FC2ブログ

バスタオルを落として、身体を回転させて

















(5)



        篠塚美里の視点


        バスルームを出てからベッドまでの距離が、異様に長く感じた。
        バスタオルを巻き付けているだけで、ブラもパンツも着けていないから、
        身体だって軽くていいはずなのに。

        「お、お待たせしました」

        やだなぁ、声が裏返っているじゃない。
        しっかりしなさいよ、美里。

        わたしは、自分の部屋のベッドより2倍くらい大きい、ダブルベッドの
        横に立っていた。
        両手をピタって太腿の横にひっつけて、学校の朝礼のときのように気を
        付けの姿勢で。
        ……見下ろしていた。
        白いバスロープを羽織って横になる男の人を、情けないくらいに弱々し
        い目線で。

        「どうした? 自分から誘っておきながら緊張しているってこと、ない
        よね?」

        目を閉じたまま話しかけてくる男の人……黒川さんに、わたしは素直に
        頷いていた。
        声に出さないと伝わらないのに、黒川さんが薄眼を開けていることに期
        待して、そのままじっと立ち尽くしていた。

        どうしよう? このままベッドに上がって、彼の隣に寝転べばいいの?
        横になって、お人形のように身を固くしていれば、彼の方がリードして
        抱いてくれるの?

        「美里、身体を見せてくれないかな?」

        「……はっ! ……はい……」

        そんなわたしの迷いを、黒川さんの一言が吹き飛ばしてくれた。
        『美里』って、下の名前を呼び捨てにされて、心臓がドクンって鳴って
        ……
        『身体を見せて』で、その心臓を鷲掴みにされて……

        それでもわたしは頷いていた。
        今度は掠れた声だけど、『はい』って素直に答えていた。

        そして身体に巻き付けたバスタオルを解こうと、おっぱいの左上に右手
        を移動させる。
        きつく挟み込んだバスタオルの端を、引っ張って引き抜いて外していた。

        あとはこの手を放すだけ。そうすればバスタオルが勝手に床に落ちて、
        美里の身体を……

        「まだかな、美里? 早くキミの身体を見せてよ」

        ここまでして躊躇するわたしに、黒川さんがせっついてくる。
        美里と一緒。ちょっと掠れた声で、それにバスロープに覆われた下腹部
        を大きく膨らませたまま。

        ファサッ……!

        「は、ああぁぁ……んんっ……」

        指先からゴワゴワとした生地の感触が消えた。
        同時にそのゴワゴワが、おっぱいを撫でてお腹の皮を擦って、わたしの
        身体を囲む円形のまま床の上に積み重なっている。

        役目を終えた右腕が、胸のふくらみを押さえようと高速で移動する。
        太腿の横に貼りついていたはずの左腕が、真横にスライドするようにし
        て大切な処をカバーしようとした。

        ダメよ、美里! その手を外しなさい!

        キツネのように目を吊り上げたもうひとりの美里が、怖い声で命じた。

        そうよ、今夜のことはアナタの方から誘ったんでしょ?
        さあ、もっとベッドに近付いて挨拶なさい。

        両目を閉じていた黒川さんが、いつのまにかこっちを見上げている。
        わたしは心の声に誘われるままに、足を一歩前へ押し出した。
        そして、相変わらず掠れたままの声で黒川さんに話しかける。

        「……どうでしょうか? み、美里の身体は……気に入って……もらえ
        ましたか?」

        そこまで命じられてもいないのに、恥ずかしい言葉を口にした。
        こんなポーズも命じられていないのに、身体をゆっくりと回転させなが
        ら、美里の背中のラインも発達途上のお尻もお見せした。

        もう一度停止して、ほんのちょっぴりだけど太腿を開いていた。
        そんなことをしたら、美里のアンダーヘアーはとっても薄いから、恥ず
        かしいお肉が覗いちゃうのに、それでもいいの。
        ついでだから、目を細めて鼻をちよっと鳴らして、男が大好きな女の顔
        も。
        まるで熱病に浮かされたように、脳裏に次々と恥ずかしい指令が飛び出
        しても、美里はそれに従っていくの。

        どうして? なぜなの?

        あどけない表情をしたわたしが、涙声で聞いてくる。
        だけど今は答えられない。
        だって、ホントのことを話すと、大人になりきれない未熟な美里だもの。
        きっと、バスタオルをもう一度巻き付けて逃げ出しちゃうよ。
        このホテルから。

        「ふっ、俺もまだまだ……だな。女の品定めも出来ないとは」

        そんな美里を見つめる黒川さんの目が変わった。
        なんとなく眩しそうな視線を送っていたのに、その瞳は失望の色に塗り
        替わっていた。
        それは間違いなくわたしに向けてのもの。

        だけど、それでいいのよ。
        黒川さんは何も気にせずに、美里を抱いてくれたらそれでいいの。
        初対面の男性に平気で身体を差し出す、遊び好きな少女と思われたって
        ……

        「は、早くセックスしてください。身体が……疼くんです」

        はしたない言葉を口にして、わたしはモノ欲しそうに目を更に細めた。
        ついでにチラっとだけど、バスロープを持ち上げているモノに目をやっ
        た。

        美里の心が少しひび割れしたけど、気にしない。
        そのままわたしは、大きなダブルベットに這い上がっていた。
        黒川さんの隣に寝そべっていた。仰向けのまま気を付けの姿勢で。
        まだ誘われてなんかいないのに。

        「ちっ、仕方ないな、抱いてやるとするか」

        「はい……お願いします」

        わたしの態度に、黒川さんの声まで変化した。
        舌打ちして、溜息を吐くような投げやりの声で。

        そしてベッドの上で身体を起こすと、唇を尖らせて顔を寄せてきた。
        美里の身体に覆い被さるようにして、それでも体重が掛らないように配
        慮してくれて。

        そんな仕草がちょっぴり嬉しかった。
        この人の心の奥の優しさに触れた気がして、美里の砕けそうな精神に柔
        らかい勇気をもらえた。

        だからわたしも唇を尖らせていた。
        首の後ろを反らせて、あごを突き出すようにして。

        美里と一緒。小麦色に日焼けした太い眉毛の下の瞳がどんどん近付いて、
        わたしはそっと目を閉じていた。
        その瞬間だけでも、きらびやかなドレスを纏ったお姫様になりきって。
        王子様とのファーストキッスを待ちわびるように……






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。