受け止められないでいる。
        黒川さんより顔を火照らせて、初心な女の子を気取って顔を伏せていた。

        違うの! 美里は遊んでいる女の子だから、両足をMの字に開いて、そ
        の隙間から男の人のモノを覗いているの。
        お、オチン○ンでしょ。
        名前くらいちゃんと言えるんだから。
        うん、平均的な大きさね。太さも長さも……
        だから大丈夫。きっと入るよ、美里のアソコ……じゃなかった。オ……
        オ、オマ○コにも。

        心の中で何度もつぶやいた。
        それが怖くなくなる魔法の呪文と信じて。
        そして、割れ鐘のように打ち鳴らす鼓動を胸に響かせて、喉も震わせた。
        「黒川さん、挿れてください」って。

        ちゅく、ちゅく、ちゅく……ちゅぶぅぅっっっ!

        「んんっ……くうぅぅっっ!」

        皮が剥けて平気なの?

        中から顔を覗かせているピンク色の先端を、割れ目のお肉と馴染ませて
        からその先端を沈みこませていく。
        丸く膨らんだ先端が半分くらい小陰唇の中に姿を消して、わたしは腰を
        引いていた。

        まだ痛みはよくわからない。
        でも、美里の女の子の本能が勝手に身体を支配しようとするの。

        「おいおい、処女でもないのに、そんな怯えた顔をするなよ。何度も言
        うが誘ったのは美里、お前の方なんだぞ」

        「あ、あぁ……ごめんなさい」

        黒川さんは、閉じかけた太腿をぐっと押し開くと、体重を乗せるように
        腰を押し出してきた。

        逃げない。今度は絶対に腰を引かないから。

        ズズ……ズズズズ……ズズぅぅっっ!

        「ひぎぃっ! あくぅぅぅっっっ!」

        「お、おい……美里……お前?」

        青筋だった肉の棒が、膣の壁を突き破ろうとして、わたしは叫んでいた。
        過敏になりすぎた神経が鋭い痛みを伝えて、恋人の顔が消失している。
        同時に、目を見開いた黒川さんがわたしを見下ろしている。
        硬い肉の棒を半分だけ割れ目に沈めて。

        「もしかしてと思ったが、やっぱり初めてなのか?」

        わたしは、割れ目の真ん中に突き刺さった肉の棒を、ちらっと見てから
        うなずいた。

        「だったらどうして、あんな態度を……?」

        黒川さんが押し出した腰を引こうとした。

        「ま、待って! 抜かないで! このまま……つ、続けて……ください。
        美里と……んんっ……セックスして……ください」

        「いいのか? このまましても?」

        「はい……お願いします。美里の……バージンをもらって……ください。
        の、信人さん」

        わたしを見つめる黒川さんの目が変わった。
        ホテルに向かう時の眩しそうに美里を見ていた、あの瞳に。
        ううん、ちょっと違う。これって甘い恋人の瞳なの?

        「ゆっくり挿れるからな。痛かったら言ってくれ。すぐに止めるから」

        「ありがとう……信人さん。くうっ! あうっ! んんっ……平気……
        だから……」

        「はぁぁっ……美里……んぐっ」

        ズズズズッ……ズリュッ、ズリュッ……ズズズズゥゥッッッ!

        「ううぅぅっっ……ひぐうぅぅっっ! はぁ、あぁぁっっ……信人……
        さん」

        わたしが叫んで、黒川さんも叫んでいた。
        わたしが彼の名前を呼んで、彼もわたしの名前を呼んでくれた。

        さようなら、美里のバージン。ありがとうね。

        残された膣の隙間を埋めるように、はち切れそうな肉の棒が挿入される。
        もじゃもじゃの陰毛が美里の恥丘にひっついて、処女を失ったことを教
        えてくれる。

        痛い。やっぱり噂どおりに、処女膜を破られるのって痛いんだね。
        でも我慢できる痛さだよ。
        だってその瞬間、美里は恋人にバージンを捧げたから。
        たとえそれが泡沫の恋であっても、美里は……





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。